信州中野で生まれる渾身の五割麹 “新生” 井賀屋酒造場が未来へ醸す「岩清水」

井賀屋酒造場

信州中野から。日本酒の新しい世界に触れてみませんか?

受付中
産地
長野県中野市
募集締切
630
お申し込み

童謡「故郷」のふるさと。人の暮らしと自然が共存する信州・中野

長野県の東北部に位置し、遠方に連なる北信五岳や高社山の美しい山裾、日本一の大河千曲川(信濃川)の流れが作りだす風景などが望める緑豊かなまち、長野県中野市。

♬「しゃぼん玉、背くらべ、肩たたき・・・」
♬「故郷(ふるさと)、朧月夜、紅葉・・・」

誰もが懐かしむあの歌やメロディーを生み出した作曲家など、文学者の出身地であり、ゆかりの場所は、この土地の魅力を表しています。

気温は年間差が大きく、夏季は30℃以上、冬季は-10℃以下となる内陸性気候。リンゴなどの果樹や野菜はもちろん、キノコ栽培の先進地としても知られるなど、食文化豊かな土地です。

山あり、川あり、土がある。季節ごとに表情を変える美しい自然が人の暮らしと重なりあう、魅力ある町です。

私が人生をかけると決めた“日本酒を伝えていくということ”

初めまして、北信州、長野県中野市の酒蔵「井賀屋酒造場」の女将を努めます、小古井えりと申します。蔵元で杜氏である主人、小古井宗一と共に、この中野市で酒蔵を営んでいます。

私がこの蔵に嫁いだのは、つい昨年のこと。独身時代、東京・神田で日本酒をメインに扱う料理店の店長をしていたことがきっかけとなり、今私はここにいます。

店長時代、お客様に本当におすすめできる日本酒を、その裏にあるストーリーと合わせて楽しんでいただきたい。そんな想いで、全国の200を超える酒蔵を訪ね歩き、直接顔を知る酒蔵さんのお酒を、日々お店でご紹介して参りました。

お客様は1日1回転、たった10名ほどしか入れません。そこでお出しするお酒は1日1蔵。出会った日本酒をそのお酒に合うお料理とともにご提案する。お店自体は、古い建物で看板もない小さなお店ではありましたが、お客様に少しずつ口コミで広げていただき、気づけば数ヶ月先まで予約が取れないお店となっていました。

そんな折、とある日本酒イベントで出会ったのが、今の主人が造る井賀屋酒造場の「岩清水」です。これまで大小沢山の酒蔵さんと日本酒を見てきましたが、この岩清水を初めて飲んだ時の衝撃が今でも忘れられません。

まさに、私がそれまで培ってきた日本酒への考え方、理想の味が凝縮されていたのです。そして、造り手である主人の真っ直ぐで、妥協をゆるさない日本酒造りへの姿勢に心から共感しました。

それから何度も蔵へ出向くようになり、お酒の話、人生の話などその度にしてきました。一言では語り尽くせないですが、こうした時間を経て、共に人生のパートナーとして歩んでいくことに。

私たちが造る日本酒で、日本酒の世界の深さを知って欲しい。その想いでこれまでの伝えるだけの立場から、造る側にも立ち、人生をかけて誇れる日本酒を造り、伝えていくことを決意しました。

信州の土地に根ざして150年以上。温故創心で醸造する井賀屋酒造場

井賀屋酒造場の歴史は長く、現存している史跡によると嘉永6年(1853年)には酒造りが始まり、現在で6代目(平成15年〜現在)。明治3年に「中野騒動」と言われる大規模な百姓一揆が起き、その際に天領地に建っていた蔵は焼けてしまい、古い資料の多くは焼失してしまいました。

蔵に残る石の灯篭には文政12年(1825年)と刻まれている事から、酒造業が行われていたことは定かでないとしても、井賀屋という店はかなり古くから続いていたと思われます。

3年前、私が出会った頃の井賀屋酒造場はというと主人は経営と杜氏を一人でこなし、あとは家族が手伝う程度。当然扱える量も少なく100石、年間10,000本程度の出荷量。以前は、季節雇用で飯山杜氏がこの蔵の酒を造っておりましたが、平成17酒造年度から、主人自ら酒造りをすることになります。

