北信州から秋を彩る感動の大玉・完熟すもも。その名はプリンセス「秋姫」

浅沼果樹園

北信州から私たちの果物をおすそ分け!

受付中
産地
長野県中野市
募集締切
731
お申し込み

童謡「故郷」のふるさと、人の暮らしと自然が共存する信州・中野

童謡「故郷」のふるさと。長野県の東北部に位置し、遠方に連なる北信五岳や高社山の美しい山裾、日本一の大河千曲川(信濃川)などが望める緑豊かなまち、長野県中野市。

♬「しゃぼん玉、背くらべ、肩たたき・・・」
♬「故郷(ふるさと)、朧月夜、紅葉・・・」

誰もが懐かしむあの歌やメロディーを生み出した作曲家の出身地としても知られています。

気温は年間差が大きく、夏季は30℃以上、冬季は-10℃以下となる内陸性気候。リンゴなどの果樹や野菜はもちろん、キノコ栽培の先進地としても知られるなど、季節ごとに表情を変える美しい自然が人の暮らしと重なりあう、人と自然が豊かに共存する町です。

仕事も趣味も、全て自然に寄り添う農業スタイル「浅沼果樹園」

皆さまはじめまして、浅沼果樹園の園主 浅沼一明です。
生まれも育ちもここ信州・中野で育ち、趣味のアウトドアスポーツがきっかけで出会った妻と二人三脚、果樹農家を営んでいます。

農業は父親の背中を見て幼少の頃から身近に感じ育ってきました。当たり前のように見てきただけに、当初は違う世界を見たい、と農業を継ぐことは考えていませんでした。
しかしある時から、農家のせがれとして、一消費者として日々ある想いが募ってきました。

「もっと自然に寄り添って作ればいいのに」

自然に反して、季節外れに「旬」を強制的に作ることで早く生産・収穫・出荷すること。そうした農業を見たり知ったりする中で、自分の中で違和感を覚えるようになりました。季節をずらした農産物は、手間がかかるので価格も高くなり、美味しくもない。

地球にも家庭にも良くないことに納得ができず、自分だったらどうするだろう?と考えはじめたことが私たちの全ての原点です。

“旬の食べ物と人の身体が欲しがる物はリンクしてる”
私たちは、強くそう思っています。

夫婦の趣味であるアウトドアスポーツ。夏はカヌーに冬はスノーボードをこよなく愛しています。信州にはこれらを楽しむための最高の環境があります。もちろんキャンプなんかもどこでもやってしまいますよ。

仕事も趣味も、自然の魅力をとことん知っているからこそ、お客様が召し上がる食べ物もそうあってほしい。父から代を継いでからは、一層環境にも配慮した果樹作り、本当に美味しいと思える一番の旬の味を、皆さまにお届けするよう心がけています。

農家にはそれぞれ考えがありますが、私はバランスの良い肥料こそが良い果実を作ると考えています。定期的な土壌診断を実施し必要なミネラルを施し、余分な肥料は川や海を汚す原因にもなるので施すことはありません。



土や土中の微生物の力をつけるために良いのはやはり有機質肥料。動物性有機質の他、植物性の有機質として田んぼで出た稲ワラや剪定ででた枝をチップにしたり、近所のキノコ栽培者からのキノコ廃培地を熟成させたものをもらったりと、畑で出たものを畑にもどす循環型の農業を心がけています。

美味しい果物を作るのは天と地の力。
僕らの出来る事は微々たるものですが、地球にも人にもやさしい農業を営んでいきたいと考えています。

自然と寄り添い、旬を届けたい。この想いで浅沼果樹園は今日も園地で奮闘中です!

秋に贈る信州育ちの大玉・完熟すもも その名はプリンセス「秋姫」

浅沼果樹園が自信を持ってお届けするのが、この「秋姫」。キレのある爽快な旨みに、濃厚で爽快な旨みがはじける秋に収穫される希少なすもも。まさにプリンセスという名にふさわしい品種です。

その名の通り気品感じる絶妙な甘みで、一口かじるとジューシーな味わいが口の中を駆け巡ります。秋だけにやってくる旬の味はすももの概念を覆します。

私が農業を始めた年に木を植え栽培を始めました。まさに農家人生を共に歩む家族であり、当園の宝物です。

すももは大きく分けて中国原産の「日本すもも(プラム)」と、ヨーロッパコーカサス原産の「西洋すもも(プルーン)」の2つに分類され、それぞれ色や味わいが違います。すももは英語で「プラム」、フランス語で「プルーン」です。

皆さんご存知でしたか?

