シャキッじゅわ、桃の新体験。農家のプライドをかけた朝採れ完熟の「白鳳」と「川中島白桃」

Short Legs

チーム一丸!山梨市から極上の桃をお届けします!

定員残り
26
産地
山梨県山梨市三ケ所
募集締切
620
お申し込み

本場山梨から届く、桃の新体験をあなたに。

今回ご紹介するのは、昨年満員御礼となった「お試しプラン」を経て、今年は山梨県の王道品種「白鳳」と、しっかりとした果肉で桃界のスター品種「川中島白桃」の2つを堪能できるプランです。

山梨農業の未来を作る、若手桃農家のプライドをかけ、私たち「ショートレッグス - Short Legs - 」が胸を張って、こだわり朝採れ完熟の桃をあなたの食卓にお届けします。

桃色に染まる果樹大国、観る・食べるで人々を魅了する山梨県山梨市

日本一の桃産地であり、果樹王国として有名な山梨県。その中でも山梨市は、日本百名山「甲武信ヶ岳」や国内屈指の景勝地「西沢渓谷」に囲まれる自然豊かな土地です。冬は寒さが厳しく、夏は気温が高いという盆地特有の内陸性気候を持つ地域であり、水はけの良さもあいまって、高品質・高糖度のおいしい桃が育つ条件を兼ね揃えた生産地となっています。

また、3-4月に桃の花が満開となる風景はまさに桃源郷にふさわしく、観る人の心を奪います。特に6-9月は桃の旬がピークを迎え、あちらこちらで芳しい香りが漂ってきます。

伝える農業で山梨の桃を全国に。若手桃農家が集まった「ショートレッグス - Short Legs - 」

そんな桃作りに恵まれた山梨県で、桃を中心に果樹栽培を行うのが、僕達「ショートレッグス - Short Legs - 」です。

僕達は、山梨市と南アルプス市の若手桃農家が一つとなり、地域を越えてオール山梨で農業の楽しさ、美味しさ、山梨の魅力を伝えていこうと立ち上がった団体です。

「人は石垣、人は城」

山梨ゆかりの武将、武田信玄の言葉にもあるように、足が短く、馬力があって小回りが効く。この日本人の特徴を信念として、こだわりの桃づくりはもちろん、自社ブランドの販売、食育活動など、栽培に留まらない活動を積極的に行っています。

そして、今回のOWNERSプランで代表を務めます、山梨市の桃農家・加賀見 進です。

ご存知の通り、山梨は日本でも有数の果樹大国。しかし、一般流通に僕達農家の声は届きません。また本当に美味しい味、作り手による違いも感じていただけることはまだまだ少ないと感じています。だからこそ、一級産地であることに甘んじてはならないと考えています。

どうせやるなら本気で伝える、小さなことでも始めてみる、名前の通りどっしりと構えながらも、小回りを効かせて果敢にチャレンジをしていく。これが僕達、山梨の若手農家に課せられた使命であると思います。

すべては美味しい桃づくりのために。僕達がこだわる3つのこと

いい桃を作るために、3つのことにこだわっています。

1つ目が「タイミング」。

農家というのは日々、天気と向き合っています。同じ気候で育てられる年などなく、1日1日の違いが果樹と果実の生育に成育と大きく関わってくるのです。どの作業を、いつやるのか、そのタイミングを見分ける勘と判断が重要となります。

特に、収穫のタイミングにはこだわりがあります。品種本来の美味しさを最大限に引き出すために、樹の上で完熟するのを待ってから収穫。このベストタイミングの見極めが職人の腕の見せ所です。

2つ目は、「子どもに安心して食べさせられる桃」であることです。

メンバーには山梨県認定のエコファーマーも所属しており、できる限りの減化学肥料、減農薬を目指し、勉強と工夫をしています。

山梨市は、桃栽培にとって良い土壌環境が揃っているので、化学肥料をほとんど与えていません。代わりに色々な草を生やして、刈り取って土に返し、自然の有機肥料にしています。

農薬の面では、減農薬で樹々の健康を保つようにしています。人間も樹も同じで、薬に頼りすぎると弱くなってしまいます。自分の力で多少の事なら治せる体づくりが大切。農薬に頼らず樹に自然の力を出させることで、桃本来のおいしさを追求しています。

そして3つ目は、できるだけ畑に向かうことです。これを農家の間では「日銭を稼ぐ」とよく言われます。「日々の仕事の数=畑に足を運ぶ回数」です。

毎日畑をまわり樹の状態を把握することで、今何をしてほしいかを知る。日銭を稼ぐことで、樹々への適切な対応ができるようになり、他2つのこだわりを支えていると言えます。

1つの考え方ですが、僕達はあくまで補助。 桃を作るのはあくまで桃の樹であり、ヒトが生み出せるものではないと考えています。

作り出される桃を如何に高品質に変えられるかが仕事。果樹1本1本の生育を見極める目を養い、そこに補助を加えることで高品質な桃を作っていくという考えが根底にあります。