大切にしている考えは「温故創新」。

「故(フル)き」を温(タズ)ねて新しきを創る」ということ。先人が残してきた技術や考え、自身の経験を大切にしながらも、これまでにない新たな価値を創造していくという考えです。

そうした考えのもと、手間をかけることを惜しまず、全てのお酒を小さな仕込みで、一つ一つ丁寧に行う。それが私たちのやり方です。

刻まれる酒蔵の新たな1ページ。通が唸る、至高の味わいを目指して

主人が代を継いだ平成15年頃、自分が本当に造りたい日本酒、時代に残る日本酒とは何かを考え、これからの井賀屋酒造場の基盤を構築していくために、全国にある有名酒蔵での修行や、醸造の研究を一から行いました。

昔ながらの良きものは残しながらも、これまでの酒造りを見直してきました。リスクを負ってでも必要な設備投資を行い、納得の行く酒造りの体制を整えました。

この作業は、既存の常識を疑いながらも、守り、そして破る。この連続だったと言えます。もちろん今も毎日この姿勢は変わりません。

そして、私自身も酒造りに関わり、この井賀屋酒造場を皆さまに伝えていきます。少しずつですが、すでにこれまで出会っていなかったようなお客様や、新しいお取引もできつつあります。

新しい酒造りも、それらを伝えていくことも、これまでにはできなかった新しいチャレンジ。まさに、新生・井賀屋酒造場の始まりです。

最大の特徴は”酸”がある日本酒。最高峰のペアリングを生み出す酒造り

井賀屋酒造場のお酒は、以前は飲みやすいすっきりしたタイプや、辛い酒が中心。しかし、主人が蔵の代を継ぐ頃、この地の食の嗜好が変化している事に気づきました。

それは偶然にも中野市内にオープンした信州牛を提供するすき焼き料理店との出会い。実際に、そのお店に足を運び信州牛を食べたとき、美味しさにとても感動。その店が若い世代の人々で大繁盛していることに、様々なことを感じとったと言います。

「食の変化と共に、日本酒も変化しなくては」

そう考えた主人が、肉料理など強い食材にも寄り添うことができ、なおかつ繊細さがある、井賀屋酒造場ならではの日本酒造りに力を入れ始めました。

「肉を食べる時に米の味が出てきて、まるでご飯を食べているような感覚になる、新しい酒を造る」

そんな肉料理に合う日本酒を造るにはしっかりした”酸”が必要。この酸を基調にした酒を井賀屋酒造場の看板酒にしていくことを決意しました。

ここで質問です。皆さん「酸」と聞くとどんなイメージを持たれますか?普通は「酸がある=すっぱい」とイメージしてしまいますが、日本酒では酸度が高いほど味が引き締まり、より後味のキレが良くなると言われています。

それが日本酒の製造過程で酵母や麹、米から発生する乳酸・コハク酸・クエン酸・リンゴ酸。日本酒の世界では、これらを「酸」と呼んでいます。

非常識が革新に。”五割麹”で醸し出す日本酒の新たな価値観

そうして、試行錯誤の末に誕生したのが【岩清水 五割麹】です。

原料米は、地元信州産の酒造好適米のみを使用。品種は、ひとごこち、美山錦。減農薬栽培を行う、こだわりの生産者さんから直接仕入れます。

洗米時も10kg単位で手計量を行い、雑味が出ないように、丁寧に洗米。良質な水と太陽、適度な風、清浄な空気に育まれた信州の酒米で造るお酒は格別といっていいでしょう。

そして、最大の特徴は何と言っても、日本酒を仕込む際に用いる麹米の比率を通常より多く仕込むこと。一般的には2割程度の麹を、私たちは5割まで入れます。

麹を5割も使用することで、酵母がしっかり発酵をして、同時に酸も多く生成されます。一口飲むと芯とコクがありながら酸の旨味がある甘さを作り、後味はしつこくなく爽やかなキレを感じていただける味わいが生まれます。

