OWNERS | オーナー制度プラットフォーム OWNERS(オーナーズ)

こちらのプランの募集は終了しました

トマトらしい甘みと酸味を堪能!「日高村フルーツトマト」

NPO法人日高わのわ会
location_icon 高知県高岡郡日高村
登録価格
3,500 円 〜 (税・送料込み)
募集締切
03月03日
ココがおすすめ!3つのPOINT

ココがおすすめ!3つのPOINT

★イチゴのように甘く、トマトらしい酸味もあわせ持ったフルーツトマト
★栽培期間中は農薬を全く使用していないので、安心して丸かじりOK!
★百貨店のバイヤーもこぞって求める実力派

--------------------------------------
こんなあなたにおすすめ!
--------------------------------------
#トマトが大好き
#トマトは甘いだけじゃなくて酸味とのバランスが大事
#味の濃いトマトをたっぷり食べたい

--------------------------------------
お届け予定日 
--------------------------------------
2019年3月15~31日にお届け
★ご希望の時間帯のみご指定いただけます。日にちの指定はできません。

--------------------------------------
2つのコースから選べます
--------------------------------------
1)日高村フルーツトマト1㎏(12玉程度)
2)日高村フルーツトマト1㎏(12玉程度)&3種のトマトソース

高知の元気印!濱田さんが作る「日高村フルーツトマト」をご紹介

高知の元気印!濱田さんが作る「日高村フルーツトマト」をご紹介

こんにちは!「日高わのわ会」のメンバーの小野かおり(おの かおり)です。私はボランティアの一環でここ、高知県日高村(ひだかむら)を訪れ好きになり、2年前に東京から移住しました。

今回ご紹介するのは「日高村わのわ会」の一員である濱田農園の2代目農場主、濱田善久(はまだ よしひさ)さんが作る「日高村フルーツトマト」。

濱田さんの高知県民らしい、元気で豪快な人柄は村民からも人気で、家族と一緒にトマトづくりに専念する一方、福祉や生活サービス、喫茶を運営するNPO法人「日高わのわ会」の理事長も務めてらっしゃいます。実はプライベートではバンドでドラマーとしても活動しているという、快活な一面もある楽しい方です。

甘みと酸味の絶妙バランスが旨みを濃くする!フルーツトマト

甘みと酸味の絶妙バランスが旨みを濃くする!フルーツトマト

そんな濱田さんが作るトマトの最大の特長は、なんといってもそのコクと旨み!甘みだけでなくほどよい酸味もあり、その絶妙なバランスがトマトの深いコクを生み出すのです。トマトらしいフレッシュで濃厚な旨みをしっかり楽しめるところが、トマト好きの方々に支持されています。

「日経MJ」による百貨店・スーパーのバイヤー調査(2017年7月31日掲載)で、25品種のブランドトマトから1位になった実績もある“味”が自慢です。

トマトの楽園・高知県日高村から届く、おいしい旬のお便り

トマトの楽園・高知県日高村から届く、おいしい旬のお便り

日高村は、高知県の県都から車で約30分にある村。妙見山(みょうけんさん)や大堂山(おおどうやま)などの山々に囲まれ、四国三大河川のひとつ「仁淀川(によどがわ)」が流れる自然豊かな土地です。

交通の便の良さや自然に囲まれた環境は都心部から移住してくる方にも注目されており、“ほどよい田舎”と称されています。盆地であるため寒暖差は激しく、日本有数の日照時間の長さを誇るその気候が、おいしいトマトの栽培にはうってつけ。20軒以上の高糖度トマトを作る農家さんが集まるトマト団地と呼ばれる地域もあり、トマト村としてとっても有名です。

おしりの星マークがおいしさの証!ずっしり旨みがつまったトマト

おしりの星マークがおいしさの証!ずっしり旨みがつまったトマト

濱田さんのトマトを見てみると、おしりに星マークが。これがおいしさの“しるし”!トマトは水に浸けたら浮いてくるのが普通ですが、濱田さんのトマトは沈みます。果肉がギッシリと詰まっている証拠なのです。

トマトは夏の時期に30〜50日で収穫されるのが一般的ですが、濱田さんのトマトはあえて生育の遅い冬の時期に、約2倍の60〜70日かけてじっくり育てます。さらに、水分を制限することで旨みを極限まで凝縮させるのです。

この栽培期間と水分量の調整が非常に難しい!濱田さんは、お父さんの代から蓄積した経験と勘を引継ぎ、絶妙なタイミングを見計らいながら調整されているので、ここまでのおいしさを引き出すことができるのです。