赤、オレンジ、黄色へのグラデーションが鮮やかでサイズもすももの中でも大きいです。一般的なすももは、初夏から夏にかけてピークを迎えますが、「秋姫」は涼しくなってきた9月頃に収穫を向えます。

夏の間、太陽を存分に浴びて栄養を溜め込んだ秋姫は、他のすももに比べて一段に甘い、ジューシー。とにかく味がとっても濃厚!この秋姫、まだまだ生産者が少なくスーパーなど店頭では中々手に入らない希少品種です。

販売シーズンもとても短く2-3週間程しかありません。だからこそお届けもシーズンに1回だけ。お姫様らしくもったいぶりますよね♪

こちらの写真はまだつぼみの時の様子。その後実がついて完熟するころには表面に白い粉のようなものが付着します。

この白い粉の正体は「ブルーム」といって果実に含まれる脂質から作られた蠟(ろう)が表面に出てきたものです。果実が熟していくにつれ、鮮度を保つために、果実自身が作り出したもので、新鮮さの目安ともいわれています。

このブルームは雨や病気からも自らの力で守ったりする作用があります。自然の力って改めてすごいですよね。もちろん味には影響ありませんから、そのままお召し上がりいただけます。

秋姫は収穫前に落果してしまうなどロスが多いためほとんどは早採りをされる方が多いですが、浅沼果樹園では完熟したものだけを収穫しています。「つる抜け」が完熟の証。OWNERSのプランでは、樹上完熟させた最高のタイミングでオーナーの皆さまにお届けします。

また、秋姫は非常に日持ちが良いです。お届け時は、既に完熟した形で発送しますが、さらに日を置いていただくとジュクジュクとしてまるでジュースのような味わいに。これが好きであえて最後まで追熟させる方も多いのです。

ぜひお好みでお召し上がりくださいね♪

浅沼果樹園の「すもも(秋姫)」オーナープラン

秋姫は収穫期間が一週間程度ととても短く、年に1度しかお届けすることができません。その為、私たちのプランでは1回限りのお届け型のプラン。

その分、誰にでも手の届きやすい形となっていますので、家族でもお一人さまでもお気軽にお申込みいただけると嬉しいです。

=== プラン内容 ===

▼提供商品(最低保証量)
すもも 秋姫 2kg (10~12個入り)

※2口で同住所のお申込みの方には、おまけで巨峰をお付けします。

▼お届け時期
2017年9月上旬〜下旬にお届け
※収穫のタイミングにより時期が変更する場合があります

▼登録特典
収穫体験(ご希望の方は個別でご相談ください)

▼契約期間
登録後から、商品のお届け月まで

▼募集定員
100人

▼募集期間:
2017年5月1日〜2017年8月15日

▼登録金額:
3,500円(消費税・送料1回分込)

==========

ご登録いただいたお客様が、私たちの果実で笑顔になっていただけるよう心込めて栽培します。

またオーナー制度ですから体験も。遥々きていただけたオーナー様には収穫体験も受付ますので、ぜひご連絡くださいね。収穫体験はもちろん、園地でヨガをしたり存分に、自然を満喫してください♪

こちらはぶどうですが、袋掛け作業は子どもたちにとっても楽しい作業のようでした。袋にはお絵かきしたり、プレゼントする人の名前を書いたり。こうした姿は私たちの励みにもなります。

信州の果物体験がここから始まります。ようこそ浅沼果樹園へ

この土地の空気、そこから生まれる食材はきっと都会で住む皆さまを癒やしてくれるはず。自然の魅力が詰まった美味しいすももを、ご自宅でも楽しみませんか?

皆さまのご登録、心よりお待ちしています。

オーナー登録費

(消費税・送料込)

¥3,500

=== プラン内容 ===

▼提供商品(最低保証量)
すもも 秋姫 2kg (10~12個入り)

※2口で同住所のお申込みの方には、おまけで巨峰をお付けします。

▼お届け時期
2017年9月上旬〜下旬にお届け

※収穫のタイミングにより時期が変更する場合がございます

▼登録特典
収穫体験(ご希望の方は個別でご相談ください)

▼契約期間
登録後から、商品のお届け月まで

▼募集定員
100人

▼募集期間:
2017年5月1日〜2017年8月15日

▼登録金額:
3,500円(消費税・送料1回分込)

==========

プランスケジュール

▼お届け時期
2017年9月上旬〜下旬にお届け

※収穫のタイミングにより時期
が変更する場合がございます

コミュニケーションページ

2017/06/20
ぶどうの房切り作業に思う事
2017/06/02
今年のすももは、

特定商取引に関する表記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加