OWNERS | オーナー制度プラットフォーム OWNERS(オーナーズ)

こちらのプランの募集は終了しました

桃のような甘〜い香り、果汁たっぷり芯までやわらか、完熟石垣島ピーチパイン

あすみおファーム
location_icon 沖縄県石垣市桃里
登録価格
3,750 円 〜 (税・送料込み)
募集締切
05月12日
ココがおすすめ!3つのPOINT

ココがおすすめ!3つのPOINT

★石垣島での露地栽培。約2年をかけて育てた奇跡のパイナップル
★完熟だからこそ芯までやわらかく、果汁たっぷりでジューシー
★しっかりとした甘みと爽やかな酸味のバランスが絶妙

--------------------------------------
こんなあなたにおすすめ!
--------------------------------------
#パイナップルが大好き
#国産でおいしいパイナップルが気になる
#芯までやわらかいパイナップルを食べてみたい
#スムージーやジュースに使いたい

--------------------------------------
お届け予定日 
--------------------------------------
2019年5月中旬~6月下旬
★お届け時間帯のみ指定できます。日にちの指定はできません。

--------------------------------------
とっておきのコース内容
--------------------------------------
「ピーチパイン3個」コース

今年も登場!桃のような香りとやわらかな食感。ジューシーな完熟ピーチパイン

今年も登場!桃のような香りとやわらかな食感。ジューシーな完熟ピーチパイン

前回お届けしたオーナー様から大好評だった、あすみおファームで育ったピーチパイン。「部屋いっぱいに甘い香りが広がる」「芯まで食べられるほど、果肉がやわらかくてジューシー」など、うれしい感想をたくさんいただきました。香り、甘さ、やわらかさが三位一体となった石垣島ピーチパインをぜひ味わってください。

八重に重なる雄大な山、美しい青。独自の文化が色濃く残る沖縄・石垣島

八重に重なる雄大な山、美しい青。独自の文化が色濃く残る沖縄・石垣島

美しいサンゴ礁と国の指定名勝に選ばれたエメラルドグリーンの海、温暖な気候に恵まれた離島・沖縄県石垣市。県内最高峰の於茂登岳(526m)を中央に、離島ならではの自然や島の暮らし、海山のレジャーなど、訪れた人を魅了する場所です。日本列島の最西南端、11の有人島からなる八重山諸島の拠点として、台湾や東南アジア諸国をはじめ、広くアジア・太平洋地域とつながる国際色も豊かな地域です。

島の恵みをこの一玉に。感動のパインを育てる「あすみおファーム」

島の恵みをこの一玉に。感動のパインを育てる「あすみおファーム」

〜 【あ】甘く【す】澄み切った色と艶。【み】瑞々しい果肉は、唯一無二の【お】美味しさ〜
それぞれの文字をとって「あすみおファーム」と呼びます。

はじめまして、代表の曽我 潮丸(そがうしおまる)です!私たち、あすみおファームは石垣市の北東部「星野」という地域で、パイナップルを主力に生産・販売を行う生産者グループを営んでいます。ベテランから若手の生産者が1つになり、先祖から受け継がれる開拓精神の現れの言葉「明日を信じて生きる=明日をみよう」から名付けられました。

実はこの「星野」と呼ばれる地域は、正式な住所には存在せず、この土地の通称です。地元では実際の住所の「桃里」よりも昔から「星野」という名で愛されています。

宮古島といえばマンゴー、石垣島といえばパイン。これはなぜだかわかりますか?

宮古島といえばマンゴー、石垣島といえばパイン。これはなぜだかわかりますか?

島の特産物で、私たちの主力商品でもあるパイナップルは、赤土の酸性土壌の土地のみでしか栽培できず、国内では沖縄本島北部と八重山諸島(石垣島と西表島)のごく限られた地域でしか栽培できません。特に石垣島は、沖縄本島よりも平均気温がさらに2℃高い24℃と、日本国内では、最もパイナップル栽培に適していると言われているのです。

パイナップル栽培の肝となる「赤土」

パイナップル栽培の肝となる「赤土」

パイナップルの栽培には赤土、そして水はけの良い弱酸性の砂質土壌が欠かせません。仮にサンゴ礁など海の石が混じると、アルカリ成分が混ざった地質となり栽培ができなくなってしまうのです。村には、この土の大切さを物語る伝説があります。

昔、野原村(現在の星野の近く)の漁師が漁をしていると突然大きな獲物がかかり、引き上げるとそこには人魚がいたそうです。驚いた漁師たちですが、人魚の願いのとおり海へ逃がしてあげようとすると、お礼に人魚は言いました。