“お世話をしすぎない”自然に近い環境が生んだ、 驚異的なおいしさ

“お世話をしすぎない”自然に近い環境が生んだ、 驚異的なおいしさ

「日高村フルーツトマト」が生まれたのは、約30年前。あるトマト農家さんが入院してしまい、例年と同じようにトマトの世話ができない時期がありました。しかしその年のトマトがいつもより数倍甘く、実は“世話をしすぎない”というのが、甘いトマトをつくる秘訣だと気づいたのがきっかけでした。

その出来事を機に、濱田さんのお父さんをはじめとする村の農家さんたちの「甘いトマトづくり」研究が始まりました。何度も試行錯誤を繰り返していく中で“高糖度トマト”の栽培方法を発見!村の特産にしようと活動を進めていきました。

トマトとは30年以上の長い付き合い。 信じているから、農薬は使わない

トマトとは30年以上の長い付き合い。 信じているから、農薬は使わない

濱田さんは、農薬は全く使っていないのだそうです。その理由を尋ねると、「トマトのこと、信じてるからね」と答えてくださいました。その信頼関係は、濱田さんのトマトとの接し方にもよく表れています。農園に入るときは必ずすべてのトマトに聞こえるよう「おはよう!」と大声で挨拶、そして仕事後に農園を出るときは「よろしく頼むで!」と手を振って帰るのです。

皮ごとそのまま食べるものだからこそ、ただおいしいだけでなく安心して食べられるトマトを食べていただきたいという濱田さんの想いがこもった一品なのです。

化学肥料は不使用、蜂の力を借りた自然受粉にこだわる

化学肥料は不使用、蜂の力を借りた自然受粉にこだわる

必要な時だけ有機肥料も入れていますが、もちろん化学肥料などは一切使いません。トマトが喜ぶ、自然のものだけを使っています。

受粉の仕方も自然受粉です。ある程度育ったタイミングで、マルハナ蜂の巣をビニールハウスに設置。箱の中の巣には200匹の働き蜂がおり、花粉を集める為にビニールハウスの中を飛び回り受粉をしてくれます。

母の味を再現した「日高村フルーツトマトの特製ソース」も一緒にお届け!

母の味を再現した「日高村フルーツトマトの特製ソース」も一緒にお届け!

今回は、トマトだけでなく3種のトマトソースも一緒にお届け。
-------------------------
◆かけるだけの「トマトソース」
◆のせるだけの「ピザソース」
◆まぜるだけの「パスタソース」
-------------------------
目指したのは、“お母さんが家族に食べさせてあげたい味”。子どもから大人まで楽しめるよう開発されました。

商品化に協力してくれたのは、日高村中の日高わのわ会の“お母さん”たちです。商品には、「どれだけ忙しくても、家族には体に良いものや栄養のあるものをしっかり摂ってもらいたい」という想いが込められています。

このトマトソースはテレビにも取り上げられるなど地域を問わず注目されており、全国から注文が殺到。気軽にトマトの栄養をまるごと取れるので、家族世帯はもちろん、一人暮らしをしている人にもおすすめです。

規格外のトマトも、かけた愛情や味は同じ。 トマトソースで味わいを楽しんでいただきたい

規格外のトマトも、かけた愛情や味は同じ。 トマトソースで味わいを楽しんでいただきたい

このソースの原材料は、規格外になってしまった「日高村フルーツトマト」。

濱田さんの幼馴染で「日高わのわ会」事務局長の安岡さんが、規格外で捨てられそうになっているトマトを見て、“もったいない!”と言ったのをきっかけに、「日高わのわ会」が運営する喫茶店でオリジナルのトマトソースをつくり、目玉商品のパスタとして提供しはじめました。このパスタが“美味しい”と村民から大評判で、「パスタソースを販売して欲しい」という声が続出したため、全国への発信を始めました。

「手間暇かけてつくった“手づくり”の味を、簡単に楽しめるトマトソースは、それだけで食卓を楽しませてくれます。日高村のトマト100%だから味や甘みはそのままですが、生のトマトより長持ちしますし、“今日はちょっとつくるのが大変”という日はお手軽パスタに、“あと一品”というときは、残り野菜と和えてもいいですね、今の時期ならお鍋の〆をトマト雑炊にして、チーズをのせると最高!」と安岡さんは話します。

