【満員御礼】お試しプラン:戦国武将ゆかりの桃源郷、桃づくりの本場で育ったプレミアム白桃

Short Legs

チーム一丸!南アルプスから極上の桃をお届けします!

受付終了
産地
山梨県南アルプス市
募集締切
724

雄大な自然と絶好の自然環境を持つ一級産地、南アルプス市

山梨県南アルプス市は、県西側、南アルプス山麓に位置し、冬は寒さが厳しく、夏は気温が高いという盆地特有の内陸性気候を持つ地域。

江戸時代中期、武田信玄の領地であった同市には、関連する史跡も多く残ります。富士川で舟運が行われていた時代には、信州に至る交通の要衝として栄え、広い敷地に屋根塀をめぐらせた屋敷は、当時の上層農家の生活を物語っています。

何と言っても、山梨県そして南アルプスは、全国でも有数の「果樹大国」。昼夜の寒暖差と日照時間は、他県にはない特徴であり、高品質・高糖度の桃の育成適しています。 盆地・扇状地という降雨が少ない適度な水はけの良さもあって、糖度と渋みのバランスが絶妙な果物が育っています。

武将の歴史がある、雄大な自然と絶好の気候がある、それこそが南アルプス市です。

伝える農業で山梨の桃を全国に。若手桃農家が集まった「ショートレッグス - Short Legs - 」

そんな桃作りには恵まれている環境にある山梨で桃を中心に果樹栽培を行うのが、私たち「ショートレッグス - Short Legs - 」です。

今回、OWNERSプランの代表を努めます、南アルプス市の桃農家、長谷部 野歩 です。

僕達、ショートレッグスは、南アルプスと山梨市の若手桃農家が一つとなり、地域を越えてオール山梨で農業の楽しさ、美味しさ山梨の魅力を伝えていこうと立ち上がった団体です。

「人は石垣、人は城」

山梨ゆかりの武将、武田信玄の言葉にもあるように、足が短く、馬力があって小回りが効く。この日本人の特徴を基本的な考え方として、こだわりの桃づくりはもちろん、自社ブランドとしての販売、食育活動など、単に作るだけに留まらない活動を積極的に行っています。

ご存知の通り、山梨は日本でも有数の果樹大国。しかし、一般流通に僕達農家の声は消えてしまいます。また本当に美味しい味、つくり手による違いも感じていただけることはまだまだ少ないと感じています。だからこそ、一級産地であることに甘んじてはならないと考えています。

どうせやるなら本気伝える、小さなところかでも、名前の通りどっしりと構えながらも、小回りを効かせてかかんにチャレンジをしていく。これが僕達、山梨の若手農家に課せられた使命であるとも思います。

すべては美味しい桃づくりのために、僕達が桃作りでこだわる3つのこと

良い桃を作るために3つのことにこだわります。

一つ目が「タイミング」。

農家というのは日々、天気向き合っています。毎日・毎年同じ気温や天気で作っていけることなく、その日一日の違いが果樹と果実の成育と大きく関わってきます。

どの作業をどのタイミングでやっていくか。そのタイミングを感じる勘や判断が重要なのです。

同じ山梨県・同じ地域・同じ品種でも味の違いや大きさなどの品質の差があるのは、このタイミングの見極める目といかに作業の効率化が出来ているかが肝なのです。

2つ目は、できるだけ多くの数畑に向かうことです。これを農家間では「日銭を稼ぐ」とよく言われます。日々の仕事の数=畑に足を運ぶ数です。

足を運ぶ回数は、果樹と果実を見る回数にも繋がり、その際に畑全体がどの様な状態かが畑に行くと感じられます。

一つの考え方ですが、私たちはあくまで補助なのです。 桃を作るのはあくまで桃の樹であり、ヒトが生み出せるものではないと考えています。

作り出される桃を如何に高品質に変えられるかが仕事。果樹の1本1本の樹形と樹勢の見極める目を高め、そこに補助を加えることで高品質な桃を作っていくという考えが根底にあるのです。

まさに自然を生かし、生かされているといっても過言ではありません。

そして最後の3つ目は、「子供にも安心して食べさせられる桃」であることです。山梨県認定のエコファーマーとして、できる限りの減農薬を目指し、勉強と工夫をしています。

人間も木も同じで、薬に頼りすぎると弱くなってしまいます。自分の力で多少の事なら治せる体づくりが大切。農薬に頼らず木に自然の力を出させることで、桃本来のおいしさを追求しています。

「タイミング」
「日銭を稼ぐ=足を運ぶ」
「エコファーマー=減農薬」

これらが私たちのこだわりであり、私たちの考えの基です。

桃づくりの本場 南アルプス市で育った最高級『プレミアム白桃』

今回はシーズン真っ最中のタイミングですが、来年の本プランに向けた【お試しプラン】を実施します!

