北海道食材の代表格。美食の極みオホーツク網走産「流氷明け活毛ガニ」

牛渡水産

品質が命!網走から至福の味をお届けします!

受付終了
産地
北海道網走市
募集締切
331

流氷がもたらす海の幸。 オホーツク海に面した食の宝庫「北海道網走」

世界自然遺産の知床や阿寒、大雪山の3つの国立公園に囲まれた、オホーツク海の幸に恵まれた日本有数の食の宝庫、北海道網走市。その地名は、アイヌ語で「我らが見つけた土地」という意味する「ア・パ・シリ」が由来とされています。

晴れた日 は 「 オホーツクブルー」といわれる鮮やかな空と海が広がり、豊富な自然環境は多くの生物にとっての栄養資源をもたらすことから、網走は道内有数の漁業生産高を誇る水産の町として知られています。

網走の魅力は、観光名物でもある”流氷”にあります。アムール川を起点とした美しい川から、多くのプランクトンが海に流れ着きたくさんの栄養素をもたらし、その冷たい海水により海の幸の身を引き締め、たくましく成長させます。

夏でも水温が低く、冬は荒海で知られるオホーツク海。ここで獲れる海の幸はこうした厳しい環境は、カニ、ウニ、キンキ、オホーツクサーモンなど四季折々、質・種・量、どれをとっても最高級な海の幸をもたらしているのです。

祖父から始まった”北海道網走産”を届けるという使命

私はこの地で地元水産品の買い付けから加工販売まで行う水産会社の3代目。祖父の代から始まり約50年、網走の魅力を代々伝えてきました。社長である親父や、漁師の弟を含め、家族全員が海に関わる仕事をしています。

私自身、以前は地元を出て違う仕事もしたこともありましたが、一度地元を離れてみたからこそ、地域の人や資源の尊さが分かり、家業を継ぐ決意をし、この地に戻ってきました。

自然の力と向き合う漁師たち、生粋の海の職人である彼らが水揚げする網走の幸。オホーツク海があり、海に生きる漁師がいる、そしてこの家業がある。

もっともっと多くの方に網走の海の幸や網走の魅力を知って頂きたいという想いで、地域のつながりを大切に全国へお届けしています。

旨味の秘密は流氷にあり。オホーツク海で身を引き締めた「活き毛ガニ」

私たちがお届けしているのは、ジューシーな食感と旨みが食通を唸らせる ”美食の極み”、オホーツク網走産の毛ガニ。北海道は毛ガニで有名ですが、その中でも網走産は独特の自然環境で育つため格別です。

網走産毛ガニの美味しさの秘密は、なんといっても冬季の流氷。網走オホーツクの海域では12月〜3月は極寒と流氷で、氷が溶ける春先まで漁ができません。

冬が開けた4月、流氷が去った頃には一回り大きくなった毛ガニを漁師が水揚げされる。これを「流氷明けの毛ガニ」と呼びます。アムール川というモンゴル高原を起点として、ロシアと中国の国境を流れ、オホーツク海にやってくるこの流氷は、良質なプランクトンやエサをもたらします。

毛ガニはこうした環境下で特に身入りや、カニみその濃厚さに影響します。厳しい冬の間存分に栄養を蓄え、これでもかと身を引き締め、旨味が増すのです。

ふんだんに栄養を蓄えた毛蟹はとにかく甘い!毛ガニの醍醐味である『かに味噌』も説明がいらない程、甘く濃厚。余計な味付けは本当に何もいりません。素材をそのまま堪能いただくことが何よりも贅沢です。

カニは成長度によって「若蟹」から「堅蟹」とランク分けされます。「若蟹」と言われるのは、脱皮したてで、脱皮時のエネルギー消耗で身が痩せてしまい、身入りは少なくなっている蟹を言います。

私たちがお届けするオホーツク網走産の毛ガニは、冬の期間流氷での下で過ごし栄養を蓄えた「堅蟹」。道内でも真っ先に水揚げされます。流氷明けすぐの毛ガニは、脱皮を繰り返す手前で、一番活きが良い毛ガニは、魚でいう「脂の乗った」というところでしょうか。

甲羅は硬く、中の身がぎっしり詰まった「堅蟹」は、カニみそも申し分ない仕上がりになっているのです。カニは見た目だけでは身入りや、味を判別するのは難しい食材。

しかし、加工販売を長年行ってきた私たちだからこそ、良い毛ガニの選別と、品質を確保するノウハウがあります。お客様に満足いただける毛ガニだけをお届けする、これこそがポリシーであり、牛渡水産のプライドなのです。

網走で食べる味をご自宅でそのまま!活毛ガニを直送でお届け!

OWNERSのプランでは、ぜひ特別な体験を皆様にして頂きたいと考えています。その為、今回は獲れたて「オホーツク網走産 活毛ガニ」を鮮度そのまま、生きた状態でお届けいたします!