当然、麹を増やすだけでは良いお酒は生まれません。麹を増やすことは多くのリスクとの戦いになります。そのため大切なのが、水分・温度・酸素コントロール。主人が失敗と調整を繰り返し、研究してきた技術が、ここに生きてくるのです。また麹室での発酵時間も通常48時間のところ、60時間は発酵させています。

麹を増やすことでかかる手間を、杜氏の技術で確かな味に変える。これが井賀屋酒造場のこだわりと想いです。食通、酒通の方々に是非おすすめしたい、井賀屋酒造場が醸造する、渾身の1本となりました。

井賀屋酒造場には、製造工程以外にも、特徴的なこだわりがあります。

それは、「マイナス5度以下で保管できる酒屋さんに、お酒をお売り頂いている」ということ。

日本酒は保存の仕方で、良くも悪くも本当に味わいが変わってしまいます。日本酒独特の、酒ぐさい匂いの原因は、ほとんどその品質管理にあります。

何よりも、酒蔵で搾る味をそのままに飲んでいただきたいという想いから、この「品質管理をしっかり行って頂ける酒屋さんにお売り頂く」という方針を貫いています。

こうすることで、生酒でも本来の美味しさが保たれ、時間が経つほどにより美味しくなっていきます。この違いもぜひ知っていただきたいです。

非常識と言われることもあるかもしれない。
時流ではないかもしれない。

それでも私たちが造る日本酒は、その可能性を広げ、至福の時をもたらすものになると信じています。

“自然に寄り添う酒造りを” 根幹にあるこの想いを大切に、これまでの伝統も守りながら、新しい未来も、お客様とともに造りたい。そう考えています。

リンゴ酸を生み出す酵母で造る、信州らしさが詰まったもう一つのお酒

また、リンゴ酸を生み出す酵母を使用し、麹率を2割と5割で醸している新銘柄で「NIWARINGO」と「GOWARINGO」というお酒があります。

これは主人がフランス料理を食べた時の気づきから生まれたお酒です。お店で試した貴腐ワインとフォアグラのペアリングがとても相性がよかったので、ソムリエさんに聞いたところ、貴腐ワインに含まれる〈リンゴ酸〉がその理由だったそうです。

これを日本酒でもできないか、そう考えて生まれたお酒が、井賀屋酒造場のRINGOシリーズ。使用麹の割合は仕込総米の2割と5割の2種類。リンゴに含まれる酸味(リンゴ酸)を多く生み出す酵母を使用しています。

甘酸っぱくも優しい香り、熟した果実の様な旨みが広がります。後味がきれいで、女性でも飲みやすい日本酒となりました。フレンチやイタリアンにもってこいの日本酒です。

スペック・工程・貯蔵年の違いから、袋吊りで搾った特別オリジナル酒も提供

今回、OWNERSのプランに参加した理由。

それは、新生・井賀屋酒造場とお客様の深い関係を築きたいと思ったからです。単にお客様と「買う」「飲む」だけではない関係をつくりたいと思っています。だからこそ、届けるお酒は特別なものを。

主力の五割麹のお酒から、OWNERS限定のお酒まで。日本酒の奥深さと、井賀屋酒造場の魅力を感じて頂くために、以下の仕込み方の違うお酒を考えています。

➀お米の違い
②搾る順番の違い
③生と火入れの違い
④酵母の違い

また、搾り方にもこだわったお酒〈袋吊り〉も造ります。これは、もろみを搾り袋に入れ、無加圧で一滴、一滴したたり落ちたお酒のみを瓶詰めしたものです。井賀屋酒造場では、濾過も加水も火入れも行なわない《無濾過生原酒》でお出しします。

こうすることで、自然なままのお酒の味わいをお楽しみいただけます。この袋吊りはとても手間がかかるので、それほど本数がとれない貴重なお酒なのですが、このお酒を特別に当プランへ登録頂くオーナーの皆様のために造ります。