日高村のみんなの“愛情”たっぷりのトマトとソースをお届けします

日高村のみんなの“愛情”たっぷりのトマトとソースをお届けします

「このフルーツトマトとトマトソースは、わのわ会や村民のいろいろな人が関わって完成した、村の財産。あったかい日光と、あったかい人らに育てられたトマトはね、どこよりも美味しい自信がありますね。それに、トマトは僕らの子どもみたいなもん。毎日、声かけて、大事に育ててきたから、我が子は特にかわいいね。トマトが好きな人はもちろん、今までトマトがなんとなく苦手だったという人も、一度僕たちのトマトを食べてみてほしいなぁ」

と濱田さんは笑顔で語ってくれました。

みなさまからのご登録、お待ちしています!

コース一覧

「日高村フルーツトマト1㎏(12玉程度)」コース

3,500 円
(消費税・送料込み)
コース内容

商品:フルーツトマト / 1kg(12玉前後)

時期:2019年3月15日~31日

※ご希望の時間帯のみご指定いただけます。日にちの指定はできません。出荷時期になりましたら、ご指定方法をメールにてご案内致します。

「日高村フルーツトマト1㎏(12玉程度)&3種のトマトソース」コース

4,500 円
(消費税・送料込み)
コース内容

商品:
・フルーツトマト / 1kg(12玉前後)
・トマトソース(100g)
・ピザソース(100g)
・パスタソース(100g )

時期:2019年3月15日~31日

※ご希望の時間帯のみご指定いただけます。日にちの指定はできません。出荷時期になりましたら、ご指定方法をメールにてご案内致します。

全コース共通事項
▼ オーナー契約期間
2019年9月3日 まで

▼加工品の表示について

・真っ赤なトマトのピザソース
- 原材料名:トマト(高知県日高村産)、玉葱、オリーブオイル、にんにく、砂糖、食塩、ホワイトペッパー、バジル、パセリ、ローレル
- 内容量:100g
- 製造者:NPO法人日高わのわ会 高知県高岡郡日高村本村8

・真っ赤に熟したトマトソース
- 原材料名:トマト(高知県日高村産)、玉葱、オリーブオイル、にんにく、砂糖、食塩、ホワイトペッパー、バジル、パセリ、オレガノ、ローレル
- 内容量:100g
- 製造者:NPO法人日高わのわ会 高知県高岡郡日高村本村8

・真っ赤なトマトのパスタソース
- 原材料名:トマト(高知県日高村産)、玉葱、オリーブオイル、白ワイン、にんにく、コンソメ、砂糖、食塩、ホワイトペッパー、ブラックペッパー、バジル、パセリ、オレガノ、ローレル、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酸味料、(原材料の一部に乳、小麦、大豆、鶏肉、牛肉を含む)
- 内容量:100g
- 製造者:NPO法人日高わのわ会 高知県高岡郡日高村本村8

特定商取引に関する表記

\このあたりで作ってます!/

高知県高岡郡日高村
こちらのプランの募集は終了しました
募集締切
03月03日
3,500円〜
(税・送料込)
NPO法人日高わのわ会

トマトらしい甘みと酸味を堪能!「日高村フルーツトマト」

ココがおすすめ!3つのPOINT

ココがおすすめ!3つのPOINT

★イチゴのように甘く、トマトらしい酸味もあわせ持ったフルーツトマト
★栽培期間中は農薬を全く使用していないので、安心して丸かじりOK!
★百貨店のバイヤーもこぞって求める実力派

--------------------------------------
こんなあなたにおすすめ!
--------------------------------------
#トマトが大好き
#トマトは甘いだけじゃなくて酸味とのバランスが大事
#味の濃いトマトをたっぷり食べたい

--------------------------------------
お届け予定日 
--------------------------------------
2019年3月15~31日にお届け
★ご希望の時間帯のみご指定いただけます。日にちの指定はできません。

--------------------------------------
2つのコースから選べます
--------------------------------------
1)日高村フルーツトマト1㎏(12玉程度)
2)日高村フルーツトマト1㎏(12玉程度)&3種のトマトソース

高知の元気印!濱田さんが作る「日高村フルーツトマト」をご紹介

高知の元気印!濱田さんが作る「日高村フルーツトマト」をご紹介

こんにちは!「日高わのわ会」のメンバーの小野かおり(おの かおり)です。私はボランティアの一環でここ、高知県日高村(ひだかむら)を訪れ好きになり、2年前に東京から移住しました。