山梨らしい「アルプス美人」と栽培が難しく生産者が少ない「浅間白桃」の2種類を食べ比べできるMIXセットでお届けします。

戦国武将・武田信玄にもゆかりのあるこの地から、今の時代にいきる果樹産地としての魅力と、大きさとろける甘さが絶品の本物の桃。

日本有数のフルーツ大国が持つ、気候、土壌、そして代々受け継がれてきた生産者の技術。この3つが重なった本場の味はどこにも勝るでしょう。

お届けする品種のご紹介は以下の2品種!

一つ目が「浅間白桃」。高陽白桃という品種の枝変わりとして山梨県で誕生し、1974年(昭和49年)に登録された品種です。果肉が緻密でやわらかく、果汁も豊富でジューシー&甘いのが特徴の桃です。

サイズは300g前後と比較的大玉で、大きいものは400g以上にもなります。シーズンは7月下旬~8月上旬頃。

2つ目が「アルプス美人」

僕達の地元、南アルプス市特産の品種です。浅間白桃に比べ、果肉が少し固めで抜群の甘さを誇ります。山梨ならではの固い桃を好まれる方は、病みつきになるほどの美味しさをお楽しみいただけると思います。

こちらも300g前後と大玉傾向の品種で、大きいものは400g以上にも。シーズンは浅間白桃と同じく、7月下旬~8月上旬頃です。

この2つの収穫時期が重なるタイミングを見計らって、品種混合で1kg (3玉~4玉)セットにしてお届けします。

※品種の割合はこちらで決めさせていただきます
※見分け易いように、桃のカバーキャップの色分けして梱包します

ここで皆さんに質問です!山梨では収穫したての固い桃を食べるのが一般的というのをご存知でしたか?

県外の方には驚かれることも多いのですが、実はスーパーで売っている柔らかい桃は早採りを行い、収穫後流通の間に数日経過しているので、追熟がどんどん進んだ桃になっているのです。

食べごろは既に向えていて、あれだけ柔らかくなっています。私たちのような本場の産地では、追熟を待たず、適熟で収穫して、パリッパリッと固い状態食べるのが好まれます。もちろん、甘さもバッチリ。しっかり食べる桃、という感じでしょうか。

皆さんの好みはどちらですか?

今回のプランでは、皆さんに日々変わる桃の味を楽しんで頂きたいので、生産者直ならではの適熟収穫を行い、お届け時は若干の硬めで、1日〜2日で完熟するタイミングを見計らってお送りします。

初めての固い桃への挑戦もよし、好みの味で食べ比べするのもよし、桃の世界を贅沢に味わって下さい。

ショートレッグスの「桃」オーナー(お試し)プラン

\約2週間だけの限定募集!/

期間限定の【お試しプラン】僕達の桃の味を試してみてください。今回申込みいただいた方で、来季プランも登録された方には何か特典があるかも!?全ては今回の反応次第、どうぞよろしくお願いします。

=== プラン内容 ===

▼提供商品(最低保証量)

プレミアム白桃【お試しセット】
1kg(大きさにより3玉〜4玉)

※浅間白桃、アルプス美人の混合でお届けします
※各品種ごとにカバーキャップを色分けします
※品種の割合はお任せとさせていただきます

▼お届時期(期間中1回)

7月25日〜8月2日の間に登録順で発送

※到着時にベストな状態を見込んで収穫して、発送をいたします

※期間中、お届け時間帯のみ指定可能です。お申し込み時の「備考欄」へご記載ください

▼募集定員
100人

▼募集期間: 
2017年7月14日〜2017年7月24日

▼契約期間:
登録後から、最終商品お届けの翌月末まで

▼登録金額:
2,800円(消費税・送料1回込)

========

フルーツの本場、山梨から僕たちが想いを込めて皆さまに

日本有数の山梨の果樹生産者として、自信と誇りをもって、感動の桃を皆さまへお届けします。

オーナー登録費

(消費税・送料込)

¥2,800

▼提供商品(最低保証量)

プレミアム白桃【お試しセット】
1kg(大きさにより3玉〜4玉)

※浅間白桃、アルプス美人の混合でお届けします
※各品種ごとにカバーキャップを色分けします
※品種の割合はお任せとさせていただきます

▼お届時期(期間中1回)

7月25日〜8月2日の間に登録順で発送

※期間中、お届け時間帯のみ指定可能です。お申し込み時の「備考欄」へご記載ください

▼募集定員
100人

▼募集期間: 
2017年7月14日〜2017年7月24日

▼契約期間:
登録後から、最終商品お届けの翌月末まで

▼登録金額:
2,800円(消費税・送料1回込)

プランスケジュール

▼お届時期(期間中1回)

7月25日〜8月2日の間に登録順
で発送

※到着時にベストな状態を見込
んで収穫して、発送をいたしま


※期間中、お届け時間帯のみ指
定可能です。お申し込み時の
「備考欄」へご記載ください

コミュニケーションページ

2017/08/25
お試しプラン御礼

特定商取引に関する表記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加