厳選に次ぐ厳選、鮮度状態・身入れ具合でチェックをくぐった毛ガニのみを選び、水揚げ後の鮮度バツグン状態を保ち、皆さまへ直送。

ご存知のとおり、一般的な通販では塩茹で後、一度冷凍して発送します。しかし、冷凍保存をしてしまうと、解凍後、旨みが逃げてしまい、何より冷たいカニは私たちが求める感動の味には、遠く遠くおよびません。

毛ガニは茹で上げが一番!網走でしか食べられないこの味を、ぜひ!浜辺で茹でたかのような状態で召し上がっていただきたいのです。

もちろん、活きた毛ガニは、塩ゆではもちろん、刺身でお召あがり頂くこともできます。実はこの毛ガニの刺身は、大変貴重で、地元でもなかなか食べられる機会はありません。

道内でもほとんど目にする事がない”毛蟹の刺身”や”茹でたての毛ガニ”は、風味も味も一際美味しく、特別な体験になること間違いないでしょう。

「刺身」「塩茹で」「蒸し」と3つの食べ方があります。活きた毛ガニを余すことなく味わう蒸し方やカットの仕方などは、皆さまのお手元に毛ガニが届く頃にあわせて、コミュニケーションページにて私たちから直接ご案内させていただきます。

私の一番のオススメは、何と言っても旨味が深く、味にコクがある「蒸し」です。

活きた毛ガニを自分で食べるのは初めて、という方は是非イメージの参考にいただければと思います。どなたでも簡単に調理できますのでご安心下さい。

通常の約1.5倍サイズをお届け!牛渡水産が届ける贅沢の極み

通常の市場に出回る毛ガニは通常350~400g前後。牛渡水産のオーナーにご登録いただいた皆さまには、私たちが厳選した600~700g、通常サイズの約1.5倍の活き毛ガニをお届けします。

そして、私たちが特に気を遣っているのは水揚げ後の毛ガニの出荷。通常、水揚げ後の毛ガニをそのまま出荷すると当然のように質も落ちてしまいますが、牛渡水産では、水揚げ後15分以内に自社タンクへ搬入。

毛ガニを自社タンクで落ち着かせ、更に活発になった活毛ガニだけを出荷しています。この一手間で、水揚げ後よりも状態をより良くし、鮮度も抜群、身入りも十分な毛ガニをお楽しみいただけるようになります。

牛渡水産の「オホーツク産 流氷明け活毛ガニ」オーナープラン

=== プラン内容 ===

▼提供商品(最低保証量)
網走産 活毛ガニ 600〜700g 1匹

※送付先が同じで、2口以上お申込みの場合は、送料分の「おまけ」として、牛渡水産で取り扱う〈本ズワイカニのカニ味噌入り甲羅盛り(冷凍)〉を付けさせていただきます

※ズワイガニカニ味噌甲羅盛りを付ける場合は、毛ガニのお届け時期は5月中旬以降となります

▼お届け時期
2017年4月上旬〜6月中旬にお届け

※毛ガニの発送は、当日の水揚げ状況にもよる為、発送日時の指定はできません

※指定方法として、【週指定】【平日/週末】【午前/午後】は選択いただけます

▼契約期間
登録後から、商品のお届けまで

▼募集定員
150人

▼募集期間:
2016年12月1日〜2017年3月31日

▼登録金額:
8,000円(消費税・クール便 送料約1,500円〜1,800円込)

==========

※ご登録前に必ずご確認下さい※

・毛ガニの発送は、当日の水揚げ状況にもよる為、個別の日時指定はできません。

・指定方法として、【週指定】【平日/週末】【午前/午後】は選択いただけます。具体的な方法は、提供シーズン前にコミュニケーションページにてご案内致します。

・発送中に活き毛ガニが死んでしまうケースがありますが、鮮度自体には問題ありません。

・毛ガニは到着後2日以内でのお召し上がりお願いします。難しい場合は、塩茹で(または蒸し)をした上で、冷凍保存していただく形となります。

旨味ぎっしりの毛ガニを、北海道網走から情熱と美味しさを詰め込んでお届けします!

オーナー登録費

(消費税・送料込)

¥8,000

▼提供商品(最低保証量)
網走産活毛ガニ 600〜700g 1匹

※送付先が同じ場所で2口以上お申込みの場合は、送料分を「おまけ」
として、本ズワイカニのカニ味噌入り甲羅盛り(冷凍)を付けさせていただきます

※ズワイガニ甲羅盛りを付ける場合はお届け時期は5月中旬以降となります

▼契約期間
登録後から、商品のお届けまで

▼募集定員
150人

▼募集期間:
2016年12月15日〜2017年3月31日

▼登録金額:
8,000円(消費税・クール便 送料約1,500円〜1,800円込)

プランスケジュール

▼お届け時期
2017年4月上旬〜6月中旬

※毛ガニの発送は、当日の水揚げ状
況にもよる為、発送日時の指定はで
きません

※指定方法として、【週指定】【平
日/週末】【午前/午後】は選択いた
だけます

特定商取引に関する表記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加