「明日の朝、大津波が来る」

「明日の朝、大津波が来る」

漁師は、村に帰って皆に伝えました。翌朝8時頃、本当に大津波が発生し、海岸沿いの村々は大津波に呑み込まれてしまいましたが、村人たちは高い山に避難し助かったそうです。これが実際に、石垣島の歴史に残る明和大津波だったのです。当時、星野を襲った大津波は小高い山の麓まで波が押し寄せたそうですが、現在のパイナップル畑のギリギリのところで津波がピタリと止まったそうです。今では村の産業に欠かせないパイナップル、そのための赤土環境。これを守ったのも村の漁師たちが助けた人魚の力だったのかもしれません。

このように私たちの畑は、太陽を燦々と浴び水はけも良い、栽培するための最高の環境が今なお守られているのです。

果肉はミルク色、香りはピーチ。石垣島で育む奇跡のピーチパイン

果肉はミルク色、香りはピーチ。石垣島で育む奇跡のピーチパイン

誰が食べてもその味に感動する、石垣島きっての特産物「ピーチパイン」は、香りが強く、桃を思わせるような甘い香りから「ピーチパイン」と名付けられました。赤みがかった色の皮とは対照的に、果肉は乳白色をしており、「ミルクパイン」という別名も持っています。

パインは1株からの収穫が1玉。植え付けから収穫まで、約2年という長い時間を要する貴重な果物。そのほとんどが地元の直売所、百貨店や高級青果店などでもすぐに売り切れてしまい、国産のパインを市場でお目にかかれることは少ないことでしょう。長い時間をかけ、大切にじっくりと育てるピーチパインは、通常より小ぶりですが、甘みと香りが凝縮。果肉は果汁が豊富で柔らかく、芯まで食べることができるのが特徴です。

さらにおいしく食べるには

さらにおいしく食べるには

パイナップルを丸ごと食べるにはコツがあります。冷蔵庫で頭を下にして保存し、以下のような手順で簡単に切ることができます。

1 上部と下部をカットします。
2 4等分にします(ピーチパインは、芯も食べることができますが、気になる方は切り離してください。)
3 実と皮の間に左右から包丁を入れて実を皮から切り離し、食べやすい大きさにカットします。
パイナップルを丸ごと家で食べる、という経験をしたことが無い方でも安心しておいしく召し上がっていただけます。

旬の一番おいしいシーズンに出荷

旬の一番おいしいシーズンに出荷

ピーチパインは、石垣島のパイナップルの中で一番早く出荷される品種で、早いところは4月頃より出荷が始まり、食べ頃は5月~7月上旬です。OWNERSでは、オーナーの皆さまに完熟の一番おいしいパイナップルを味わっていただくために、食べ頃の一番良い状態で収穫してお届けします。

石垣島から全国に届けたい

石垣島から全国に届けたい

ピークに差し掛かるシーズン中は毎日が記憶にないほど忙しいですが、収穫が終わると、また新しいパインの作付けを行い循環させていきます。

あすみおファームでは、近年担い手の減少などから作付けが減少していた中でも、もう一度パイン生産を広げていこうという考えのもと、皆で力を合わせてきました。取り組みを始めてから数年は、質の良いパインができるまでに苦労しましたが、少しずつ収穫・収量も安定してきたため、ピーチパインを通して、さらなる全国のファンづくりを行っていきたいと思っています。

皆さんとの出会いを楽しみにしとるよ〜

皆さんとの出会いを楽しみにしとるよ〜

石垣島からお届けする極上のパイナップルを味わって、石垣島をもう一つのふるさとだと感じていただけるとうれしいです。ぜひ、あすみおファームにも遊びに来てください。皆さまのご登録をお待ちしています!

コース詳細

「ピーチパイン3個」コース

3,750 円
(消費税・送料込み)
コース内容

商品:ピーチパイン / 3個

時期:2019年5月中旬~6月下旬

※ご希望の時間帯のみご指定いただけます。日にちの指定はできません。出荷時期になりましたら、ご指定方法をメールにてご案内致します。

その他プランの説明
▼ オーナー契約期間
2019年9月30日 まで


特定商取引に関する表記

\このあたりで作ってます!/

沖縄県石垣市桃里
こちらのプランの募集は終了しました
募集締切
05月12日
3,750円〜
(税・送料込)
あすみおファーム

桃のような甘〜い香り、果汁たっぷり芯までやわらか、完熟石垣島ピーチパイン

ココがおすすめ!3つのPOINT

ココがおすすめ!3つのPOINT

★石垣島での露地栽培。約2年をかけて育てた奇跡のパイナップル
★完熟だからこそ芯までやわらかく、果汁たっぷりでジューシー
★しっかりとした甘みと爽やかな酸味のバランスが絶妙

