OWNERS | オーナー制度プラットフォーム OWNERS(オーナーズ)

シャキッとした食感、じゅわっと滴る果汁。完熟朝採れの「白鳳」と「川中島白桃」

Short Legs
location_icon 山梨県山梨市三ケ所
登録価格
8,960 円 〜 (税・送料込み)
募集締切
06月27日
ココがおすすめ!3つのPOINT

ココがおすすめ!3つのPOINT

★ 完熟もぎたてでしか味わえない!甘くてシャキッとみずみずしい2種類の桃を直送
★ 産地でしか食べられなかった「硬くておいしい」新感覚の桃体験
★ 桃づくりに適した土壌環境が揃う山梨県で、若手桃農家が団結して手がける減化学肥料、減農薬の桃づくり

--------------------------------------
こんなあなたにおすすめ!
--------------------------------------
# 桃が大好き
# 産地の人が食べる新鮮な桃を味わってみたい
# 桃のシャキッとした食感を感じてみたい
# 桃の食べ比べをしてみたい
# 若手農家を応援したい

--------------------------------------
お届け予定日 
--------------------------------------
それぞれ、旬の時期にお届けいたします!
【白鳳】2019年7月上旬〜中旬にお届け
【川中島白桃】2019年8月上旬〜中旬にお届け

--------------------------------------
とっておきのコース内容
--------------------------------------
「朝採れ完熟桃」食べ比べ
白鳳/2kg(6~9玉)、川中島白桃/2kg(6~9玉)

硬めの桃が実は甘い!?新感覚の桃体験

硬めの桃が実は甘い!?新感覚の桃体験

桃の本場、山梨県では収穫したばかりの「硬い桃」を食べるのが一般的というのをご存知でしょうか?

スーパーで売っている柔らかな桃は早採りをして、流通している4〜5日の間に追熟しているものが大半。山梨県など本場の桃産地では、樹になっている状態でギリギリまで完熟させたものを収穫し、追熟させずにシャキッとした食感のまま食べるのが主流です。そんな新鮮な桃は、みずみずしくて果汁の甘さもバッチリ。食べ応えも抜群なのです。

桃の王道「白鳳」と、驚くほど甘い「川中島白桃」をお届け

桃の王道「白鳳」と、驚くほど甘い「川中島白桃」をお届け

今回のプランでは、山梨県の王道品種「白鳳」と、しっかりとした果肉で今や桃界のスターとして人気を博している「川中島白桃」の2品種をご用意しました。白鳳は7月上旬~中旬ごろ、川中島白桃は8月上旬~中旬ごろ、それぞれが最もおいしくなる旬の時期にお届けいたします。

1つ目の品種「白鳳」は山梨県で最も生産量の多い品種。大玉傾向で食物繊維を豊富に含み、果肉の食感は極めてジューシー。糖度も高く、幅広い層の方に好まれています。

2つ目の品種は「川中島白桃」。ショートレッグスが最も自信のある品種で、繊維質が少なく、果肉は硬めで保存性に優れています。糖度は15%をゆうに超えてしまうほど非常に甘く、中毒者続出の恐れありです!

桃栽培の好条件が揃う、日本一の桃産地「山梨県山梨市」

桃栽培の好条件が揃う、日本一の桃産地「山梨県山梨市」

日本一の桃産地であり、果樹王国として有名な山梨県。その中でも山梨市は、日本百名山「甲武信ヶ岳」や国内屈指の景勝地「西沢渓谷」に囲まれる自然豊かな土地です。冬は寒さが厳しく、夏は気温が高い。盆地特有の内陸性気候で水はけの良さにも恵まれていることから、ここでは高品質・高糖度のおいしい桃を育てることができます。
3月から4月は、桃の花が満開となる季節。畑の景色はまさに桃源郷にふさわしく、観る人の心を奪います。6月から9月は桃の旬がピークを迎え、あちらこちらで芳しい桃の甘い香りが漂います。

おいしい桃を作りたいから。山梨の若手桃農家集団「Short Legs」

おいしい桃を作りたいから。山梨の若手桃農家集団「Short Legs」

こんにちは。山梨県山梨市で、桃を中心とした果樹栽培を手がけているショートレッグスの桃農家・加賀見 進(かがみ すすむ)です。

「人は石垣、人は城」

私たちは、「人の力がないと、城があっても役に立たない」という意味の武田信玄の言葉にあるように、山梨市と南アルプス市の若手桃農家が一つとなった「オール山梨」として、農業の楽しさや美味しさ、山梨の魅力を伝えていこうと立ち上がった団体です。

名前の由来は「足が短く、馬力があって小回り効く」

名前の由来は「足が短く、馬力があって小回り効く」

足が短く、馬力があって小回りが効く。この日本人の特徴を信念として、私たちはこだわりの桃づくりはもちろん、自社ブランドの販売や食育活動など、栽培に留まらない活動も積極的に行っています。