井賀屋酒造場の「日本酒」オーナープラン

OWNERSのプランでお届けするにあたっては、あえて大吟醸・吟醸など種類を示す名称にとらわれず、固定観念なく飲んでいただきたい、というのが私たちの考えです。

当プランでは、【スペック】・【製造年】・【火入れ、生】などの違いを楽しめる6種類を、毎回2本ずつ、3回に分けてクール便にてお届けします(720ml×2本×3回)

----------
①岩清水 白ラベル 2016(生&火入れ)

✒女将メモ
規格としては、純米大吟醸並のスペックと工程で醸すお酒です。更に1年以上氷点下で「生」で貯蔵しました。

実は生酒は搾りたてから数カ月の間しか流通させないのが日本酒業界では一般的。まさに生きているお酒なので温度管理など貯蔵と流通が困難だからです。それをこだわり抜いて今日まで氷点下貯蔵してきました。

岩清水ならではの、他ではなかなか味わえない新しい日本酒の可能性を感じて頂けるように、同じお酒の「生」と「火入れ」をご一緒にお送りします。それぞれの味わいを比べてお楽しみ下さい。

----------
②NIWARINGO(火入れ2016 & 生2017)

✒女将メモ
リンゴ酸を生み出す酵母を使用した、爽やかな酸味を感じられるお酒です。麹は2割使用したもので、やはりここでも我々は「生」にこだわりました。

こだわりの貯蔵ですと、実は搾りたてよりも甘みが増えます。今日も貯蔵庫では日々深みのあるまろやかな味わいに変わっています。

皆さまにお届けする直前まで「生」で貯蔵し、到着後は安定した味わいを楽しんでいただきたいのでお送りする直前に「火入れ」をします。そして、ご一緒にお届けするのはまさに搾りたてのお酒です。

こちらを「生」でお届けします。貯蔵して大人になったお酒、そして生まれたての赤ちゃんのお酒、あなたのお好みはどちらでしょうか?

----------
③特別オリジナル酒【OWNERS限定】
「生」のみ2本(※五割麹で仕込んだお酒を袋吊り、中取り2種類の搾り方で)

✒女将メモ
あらゆる工程にこだわり、独自性を打ち出した私たち夫婦が初めて一緒に造ったお酒です。これから打ち出していく渾身のこのお酒、現段階では名称もラベルも決まっていません。

タンクの中で生まれてくるその日まで愛情たっぷりに育てました。愛おしくて愛おしくて、毎日話しかけていたくらいです(笑)ぜひオーナー様に召し上がっていただきたく限定のお酒をお送りいたします。

---------

上記3回のお届け時に、毎回簡単な紹介メモを入れさせていただきます。まず一度飲むまでは、どうか開けないでくださいね。

井賀屋酒造場と新しい日本酒の世界をのぞいてみませんか?

以下がプラン内容となります。

==== プラン内容 ====

▼提供商品(最低保証量)

スペック・製造年・火入れ、生などの違いを楽しめる6種類を、毎回2本ずつ、3回に分けてクール便にてお届けします(720ml×2本×3回)

①岩清水 白ラベル 「2016 火入れ&生」
②NIWARINGO「2016火入れ& 2017 生」
③特別限定酒「2017 生」【OWNERSオリジナル+未発売新商品 計2本】

▼登録特典
①OWNERS限定の特別酒
②5月11日に開催するメーカーズディナーを特別価格でご案内(詳細は下記)

▼お届時期(期間中3回)

7月:岩清水 白ラベル(2本)
9月:NIWARINGO (2本)
11月:特別限定酒【OWNERSオリジナル+未発売新商品 計2本】

※お酒の搾り状況により発送がずれ込む場合があります。詳しくはコミュニケーションページでご案内します。

▼募集定員
100人

▼募集期間: 
2017年3月29日〜2017年6月30日

▼契約期間:
登録後から、最終商品のお届け翌月末まで

▼登録金額:
16,000円(消費税・3回分クール送料込)

