奥美濃が育む神秘の黄金。日本ミツバチの希少天然和蜜(わみつ)

the Collaboration

奥美濃の自然を大切に、真心こめてお届けします!

受付終了
産地
岐阜県郡上市白鳥町
募集締切
430

日本を代表する巡礼の聖地。ここは日本のふるさと、岐阜県郡上市

岐阜県の中部、美濃地方の北部にある郡上市。奥美濃として、歴史的にも有名な文化や、美しい山並みに囲まれる岐阜県の北部地域。朝霧に浮かび上がる八幡城が【天空の城】として有名な城下町は、長良川や吉田川、小駄良川などが流れ、水に恵まれた土地として環境省による「名水の町」の指定を受けるほどです。

そしてとにかく有名なのが「郡上おどり」。「日本三大盆踊り」のひとつに数えられる郡上の伝統的な盆踊りで、毎年7月中旬から9月上旬まで延べ32夜開催される長期間続くお祭り。メインの8月13~16日は、午後8時から明方まで夜通し踊り続けます。その「徹夜踊り」には、およそ25万人の人が訪れているとか。

初めまして、郡上市白鳥町で日本ミツバチの採蜜活動をメインに、一次産業事業を営むThe Collaborationの西村です。

私たちは、この土地で日本ミツバチから採れる和蜜の採蜜や、減農薬米の栽培、80年続く郡上産生ワサビなどの生産・加工販売を行っています。

郡上市は、12年前の合併で、7つの町が1つになりました。私がいる白鳥町は、8世紀の開山以降、白鳥町の長滝白山神社があり、白山信仰として、古くから多くの参拝客でにぎわっていた地域。一年を通して白雪の天衣をまとった白山は、農民たちから祖先の霊の宿る聖域、水を司る神の御座所と崇められてきた歴史も自然もここにしかないものが詰まっています。

日本ミツバチに魅せられた、自然や生き物と共生するということ

この世界に入ったきっかけは、以前にスイーツ店を営んでいた時のコンセプトにあります。せっかくこの地で作るなら、この地に根ざした、自然環境を活かした商品を作りたい、と考えたのがはじまり。

取り組んだのは、在来種である日本みつばちとの暮らしから、希少な和蜜を自分たちで採取すること。郡上ならではの商品づくりを行うこと。これがきっかけとなり、日本ミツバチの視点からみた自然の世界に触れ、一次産業の価値と向き合うことになります。

生産の源流で一次産業に関わり「作る」仕事は、奥美濃がもたらす神秘な自然と、共生していくことと感じ、すっかりその魅力に取りつかれてしまった、という流れで今があります。

会社名”theCollaboration”、その取り組みから派生するプロダクトを"シシ七十二候"というブランドで展開してます。

ブランド名の由来は、日本の伝統芸能である獅子舞から。獅子舞が醸し出す、なんとも言えない美しさ、その中に、古人の自然との関わりを感じました。

また、「七十二候」とは一年を七十二等分し、それぞれの季節にふさわしい名を付けたもので、気象や動植物の変化を知らせる短文となっています。​

江戸時代に日本の気候に合うように作られた七十二候のように、日本の季節を感じていただきたいと思い名付けました。

採蜜は年に一度。ミツバチと自然の神秘が生む、希少な天然和蜜

事業のメインは、日本みつばちの蜂蜜採取。奥美濃の山々に生息する日本ミツバチによって、年に一度だけ採蜜できる希少な生はちみつ=和蜜を取り扱っています。

日本ミツバチは、日本に古来から生息する野生のみつばちで、基本的に穏やかで人刺すことはめったになく、優しい性格をもったハチで、作り出す蜜は、独特の深みコクのある蜜を作ります。

私たちは養蜂という意識ではなく、蜂たちと暮らし、なるべく野生の状態を保つ関係性を模索しています。だからこそ、私たちと蜂との関係は、巣箱を貸して家賃として年に一度蜂蜜をいただくというものです。丁寧に少しずつ、必要な分だけを頂いています。

実際に、日本ミツバチは養蜂するには好まれまず、全国で9割以上は西洋ミツバチで養蜂されています。

なぜなら、日本ミツバチは、とてもデリケートな割に、採蜜出来るのも年にわずか。日本ミツバチは野生であるがゆえ環境が気に入らないと逃げるので、大量採取ができなく、生産効率がとても悪いのです。

採蜜量は西洋ミツバチの約5分の1以下と言われ、実際に非加熱の天然和蜜が流通している数は市場全体で0.1%を切るとも言われています。だからこそ、私たちではこの環境の中で、蜂と暮らした10年の経験をもとに、大きな拡大はせずに、採蜜は丁寧に年に一度だけ採蜜することを貫いています。

ほんの僅かで広がるコクと深い香り、日本蜜蜂からの蜜という贈り物

この蜂たちが作る天然の和蜜は、希少で味も最高級品。西洋ミツバチの蜂蜜で感じる、ツンとした香りがなく、むしろコクと深い香りが口に広がります。大事に、大事に味わいたい自然のおすそ分けだと感じていただけると思います。