今回ご紹介するのは「日高村わのわ会」の一員である濱田農園の2代目農場主、濱田善久(はまだ よしひさ)さんが作る「日高村フルーツトマト」。

濱田さんの高知県民らしい、元気で豪快な人柄は村民からも人気で、家族と一緒にトマトづくりに専念する一方、福祉や生活サービス、喫茶を運営するNPO法人「日高わのわ会」の理事長も務めてらっしゃいます。実はプライベートではバンドでドラマーとしても活動しているという、快活な一面もある楽しい方です。

甘みと酸味の絶妙バランスが旨みを濃くする!フルーツトマト

甘みと酸味の絶妙バランスが旨みを濃くする!フルーツトマト

そんな濱田さんが作るトマトの最大の特長は、なんといってもそのコクと旨み!甘みだけでなくほどよい酸味もあり、その絶妙なバランスがトマトの深いコクを生み出すのです。トマトらしいフレッシュで濃厚な旨みをしっかり楽しめるところが、トマト好きの方々に支持されています。

「日経MJ」による百貨店・スーパーのバイヤー調査(2017年7月31日掲載)で、25品種のブランドトマトから1位になった実績もある“味”が自慢です。

トマトの楽園・高知県日高村から届く、おいしい旬のお便り

トマトの楽園・高知県日高村から届く、おいしい旬のお便り

日高村は、高知県の県都から車で約30分にある村。妙見山(みょうけんさん)や大堂山(おおどうやま)などの山々に囲まれ、四国三大河川のひとつ「仁淀川(によどがわ)」が流れる自然豊かな土地です。

交通の便の良さや自然に囲まれた環境は都心部から移住してくる方にも注目されており、“ほどよい田舎”と称されています。盆地であるため寒暖差は激しく、日本有数の日照時間の長さを誇るその気候が、おいしいトマトの栽培にはうってつけ。20軒以上の高糖度トマトを作る農家さんが集まるトマト団地と呼ばれる地域もあり、トマト村としてとっても有名です。

おしりの星マークがおいしさの証!ずっしり旨みがつまったトマト

おしりの星マークがおいしさの証!ずっしり旨みがつまったトマト

濱田さんのトマトを見てみると、おしりに星マークが。これがおいしさの“しるし”!トマトは水に浸けたら浮いてくるのが普通ですが、濱田さんのトマトは沈みます。果肉がギッシリと詰まっている証拠なのです。

トマトは夏の時期に30〜50日で収穫されるのが一般的ですが、濱田さんのトマトはあえて生育の遅い冬の時期に、約2倍の60〜70日かけてじっくり育てます。さらに、水分を制限することで旨みを極限まで凝縮させるのです。

この栽培期間と水分量の調整が非常に難しい!濱田さんは、お父さんの代から蓄積した経験と勘を引継ぎ、絶妙なタイミングを見計らいながら調整されているので、ここまでのおいしさを引き出すことができるのです。

“お世話をしすぎない”自然に近い環境が生んだ、 驚異的なおいしさ

“お世話をしすぎない”自然に近い環境が生んだ、 驚異的なおいしさ

「日高村フルーツトマト」が生まれたのは、約30年前。あるトマト農家さんが入院してしまい、例年と同じようにトマトの世話ができない時期がありました。しかしその年のトマトがいつもより数倍甘く、実は“世話をしすぎない”というのが、甘いトマトをつくる秘訣だと気づいたのがきっかけでした。

その出来事を機に、濱田さんのお父さんをはじめとする村の農家さんたちの「甘いトマトづくり」研究が始まりました。何度も試行錯誤を繰り返していく中で“高糖度トマト”の栽培方法を発見!村の特産にしようと活動を進めていきました。

トマトとは30年以上の長い付き合い。 信じているから、農薬は使わない

トマトとは30年以上の長い付き合い。 信じているから、農薬は使わない

濱田さんは、農薬は全く使っていないのだそうです。その理由を尋ねると、「トマトのこと、信じてるからね」と答えてくださいました。その信頼関係は、濱田さんのトマトとの接し方にもよく表れています。農園に入るときは必ずすべてのトマトに聞こえるよう「おはよう!」と大声で挨拶、そして仕事後に農園を出るときは「よろしく頼むで!」と手を振って帰るのです。

皮ごとそのまま食べるものだからこそ、ただおいしいだけでなく安心して食べられるトマトを食べていただきたいという濱田さんの想いがこもった一品なのです。

化学肥料は不使用、蜂の力を借りた自然受粉にこだわる

化学肥料は不使用、蜂の力を借りた自然受粉にこだわる

必要な時だけ有機肥料も入れていますが、もちろん化学肥料などは一切使いません。トマトが喜ぶ、自然のものだけを使っています。

受粉の仕方も自然受粉です。ある程度育ったタイミングで、マルハナ蜂の巣をビニールハウスに設置。箱の中の巣には200匹の働き蜂がおり、花粉を集める為にビニールハウスの中を飛び回り受粉をしてくれます。

母の味を再現した「日高村フルーツトマトの特製ソース」も一緒にお届け!