※井賀屋酒造では、私たちの日本酒を最高の状態でお飲みいただけるよう、温度管理にこだわりを持っております。お届けは、クール便にてお届けします。

※未成年者の飲酒は法律で禁じられており、酒類の販売は行っておりませんのでご了承ください。

==========


そして、もう一つ特別なお知らせが。

【特別開催】井賀屋酒造場が贈る、一夜限りのメーカーズディナー

今回のプラン公開記念として、OWNERSと一夜限りのメーカーズディナーを開催いたします。

5月11日(木)。場所は東京、南青山のリストランテ「リヴァ デリ エトゥルスキ - Riva degli Etruschi -」。

この場所で、私たちのこだわりの日本酒と伝統的なイタリア・トスカーナ料理とのコースのペアリングをお楽しみいただきます。

当日は、私小古井えりが自ら、皆さまにお酒の説明をしながら、この日のためにシェフが考えてくださったお料理と合わせてお楽しみいただく予定です。

また、今回のイベント開催前に当プランを登録いただいたお客様は、特別価格にてメーカーズディナー参加チケットをご購入いただけます。

このようなめったにない機会、最高の場所とお料理、私どものお酒で、皆さまとお会いできることを楽しみにしています。

--------------------------------------

◆日時  2017年5月11日(木) 19時開宴(18時30分受付開始)
◆内容  岩清水とイタリア料理のペアリング
     コース料理、完全着席、70名限定
◆場所  リヴァデリエトゥルスキ
     〒107-0062 東京都港区南青山3丁目15−12

◆参加費 
①当プラン登録済の方 12,000円
(4名様分まで割引価格で購入可) 
②イベントのみ参加の方 13,000円

◆申込方法

①当プラン登録済の方
→マイページの「追加購入」からお申込み下さい 

②イベントのみ参加の方
→サイトTOPから、別途イベント専用のプランページよりお申込み下さい

◆特典 お土産(岩清水2017酒粕、アイシュワイングラス)
◆以下、注意事項

※イベント参加費は当オーナープラン登録費とは別になります。

※プラン登録後のチケット購入は、マイページの「契約中のプラン」にある追加購入ボタンからご購入いただけます。

※イベントのみ参加を希望される方は、WEBサイトTOPから、イベント申込み専用ページからお申込み下さい。

※その他、ご不明点・ご相談はOWNERS事務局(問い合わせフォームから)へお問い合わせ下さい。

--------------------------------------

“新生”井賀屋酒造場。始まったばかりの私たちのストーリーに参加いただける、心温かい皆さまからのご登録を心よりお待ちしています。

オーナー登録費

(消費税・送料込)

¥16,000

==== プラン内容 ====

▼提供商品(最低保証量)

スペック・製造年・火入れ、生などの違いを楽しめる6種類を、毎回2本ずつ、3回に分けてクール便にてお届けします(720ml×2本×3回)

①岩清水 白ラベル
「2016 火入れ&生」

②NIWARINGO
「2016火入れ& 2017 生」

③特別限定酒【OWNERSオリジナル+未発売新商品 計2本】

▼登録特典
①OWNERS特別オリジナル酒
②以下、ご案内するメーカーズディナーを特別価格でご案内

▼お届時期(期間中3回)

7月:岩清水 白ラベル(2本)
9月:NIWARINGO (2本)
11月:特別限定酒 【OWNERS完全オリジナル+未発売新商品 計2本】

※お酒の搾り状況により発送がずれ込む場合があります。詳しくはコミュニケーションページでご案内します。

▼募集定員
100人

▼募集期間: 
2017年3月27日〜2017年6月30日

▼契約期間:
登録後から、最終商品のお届け翌月末まで

▼登録金額:
16,000円(消費税・3回分クール送料込)

※井賀屋酒造では、私たちの日本酒を最高の状態でお飲みいただけるよう、温度管理にこだわりを持っております。お届けは、クール便を利用させていただきます。

※未成年者の飲酒は法律で禁じられており、酒類の販売は行っておりませんのでご了承ください。

==========

プランスケジュール

▼お届時期(期間中3回)

7月:岩清水 白ラベル(2本)
9月:NIWARINGO (2本)
11月:特別限定酒【OWNERSオ

ジナル+未発売新商品 計2本】

※お酒の搾り状況により発送が
ずれ
込む場合があります。詳しくは
コミ
ュニケーションページでご案内
しま
す。

特定商取引に関する表記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加