--------------------------------------
こんなあなたにおすすめ!
--------------------------------------
#パイナップルが大好き
#国産でおいしいパイナップルが気になる
#芯までやわらかいパイナップルを食べてみたい
#スムージーやジュースに使いたい

--------------------------------------
お届け予定日 
--------------------------------------
2019年5月中旬~6月下旬
★お届け時間帯のみ指定できます。日にちの指定はできません。

--------------------------------------
とっておきのコース内容
--------------------------------------
「ピーチパイン3個」コース

今年も登場!桃のような香りとやわらかな食感。ジューシーな完熟ピーチパイン

今年も登場!桃のような香りとやわらかな食感。ジューシーな完熟ピーチパイン

前回お届けしたオーナー様から大好評だった、あすみおファームで育ったピーチパイン。「部屋いっぱいに甘い香りが広がる」「芯まで食べられるほど、果肉がやわらかくてジューシー」など、うれしい感想をたくさんいただきました。香り、甘さ、やわらかさが三位一体となった石垣島ピーチパインをぜひ味わってください。

八重に重なる雄大な山、美しい青。独自の文化が色濃く残る沖縄・石垣島

八重に重なる雄大な山、美しい青。独自の文化が色濃く残る沖縄・石垣島

美しいサンゴ礁と国の指定名勝に選ばれたエメラルドグリーンの海、温暖な気候に恵まれた離島・沖縄県石垣市。県内最高峰の於茂登岳(526m)を中央に、離島ならではの自然や島の暮らし、海山のレジャーなど、訪れた人を魅了する場所です。日本列島の最西南端、11の有人島からなる八重山諸島の拠点として、台湾や東南アジア諸国をはじめ、広くアジア・太平洋地域とつながる国際色も豊かな地域です。

島の恵みをこの一玉に。感動のパインを育てる「あすみおファーム」

島の恵みをこの一玉に。感動のパインを育てる「あすみおファーム」

〜 【あ】甘く【す】澄み切った色と艶。【み】瑞々しい果肉は、唯一無二の【お】美味しさ〜
それぞれの文字をとって「あすみおファーム」と呼びます。

はじめまして、代表の曽我 潮丸(そがうしおまる)です!私たち、あすみおファームは石垣市の北東部「星野」という地域で、パイナップルを主力に生産・販売を行う生産者グループを営んでいます。ベテランから若手の生産者が1つになり、先祖から受け継がれる開拓精神の現れの言葉「明日を信じて生きる=明日をみよう」から名付けられました。

実はこの「星野」と呼ばれる地域は、正式な住所には存在せず、この土地の通称です。地元では実際の住所の「桃里」よりも昔から「星野」という名で愛されています。

宮古島といえばマンゴー、石垣島といえばパイン。これはなぜだかわかりますか?

宮古島といえばマンゴー、石垣島といえばパイン。これはなぜだかわかりますか?

島の特産物で、私たちの主力商品でもあるパイナップルは、赤土の酸性土壌の土地のみでしか栽培できず、国内では沖縄本島北部と八重山諸島(石垣島と西表島)のごく限られた地域でしか栽培できません。特に石垣島は、沖縄本島よりも平均気温がさらに2℃高い24℃と、日本国内では、最もパイナップル栽培に適していると言われているのです。

パイナップル栽培の肝となる「赤土」

パイナップル栽培の肝となる「赤土」

パイナップルの栽培には赤土、そして水はけの良い弱酸性の砂質土壌が欠かせません。仮にサンゴ礁など海の石が混じると、アルカリ成分が混ざった地質となり栽培ができなくなってしまうのです。村には、この土の大切さを物語る伝説があります。

昔、野原村(現在の星野の近く)の漁師が漁をしていると突然大きな獲物がかかり、引き上げるとそこには人魚がいたそうです。驚いた漁師たちですが、人魚の願いのとおり海へ逃がしてあげようとすると、お礼に人魚は言いました。