どうせやるなら本気で伝える、小さなことでも始めてみる。どっしりと構えながらも、名前の通り小回りを効かせて果敢にチャレンジをしていくことが私たち、山梨の若手農家に課せられた使命であると思っています。

「Short Legs」の3つのこだわり

「Short Legs」の3つのこだわり

ご存知の通り、山梨は日本でも有数の果樹大国。しかし、一般流通に私たち農家の声は届きません。また、本当に美味しい味、作り手による違いも感じていただけることはまだまだ少ないのが現状です。

私たちは、一級産地であることに甘んじず日々桃と向き合っています。

「とにかく畑に足を運ぶこと」
「子どもに安心して食べさせられる桃であること」
「樹上完熟のベストな状態で収穫すること」

この3つに特にこだわって桃作りを行っています。

畑に幾度も足を運ぶことで、桃の声に耳を傾ける

畑に幾度も足を運ぶことで、桃の声に耳を傾ける

私たちが桃を育てる上で、すべての基本となっているのが「とにかく畑に向かうこと」です。これを農家の間では「日銭を稼ぐ」と言います。

毎日畑を周り、果樹1本1本の生育を見極める目を養い、日銭を稼ぐことで、樹々への適切な対応ができるようになるのです。樹の状態を把握することで今桃が何をしてほしいかを知り、そこに私たちの「補助」を加え高品質な桃を作っていく。桃を作るのはあくまで桃の樹であり、ヒトが生み出せるものではないと考えています。

安心してかぶりついてほしい!自然の力を最大限に生かした元気な桃づくり

安心してかぶりついてほしい!自然の力を最大限に生かした元気な桃づくり

山梨市は桃栽培にとって良い土壌環境が揃っているため、化学肥料はほとんど与えずに、自然の有機肥料を使うことで十分おいしい桃が育ちます。

また、農薬に関しては減農薬で樹々の健康を保つようにしています。人間も樹も同じで、薬に頼りすぎると体は弱くなってしまうもの。樹が本来持つ生命力を生かしながら、桃本来のおいしさを追求しています。

ショートレッグスには、山梨県認定のエコファーマーの資格を持っているメンバーも在籍。化学肥料や農薬も基準値の半分以下しか使用せず、子供たちにも胸を張って届けることのできる、安心して食べられる桃栽培を日々勉強しています。

桃職人の腕の見せ所!完熟のタイミングを見極める

桃職人の腕の見せ所!完熟のタイミングを見極める

農家は日々、天気と向き合っています。同じ気候で育てられる年などなく、1日1日の違いが果樹と果実の成育に大きく関わってくるのです。どの作業をいつやるのか、そのタイミングを見分ける勘と判断が重要となってきます。

特にこだわるのが、収穫のタイミング。品種本来の美味しさを最大限に引き出すため、樹になっている状態で完熟するのを待ってから収穫。このベストタイミングの見極めこそが、職人の腕の見せ所でもあります。

みずみずしくて、シャキッと甘い!桃の本場山梨から完熟をお届けします

みずみずしくて、シャキッと甘い!桃の本場山梨から完熟をお届けします

桃は収穫から日数が経つにつれて、水分が飛んでしまいおいしさが失われてしまいます。お届けから遅くとも3~5日以内にお召し上がり頂くことで、桃のおいしさを最大限に味わっていただけます。
「白鳳」は常温で2日ほど置くと柔らかな食感でお召し上がり頂けますが、もともと硬めの品種である「川中島白桃」は、常温で数日置いてもそのままの硬さが持続します。若干硬めで配送し、1〜2日で追熟されるタイミングを見計らい、皆様の元へお届けいたします。

はじめての硬い桃に挑戦してみるもよし、なじみのある柔らかい桃を頬張るのもよし。完熟の奥深い桃の世界を存分に味わってみてください!

コース詳細

「朝採れ完熟桃」食べ比べ

8,960 円
(消費税・送料込み)
このコースに申し込む
コース内容

【第1弾】
商品:白鳳 2kg(6~9玉)
時期:7月上旬〜中旬にお届け

【第2弾】
商品:川中島白桃 2kg(6~9玉)
時期:8月上旬〜中旬にお届け

※お届け日時は指定できません。発送時期は事前に手づくり日誌にてご案内いたします。

※北海道、九州、沖縄・離島地域への発送は別途送料400円(税込)を頂戴いたします。

その他プランの説明
▼ オーナー契約期間
2019年9月30日 まで


特定商取引に関する表記

\このあたりで作ってます!/

山梨県山梨市三ケ所
申し込む
募集締切
06月27日
8,960円〜
(税・送料込)
Short Legs

シャキッとした食感、じゅわっと滴る果汁。完熟朝採れの「白鳳」と「川中島白桃」

ココがおすすめ!3つのPOINT

ココがおすすめ!3つのPOINT

★ 完熟もぎたてでしか味わえない!甘くてシャキッとみずみずしい2種類の桃を直送
★ 産地でしか食べられなかった「硬くておいしい」新感覚の桃体験
★ 桃づくりに適した土壌環境が揃う山梨県で、若手桃農家が団結して手がける減化学肥料、減農薬の桃づくり