母の味を再現した「日高村フルーツトマトの特製ソース」も一緒にお届け!

今回は、トマトだけでなく3種のトマトソースも一緒にお届け。
-------------------------
◆かけるだけの「トマトソース」
◆のせるだけの「ピザソース」
◆まぜるだけの「パスタソース」
-------------------------
目指したのは、“お母さんが家族に食べさせてあげたい味”。子どもから大人まで楽しめるよう開発されました。

商品化に協力してくれたのは、日高村中の日高わのわ会の“お母さん”たちです。商品には、「どれだけ忙しくても、家族には体に良いものや栄養のあるものをしっかり摂ってもらいたい」という想いが込められています。

このトマトソースはテレビにも取り上げられるなど地域を問わず注目されており、全国から注文が殺到。気軽にトマトの栄養をまるごと取れるので、家族世帯はもちろん、一人暮らしをしている人にもおすすめです。

規格外のトマトも、かけた愛情や味は同じ。 トマトソースで味わいを楽しんでいただきたい

規格外のトマトも、かけた愛情や味は同じ。 トマトソースで味わいを楽しんでいただきたい

このソースの原材料は、規格外になってしまった「日高村フルーツトマト」。

濱田さんの幼馴染で「日高わのわ会」事務局長の安岡さんが、規格外で捨てられそうになっているトマトを見て、“もったいない!”と言ったのをきっかけに、「日高わのわ会」が運営する喫茶店でオリジナルのトマトソースをつくり、目玉商品のパスタとして提供しはじめました。このパスタが“美味しい”と村民から大評判で、「パスタソースを販売して欲しい」という声が続出したため、全国への発信を始めました。

「手間暇かけてつくった“手づくり”の味を、簡単に楽しめるトマトソースは、それだけで食卓を楽しませてくれます。日高村のトマト100%だから味や甘みはそのままですが、生のトマトより長持ちしますし、“今日はちょっとつくるのが大変”という日はお手軽パスタに、“あと一品”というときは、残り野菜と和えてもいいですね、今の時期ならお鍋の〆をトマト雑炊にして、チーズをのせると最高!」と安岡さんは話します。

日高村のみんなの“愛情”たっぷりのトマトとソースをお届けします

日高村のみんなの“愛情”たっぷりのトマトとソースをお届けします

「このフルーツトマトとトマトソースは、わのわ会や村民のいろいろな人が関わって完成した、村の財産。あったかい日光と、あったかい人らに育てられたトマトはね、どこよりも美味しい自信がありますね。それに、トマトは僕らの子どもみたいなもん。毎日、声かけて、大事に育ててきたから、我が子は特にかわいいね。トマトが好きな人はもちろん、今までトマトがなんとなく苦手だったという人も、一度僕たちのトマトを食べてみてほしいなぁ」

と濱田さんは笑顔で語ってくれました。

みなさまからのご登録、お待ちしています!

\このプランをシェア/
みんなのごちそうさま
みんなの応援
  • 去年も美味しかったです!今年も楽しみです!

  • 昨年も美味しく頂きました! 今年も宜しくお願いします! 3月下旬到着だと、大変ありがたいです(^_^;)

  • とっても甘そうなトマト!楽しみです!!^^

  • 届くのを楽しみにしております!

  • 日経MJで1位を取ったトマト…気になります!楽しみにしています🍅

  • 子供達に安心・安全で美味しいものを食べさせてあげたいので選ばせていただきました。 宜しくお願いします。

こんにちわー! 今日もせっせと、とまとのツタを一つ一つずらして、 お世話をしています。 ...
0
「最近、やっとトマトが美味しくなってきたで!っ」と、笑顔で語る、わのわの理事長はまださん。 だ ...
4
こんにちは! トマトといえば、イタリア! ということで、イタリア大使館に、うちのトマトがいき ...
0
\このあたりで作ってます!/
高知県高岡郡日高村