まさに自然を生かし、生かされているといっても過言ではありません。

「タイミング」
「エコファーマー=減化学肥料、減農薬」
「日銭を稼ぐ=足を運ぶ」

これらが僕達のこだわりであり、考えの源です。

シャキッとした食感、じゅわっと滴る果汁。桃の新体験をあなたのご自宅で。

昨年おかげでさまで満員御礼となった「お試しプラン」を経て、今年は山梨県の王道品種「白鳳」と、しっかりとした果肉で今や桃界のスター「川中島白桃」の2品種を、最もおいしい旬の時期にお届けいたします。

1つ目の品種「白鳳」は、果実は大玉傾向で甘く、高糖度と言われる糖度13%以上になることもあります。食物繊維を豊富に含み、果肉の食感としては硬すぎず、幅広い層の方に好まれています。7月上旬~中旬にシーズンを迎えます。

2つ目の品種は「川中島白桃」。個人的に最も自信のある品種で、硬めの果肉を持ち、糖度も15%程度は普通にいってしまう甘い桃なので、中毒者続出の恐れありです!シーズンは「白鳳」よりおよそ1ヶ月遅い、8月上旬~中旬となっています。

この2つの品種を、2kgずつ(6玉~9玉)それぞれの旬の時期にお届けいたします。

硬い桃、柔らかい桃、あなたはどっち派?

さて、ここで皆さんに質問です!

桃の本場、山梨県では収穫したばかりの「硬い桃」を食べるのが一般的というのをご存知でしたか?

県外の方には驚かれることも多いのですが、実はスーパーで売っている柔らかい桃は、早採りを行い、流通される間に4日~5日ほど経ち、追熟してしまった桃が大半を占めています。

僕達のような本場の桃産地では、樹の上でギリギリまで完熟させたものを収穫し、追熟させずに、シャキッとした硬い食感のまま食べるのが好まれます。完熟なので、果汁の甘さもバッチリ。しっかり食べる桃、という感じでしょうか。

産地直送ならではの今回は、樹上完熟のベストな状態で収穫し、お届け時は若干の硬め、1〜2日で追熟されるタイミングを見計らいお送りします。

「白鳳」は常温で2日ほど置くと柔らかい食感でお召し上がり頂けますが、元々硬めの品種である「川中島白桃」は、常温で数日置いてもそのまま硬さが残ります。

ご注意いただきたいのは、桃は収穫から日数が経つと、水分が飛んでおいしさが失われてしまいます。遅くともお届けから3~5日以内にお召し上がり頂くと、桃のおいしさを最大限に味わっていただけます。

はじめての硬い桃に挑戦してもよし、なじみのある柔らかい桃もよし、ぜひ桃の世界を存分に味わってください。

ショートレッグスの「2種の桃(白鳳・川中島白桃)」オーナープラン

今年は山梨県の王道品種「白鳳」と、しっかりとした果肉で近年人気が高まっている「川中島白桃」の2品種を、2回に分けてお届け。

桃農家のプライドをかけ、私たち「ショートレッグス - Short Legs - 」が胸を張ってお届けできる本場の桃のみを、朝採れ完熟であなたの食卓にお届けします。

=== プラン内容 ===

▼提供内容(最低保証量/お届け時期)

白鳳・白桃の朝採れ完熟「桃」

・第1弾(7月上旬〜中旬にお届け)
→「白鳳」2kg(6〜9玉)

・第2弾(8月上旬〜中旬にお届け)
→「川中島白桃」2kg(6〜9玉)

※到着時にベストな状態を見込んで収穫して、発送をいたします。

※発送前に事前にコミュケーションページでご案内します。

※期間中、お届け時間帯のみ指定可能です。お申し込み時に「備考欄」へご記載ください。

▼募集定員
100人

▼募集期間: 
2018年4月27日〜2018年6月20日

▼契約期間:
登録後から、最終商品お届けの翌月末まで

▼登録金額:
8,400円(消費税・送料2回込)

========

桃の本場山梨から、僕達が想いを込めて皆さまに届けます

日本有数の山梨の果樹生産者として、自信と誇りをもって、感動の桃を皆さまへお届けします。

皆様のご登録、心よりお待ちしています!

オーナー登録費

(消費税・送料込)

¥8,400

▼提供内容(最低保証量/お届け時期)

白鳳・白桃の朝採れ完熟「桃」

・第1弾(7月上旬〜中旬にお届け)
→「白鳳」2kg(6〜9玉)

・第2弾(8月上旬〜中旬にお届け)
→「川中島白桃」2kg(6〜9玉)

※到着時にベストな状態を見込んで収穫して、発送をいたします。

※発送前に事前にコミュケーションページでご案内します。

※期間中、お届け時間帯のみ指定可能です。お申し込み時に「備考欄」へご記載ください。

▼募集定員
100人

▼募集期間: 
2018年4月27日〜2018年6月20日

▼契約期間:
登録後から、最終商品お届けの翌月末まで

▼登録金額:
8,400円(消費税・送料2回込)

プランスケジュール

▼お届時期(期間中2回)

・第1弾:「白鳳」
→7月上旬〜中旬にお届


・第2弾:「川中島白桃」
→8月上旬〜中旬にお届


※到着時にベストな状態を見込んで
収穫して、発送をいたします。

※発送前に事前にコミュケーション
ページでご案内します。

※期間中、お届け時間帯のみ指定可
能です。お申し込み時に「備考欄」
へご記載ください。

コミュニケーションページ

2018/05/15
はじめまして!

特定商取引に関する表記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加