--------------------------------------
こんなあなたにおすすめ!
--------------------------------------
# 桃が大好き
# 産地の人が食べる新鮮な桃を味わってみたい
# 桃のシャキッとした食感を感じてみたい
# 桃の食べ比べをしてみたい
# 若手農家を応援したい

--------------------------------------
お届け予定日 
--------------------------------------
それぞれ、旬の時期にお届けいたします!
【白鳳】2019年7月上旬〜中旬にお届け
【川中島白桃】2019年8月上旬〜中旬にお届け

--------------------------------------
とっておきのコース内容
--------------------------------------
「朝採れ完熟桃」食べ比べ
白鳳/2kg(6~9玉)、川中島白桃/2kg(6~9玉)

硬めの桃が実は甘い!?新感覚の桃体験

硬めの桃が実は甘い!?新感覚の桃体験

桃の本場、山梨県では収穫したばかりの「硬い桃」を食べるのが一般的というのをご存知でしょうか?

スーパーで売っている柔らかな桃は早採りをして、流通している4〜5日の間に追熟しているものが大半。山梨県など本場の桃産地では、樹になっている状態でギリギリまで完熟させたものを収穫し、追熟させずにシャキッとした食感のまま食べるのが主流です。そんな新鮮な桃は、みずみずしくて果汁の甘さもバッチリ。食べ応えも抜群なのです。

桃の王道「白鳳」と、驚くほど甘い「川中島白桃」をお届け

桃の王道「白鳳」と、驚くほど甘い「川中島白桃」をお届け

今回のプランでは、山梨県の王道品種「白鳳」と、しっかりとした果肉で今や桃界のスターとして人気を博している「川中島白桃」の2品種をご用意しました。白鳳は7月上旬~中旬ごろ、川中島白桃は8月上旬~中旬ごろ、それぞれが最もおいしくなる旬の時期にお届けいたします。

1つ目の品種「白鳳」は山梨県で最も生産量の多い品種。大玉傾向で食物繊維を豊富に含み、果肉の食感は極めてジューシー。糖度も高く、幅広い層の方に好まれています。

2つ目の品種は「川中島白桃」。ショートレッグスが最も自信のある品種で、繊維質が少なく、果肉は硬めで保存性に優れています。糖度は15%をゆうに超えてしまうほど非常に甘く、中毒者続出の恐れありです!

桃栽培の好条件が揃う、日本一の桃産地「山梨県山梨市」

桃栽培の好条件が揃う、日本一の桃産地「山梨県山梨市」

日本一の桃産地であり、果樹王国として有名な山梨県。その中でも山梨市は、日本百名山「甲武信ヶ岳」や国内屈指の景勝地「西沢渓谷」に囲まれる自然豊かな土地です。冬は寒さが厳しく、夏は気温が高い。盆地特有の内陸性気候で水はけの良さにも恵まれていることから、ここでは高品質・高糖度のおいしい桃を育てることができます。
3月から4月は、桃の花が満開となる季節。畑の景色はまさに桃源郷にふさわしく、観る人の心を奪います。6月から9月は桃の旬がピークを迎え、あちらこちらで芳しい桃の甘い香りが漂います。

おいしい桃を作りたいから。山梨の若手桃農家集団「Short Legs」

おいしい桃を作りたいから。山梨の若手桃農家集団「Short Legs」

こんにちは。山梨県山梨市で、桃を中心とした果樹栽培を手がけているショートレッグスの桃農家・加賀見 進(かがみ すすむ)です。

「人は石垣、人は城」

私たちは、「人の力がないと、城があっても役に立たない」という意味の武田信玄の言葉にあるように、山梨市と南アルプス市の若手桃農家が一つとなった「オール山梨」として、農業の楽しさや美味しさ、山梨の魅力を伝えていこうと立ち上がった団体です。

名前の由来は「足が短く、馬力があって小回り効く」

名前の由来は「足が短く、馬力があって小回り効く」

足が短く、馬力があって小回りが効く。この日本人の特徴を信念として、私たちはこだわりの桃づくりはもちろん、自社ブランドの販売や食育活動など、栽培に留まらない活動も積極的に行っています。