「明日の朝、大津波が来る」

「明日の朝、大津波が来る」

漁師は、村に帰って皆に伝えました。翌朝8時頃、本当に大津波が発生し、海岸沿いの村々は大津波に呑み込まれてしまいましたが、村人たちは高い山に避難し助かったそうです。これが実際に、石垣島の歴史に残る明和大津波だったのです。当時、星野を襲った大津波は小高い山の麓まで波が押し寄せたそうですが、現在のパイナップル畑のギリギリのところで津波がピタリと止まったそうです。今では村の産業に欠かせないパイナップル、そのための赤土環境。これを守ったのも村の漁師たちが助けた人魚の力だったのかもしれません。

このように私たちの畑は、太陽を燦々と浴び水はけも良い、栽培するための最高の環境が今なお守られているのです。

果肉はミルク色、香りはピーチ。石垣島で育む奇跡のピーチパイン

果肉はミルク色、香りはピーチ。石垣島で育む奇跡のピーチパイン

誰が食べてもその味に感動する、石垣島きっての特産物「ピーチパイン」は、香りが強く、桃を思わせるような甘い香りから「ピーチパイン」と名付けられました。赤みがかった色の皮とは対照的に、果肉は乳白色をしており、「ミルクパイン」という別名も持っています。

パインは1株からの収穫が1玉。植え付けから収穫まで、約2年という長い時間を要する貴重な果物。そのほとんどが地元の直売所、百貨店や高級青果店などでもすぐに売り切れてしまい、国産のパインを市場でお目にかかれることは少ないことでしょう。長い時間をかけ、大切にじっくりと育てるピーチパインは、通常より小ぶりですが、甘みと香りが凝縮。果肉は果汁が豊富で柔らかく、芯まで食べることができるのが特徴です。

さらにおいしく食べるには

さらにおいしく食べるには

パイナップルを丸ごと食べるにはコツがあります。冷蔵庫で頭を下にして保存し、以下のような手順で簡単に切ることができます。

1 上部と下部をカットします。
2 4等分にします(ピーチパインは、芯も食べることができますが、気になる方は切り離してください。)
3 実と皮の間に左右から包丁を入れて実を皮から切り離し、食べやすい大きさにカットします。
パイナップルを丸ごと家で食べる、という経験をしたことが無い方でも安心しておいしく召し上がっていただけます。

旬の一番おいしいシーズンに出荷

旬の一番おいしいシーズンに出荷

ピーチパインは、石垣島のパイナップルの中で一番早く出荷される品種で、早いところは4月頃より出荷が始まり、食べ頃は5月~7月上旬です。OWNERSでは、オーナーの皆さまに完熟の一番おいしいパイナップルを味わっていただくために、食べ頃の一番良い状態で収穫してお届けします。

石垣島から全国に届けたい

石垣島から全国に届けたい

ピークに差し掛かるシーズン中は毎日が記憶にないほど忙しいですが、収穫が終わると、また新しいパインの作付けを行い循環させていきます。

あすみおファームでは、近年担い手の減少などから作付けが減少していた中でも、もう一度パイン生産を広げていこうという考えのもと、皆で力を合わせてきました。取り組みを始めてから数年は、質の良いパインができるまでに苦労しましたが、少しずつ収穫・収量も安定してきたため、ピーチパインを通して、さらなる全国のファンづくりを行っていきたいと思っています。

皆さんとの出会いを楽しみにしとるよ〜

皆さんとの出会いを楽しみにしとるよ〜

石垣島からお届けする極上のパイナップルを味わって、石垣島をもう一つのふるさとだと感じていただけるとうれしいです。ぜひ、あすみおファームにも遊びに来てください。皆さまのご登録をお待ちしています!

\このプランをシェア/
みんなのごちそうさま
みんなの応援
  • 届くのを楽しみに待っています。

  • ずっと気になっていたownersを今回初めて利用します。 ピーチパイン、とても楽しみにしています。よろしくお願いいたします。

  • 初めてowners利用しました パイン楽しみにしています!

  • 昨年とても美味しかったので、親友の出産祝いに贈らせて頂きます😊

  • 去年とても美味しいパイナップルが届いたので今年も宜しくお願い致します( ^ω^ )

  • 毎年楽しみにしています。 よろしくお願いいたします。

  • 昨年、大変おいしくいただきました。今年も楽しみにしております。

  • 今年も楽しみにしてます。

はいさい! 梅雨入りした石垣島より! 暑い日が続いてる日本列島!いかがお過ごしでしょうか!( ...
0
はいさい! 南の石垣島より! オーナーの皆様へ ピーチパインに引き続き今期はパインナップルの王 ...
0
はいさい!石垣島より! オーナーの皆様にお知らせします。 今週末には海開きが開催される石垣島 ...
0
\このあたりで作ってます!/
沖縄県石垣市桃里