外来で家畜化された西洋ミツバチとは大きく異なり、日本ミツバチは、野生で可能な限り自然のまま生きている希少在来の蜂です。

採蜜は蜂が越冬する分を残して、昔ながらの「垂れ蜜製法」で時間をかけて採蜜しています。冬季はあえて給仕せず、野生の状態を守ります。貴重な日本ミツバチの蜂蜜だからこそ、必要以上に巣から絞り取ることはしません。

量産や効率化のために、砂糖水や水飴の混合、抗生物質を巣箱に入れる場合もありますが、私たちは絶対にしません。もちろん、お商売としては厳しいですが、可能な限りハチたちのそのままの暮らしでありたいのです。

この希少な国産天然和蜜ならではの優しく、深く口に広がるコクのある味わい。蜂たちの神秘の活動から生まれる和蜜を、一口一口味わっていただければと思います。

市場でも高値で取引され、希少な天然の和蜜。ハチたちから少しずつおすそ分けしてもらいながら、自然を邪魔しない、サスティナブルな活動を通して、皆さまに少しずつお届けしていきたいと考えます。

郡上産和蜜と飛騨荘川産卵でつくる、日本ミツバチの蜂蜜プリン

こうして限られた量だけを採蜜する和蜜を、より身近に、広く味わっていただきたくて作ったのが【日本ミツバチの蜂蜜プリン】。

和蜜は希少で高価な為、なかなか手が届かないという方にも、気軽に味わっていただきたくて、少量の和蜜をカラメルソースにして、開発したのがこの商品です。

素材にはもちろんこだわります。私達が採蜜する和蜜はもちろん、卵は飛騨荘川産のさくらたまごを使用。日本ミツバチの蜂蜜カラメルソースを引き立たせるため和三盆を使用した、優しく品のあるプリンに仕上げています。

雑誌やWEBサイトにも多数取り上げていただき、少しずつ認知が広まって来たように感じます。ぜひ、生の蜂蜜だけでなく、こうしたスイーツとしてもその魅力を感じていただきたいなと思います。

とても、とても希少な和蜜は、ご用意できるのがお一人様300グラムで、40名様分のみ。オーナー様の巣箱から採蜜を丁寧に行い、瓶詰めしてお届けします。

蜂蜜の成分は適度の摂取であれば、身体にも良いと言われることも多くなりましたね。毎日の目覚めに、もしくは就寝前に、ちょっとだけスプーンで和蜜を舐めて、心にも体にも優しい、毎日を送ってみるのはいかがでしょうか?

OWNERSのプランでは、この生の和蜜と和蜜プリンに加えて、和蜜を少量使用したフィナンシェもお届け時の特典として、添えさせていただく予定です。

the Collaborationの「郡上産 天然和蜜」オーナープラン

==== プラン内容 ====

▼提供商品(最低保証量)
①郡上産 天然和蜜 (100g×3瓶)
②郡上産 和蜜プリン(6個入り1箱)

▼お届時期
季節に応じて、2回に分けてお届け

5月:和蜜プリン
8月:天然和蜜
※詳しいお届け時期は、コミュニケーションページでもご案内します

▼募集定員
40人

▼募集期間: 
2017年1月31日〜2017年4月30日

▼契約期間:
登録後から、最終商品のお届け翌月末まで

▼登録金額:
12,000円(消費税・2回分送料込み)
==========

オーナープランの契約期間中は、和蜜プリンやギフトにも使えるお菓子など、特別に追加購入頂けるようにする予定です。おかわりや、ギフトとしても是非ご活用ください。

奥美濃、郡上市白鳥町から心を込めてお届けします。

自然が作り出す神秘が郡上には詰まっています。
私たちの奥美濃の仲間になりませんか?

オーナー登録費

(消費税・送料込)

¥12,000

▼提供商品(最低保証量)
①郡上産天然和蜜 (100g×3瓶)
②郡上産和蜜プリン(6個入1箱)

▼お届時期
季節に応じて2回に分けてお届け
5月:和蜜プリン
8月:天然和蜜

※詳しいお届け時期はコミュニケーションページでもご案内します

▼募集定員
40人

▼募集期間: 
2017年1月31日〜4月30日

▼契約期間:
登録後から、最終商品のお届け翌月末まで

▼登録金額:
12,000円(税・2回分送料込)

オーナープランの契約期間中は、和蜜プリンやギフトにも使えるお菓子など、特別に追加購入頂けるようにする予定です。おかわりや、ギフトとしても是非ご活用ください。

プランスケジュール

▼お届時期
5月:和蜜プリン
8月:天然和蜜
季節に応じて2回に分けてお届け

※詳しいお届け時期はコミュニ
ケーションページでもご案内し
ます

特定商取引に関する表記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加