どうせやるなら本気で伝える、小さなことでも始めてみる。どっしりと構えながらも、名前の通り小回りを効かせて果敢にチャレンジをしていくことが私たち、山梨の若手農家に課せられた使命であると思っています。

「Short Legs」の3つのこだわり

「Short Legs」の3つのこだわり

ご存知の通り、山梨は日本でも有数の果樹大国。しかし、一般流通に私たち農家の声は届きません。また、本当に美味しい味、作り手による違いも感じていただけることはまだまだ少ないのが現状です。

私たちは、一級産地であることに甘んじず日々桃と向き合っています。

「とにかく畑に足を運ぶこと」
「子どもに安心して食べさせられる桃であること」
「樹上完熟のベストな状態で収穫すること」

この3つに特にこだわって桃作りを行っています。

畑に幾度も足を運ぶことで、桃の声に耳を傾ける

畑に幾度も足を運ぶことで、桃の声に耳を傾ける

私たちが桃を育てる上で、すべての基本となっているのが「とにかく畑に向かうこと」です。これを農家の間では「日銭を稼ぐ」と言います。

毎日畑を周り、果樹1本1本の生育を見極める目を養い、日銭を稼ぐことで、樹々への適切な対応ができるようになるのです。樹の状態を把握することで今桃が何をしてほしいかを知り、そこに私たちの「補助」を加え高品質な桃を作っていく。桃を作るのはあくまで桃の樹であり、ヒトが生み出せるものではないと考えています。

安心してかぶりついてほしい!自然の力を最大限に生かした元気な桃づくり

安心してかぶりついてほしい!自然の力を最大限に生かした元気な桃づくり

山梨市は桃栽培にとって良い土壌環境が揃っているため、化学肥料はほとんど与えずに、自然の有機肥料を使うことで十分おいしい桃が育ちます。

また、農薬に関しては減農薬で樹々の健康を保つようにしています。人間も樹も同じで、薬に頼りすぎると体は弱くなってしまうもの。樹が本来持つ生命力を生かしながら、桃本来のおいしさを追求しています。

ショートレッグスには、山梨県認定のエコファーマーの資格を持っているメンバーも在籍。化学肥料や農薬も基準値の半分以下しか使用せず、子供たちにも胸を張って届けることのできる、安心して食べられる桃栽培を日々勉強しています。

桃職人の腕の見せ所!完熟のタイミングを見極める

桃職人の腕の見せ所!完熟のタイミングを見極める

農家は日々、天気と向き合っています。同じ気候で育てられる年などなく、1日1日の違いが果樹と果実の成育に大きく関わってくるのです。どの作業をいつやるのか、そのタイミングを見分ける勘と判断が重要となってきます。

特にこだわるのが、収穫のタイミング。品種本来の美味しさを最大限に引き出すため、樹になっている状態で完熟するのを待ってから収穫。このベストタイミングの見極めこそが、職人の腕の見せ所でもあります。

みずみずしくて、シャキッと甘い!桃の本場山梨から完熟をお届けします

みずみずしくて、シャキッと甘い!桃の本場山梨から完熟をお届けします

桃は収穫から日数が経つにつれて、水分が飛んでしまいおいしさが失われてしまいます。お届けから遅くとも3~5日以内にお召し上がり頂くことで、桃のおいしさを最大限に味わっていただけます。
「白鳳」は常温で2日ほど置くと柔らかな食感でお召し上がり頂けますが、もともと硬めの品種である「川中島白桃」は、常温で数日置いてもそのままの硬さが持続します。若干硬めで配送し、1〜2日で追熟されるタイミングを見計らい、皆様の元へお届けいたします。

はじめての硬い桃に挑戦してみるもよし、なじみのある柔らかい桃を頬張るのもよし。完熟の奥深い桃の世界を存分に味わってみてください!

\このプランをシェア/
みんなのごちそうさま
みんなの応援
  • 桃大好きです。山梨から送ってもらった桃いつも柔らかくなるまでおいてたので、固いけど甘い桃、楽しみです!

  • 楽しみです‼️

  • 昨年度とてもおいしかったので今年もお願います。

  • 昨年も美味しい桃をありがとうございました。 今年もよろしくお願いします。

  • 昨年に引き続き、今年もオーダーしました! 美味しい桃を楽しみにしています。

  • 昨年も美味しい桃をありがとうございました。 今年も楽しみにしております。

  • とても楽しみにしております

はじめまして!また、リピートを頂くかた改めまして山梨県の桃農家の加賀見 進です! よろしくお願いし ...
0
第2弾:川中島白桃の発送がはじまります! 桃オーナーの皆さま いつもShort Legs ...
2
おはようございます! Short Legsの加賀見です。 天候事情により発送が遅れておりまし ...
0
\このあたりで作ってます!/
山梨県山梨市三ケ所