江戸時代から続く柑橘栽培の秘境から。愛媛のみかん女王が家族に贈りたい「柑橘8種の厳選コース」

YAMAUCHI FARM

あなたが一番好きな柑橘、見つけませんか。

受付終了
産地
愛媛県宇和島市吉田町
募集締切
1210

吉田町だからおいしい。愛媛みかん発祥の地で育つ200年の味。

宇和海に面したみかんの町・宇和島市吉田町に、私たちYAMAUCHI FARMはあります。

今ではみかん王国として名高い愛媛県ですが、県内で初めて栽培が始まったのは吉田町でした。
江戸時代にみかんの原木が持ち込まれて以来、200年以上に渡り、県全域へと栽培が広がっていったのです。

誇るべき200年の伝統に加え、県内でも「吉田町のおいしさは格別」と言われてきました。
今回は、土地が持つ3つの秘密をご紹介します。

おいしい秘密①:年間を通して温暖であり、収穫時期に雨が少ない気候であること

柑橘が育つ適温は年平均15-18℃と高く、温かい気候が必要です。また、梅雨に水分をたっぷり吸い、真夏のカラッとした天気で糖度をぐんぐん上げていき、乾燥した天気のまま収穫の秋を迎えると最高の柑橘に仕上がります。吉田町はまさにそんな気候です。

おいしい秘密②:日当たりと、水はけが良いこと

柑橘栽培には、「3つの太陽」という言葉があります。
・天から降り注ぐ太陽
・海から照り返される太陽
・山肌に積まれた石垣から照り返される太陽

つまり、太陽の光をたっぷり吸うほどおいしさが増していきます。

また、吉田町は海岸沿いに広がる急勾配の山肌に園地が広がっています。これも水はけを良い立地であるため。天から降り注いだ雨は適度な水分を残し海に流れ、柑橘は甘く甘く育ちます。

おいしい秘密③:ミネラルたっぷりの土壌

吉田町には海から吹きこむミネラルたっぷりの潮風が山の土壌を肥やします。栄養たっぷりの土壌が、柑橘の樹を健康に育てます。

以上のように、吉田町はおいしい柑橘を生む条件をすべて満たしている土地です。
しかし、200年の柑橘物語は順風満帆ではありませんでした。

こだわりは、こだわらないこと。新しい風を受け入れる強さ。

吉田町は愛媛県のみかん発祥地と言われていましたが、実はどんなに品種を作ってもヒットせず、大変苦しい時代がありました。

その当時、私は農家になる予定ではありませんでしたが、将来的に子ども中心の生活に変えていきたいと24歳のときに柑橘農家を継ぐ決心をしました。

しばらく経った頃、愛媛県試験場として柑橘研究の第一線を担っている「みかん研究所」よりブラッドオレンジを栽培してみないか、という募集がありました。

温州みかんが主流だった当時、リスクのある新品種は敬遠されていましたが、なんでも受け入れようと、手を挙げたのは私を含めた10人のみ。しかし、この新品種の導入が産地復活の狼煙となりました。

「ブラッドオレンジ」や「せとか」をはじめとする新品種は徐々にメディアに取り上げられ、みんなの小さな挑戦が吉田町の競争力を大きく育て、県内でも有数の柑橘産地となりました。

現在私は24種類の柑橘を栽培していますが、「こだわりがないことがこだわり」を大切にしています。こだわりがあると壁ができてしまい、柔軟でいられない。こだわりがないと、なんでも受け入れられる。その積み重ねが新たな動きを生むチャンスに繋がっていると思います。

お客さんと生産者ではなく、食べる人と家族のような関係を築ける販売をしたい。

苦しい時代を乗り越え、あらためて吉田町の未来を考えた時、やはりみかんの産地として大きくなってほしいという思いがあります。

ただ、田舎で家族経営を続けていると硬直してしまうこともあるため、産地として育つためには、地元の人と地域外の人がうまく交わり、情報や人材の新しい風も吹き込む環境作りが大切だと考えています。

そのために、農作業を手伝ってくれたり、吉田町へ遊びに来てくれる人が宿泊できるよう研修施設を作りました。

一緒に汗をかき、ご飯を食べ、何かある時は「ただいま」と帰ってきてくれる。よく遊びに来てくれる子たちはまるで家族や友達のように仲良くなっています。そんな関係性が気持ちいいなと感じています。

いつしか私の夢は、単なるお客さんと生産者の関係ではなく、人と人の温かい関係を築けるような販売をしていくことになりました。

人と人との温かい関係性ができることで、結果的に地元にある資源を価値として捉えてくれる人や面白い人が集まり、地域の魅力がうまく循環していくことを願っています。

あなたが一番好きな柑橘、見つけませんか。

今回の「柑橘8種の厳選コース」では、私がとっておきの柑橘を厳選し、旬に合わせて最もおいしい時期にお届けさせて頂きます。

みなさんには大好きな品種はありますか。柑橘は、品種によって糖度や酸味、香り、果汁の量が全く異なり、どれも違う魅力を放ちます。私はその一つ一つのおいしさをみなさんにお伝えしたいのです。

登場するのは、新品種・人気急上昇中の高級柑橘「紅まどんな・甘平・せとか」や、私が心から惚れ込んだ「南柑20号」を皆様に。

そして、自信を持ってお届けする希少な「ブラッドオレンジ」においては、濃厚なワインレッドに輝く「モロ種」と、ブラッドオレンジの中で最も甘みが強い「タロッコ種」をお届けします。

簡単には手に入らない柑橘を心を込めて直送し、プランが終わる頃には一番好きな柑橘がきっと見つかっていることでしょう。

YAMAUCHI FARMの「柑橘8種の厳選コース」オーナープラン

\大好きな柑橘が見つかる!産地とつながる「柑橘8種の厳選コース」/

===プラン内容===

▼提供商品(最低保証量)

・12月:紅まどんな&南柑20号
・2月:甘平&ぽんかん
・3月:ブラッドオレンジ(モロ種)&しらぬい
・4月:ブラッドオレンジ(タロッコ種)&せとか

※各回3KGをお届けします(1箱当たり10-14個前後、1-2名様食べきりパック)。ご家族が多い方やおすそ分けされる方は、2口お申し込みください。

▼登録特典
・柑橘家族になる援農参加権(愛媛県宇和島市)
※移動費など実費となります。ご希望者は備考欄にてお伝えください。

▼お届け時期(期間中4回)
12月15日〜4月30日着にて順次発送

※到着時にベストな状態を見込んで収穫し、発送いたします
※発送前にコミュニケーションページにてご案内します
※年末年始12月29日〜1月3日を除きます。

▼募集定員
100人

▼募集期間
2017年11月17日〜12月10日

▼契約期間
登録後から、最終商品お届けの翌月末まで

▼登録金額
14400円(3600円×4回・消費税・送料込み)

※北海道・沖縄県へのお届けは別途500円の送料がかかります。注文者の方には後日ご連絡させて頂きます。

柑橘を、はじめよう。

柑橘栽培は子育てと似ています。それはちゃんと手をかければ、おいしくなること。
わが子のように育てた柑橘を、心を込めてお届けします。

オーナー登録費

(消費税・送料込)

¥14,400

▼提供商品(最低保証量)

・12月:紅まどんな&南柑20号
・2月:甘平&ぽんかん
・3月:ブラッドオレンジ(モロ種)&しらぬい
・4月:ブラッドオレンジ(タロッコ種)&せとか

※各回3KGをお届けします(1箱当たり10-14個前後、1-2名様食べきりパック)。

ご家族が多い方やおすそ分けされる方は、2口お申し込みください。

▼登録特典
・柑橘家族になれる援農参加権(愛媛県宇和島市)

※移動費など実費となります。ご希望者は備考欄にてお伝えください。

▼お届け時期(期間中4回)
12月15日〜4月30日着にて順次発送

※到着時にベストな状態を見込んで収穫し、発送いたします。
※発送前にコミュニケーションページにてご案内します。

▼募集定員
100人

▼募集期間
2017年11月20日〜12月10日

▼契約期間
登録後から、最終商品お届けの翌月末まで

▼登録金額
14400円(3600円×4回・消費税・送料込み)

プランスケジュール

▼お届け時期(期間中4回)

12月15日〜4月30日着にて順次
発送

※到着時にベストな状態を見込
んで収穫し、発送いたします。
※発送前にコミュニケーション
ページにてご案内します。
※年末年始12月29日〜1月3日を
除きます。

特定商取引に関する表記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加