OWNERS | オーナー制度プラットフォーム OWNERS(オーナーズ)

こちらのプランの募集は終了しました

貴重な旬を味わう「春しいたけ」秋より芳醇で肉厚!

仲しい茸園
location_icon 兵庫県川辺郡猪名川町
登録価格
3,500 円 〜 (税・送料込み)
募集締切
02月14日
ココがおすすめ!3つのPOINT

ココがおすすめ!3つのPOINT

★秋しいたけよりも肉厚で歯ごたえあり!
★露地栽培の原木しいたけだからこそ楽しめる旬の春しいたけ
★鮮度を大切に、収穫した当日に発送。森の香りを感じてください

--------------------------------------
こんなあなたにおすすめ!
--------------------------------------
#しいたけに目がない
#春にもしいたけの旬があるって知らなかった!
#肉厚ぷりっぷりのしいたけを食べたい!
#春の訪れを感じさせる旬の食材を食べたい!

--------------------------------------
お届け予定日 
--------------------------------------
2019年2月下旬より順次

★お届け日時は指定できません。

--------------------------------------
お届け商品
--------------------------------------
春の原木しいたけ / 450g(12~13個)

春しいたけは一年で一番肉厚&ぷりぷり歯ごたえ!

春しいたけは一年で一番肉厚&ぷりぷり歯ごたえ!

こんにちは、兵庫県のしいたけ農家「仲しい茸園(なかしいたけえん)」の仲 守(なか まもる)です。突然ですが、しいたけの旬と聞いてイメージする季節はいつでしょうか。「キノコといえば秋」と思った人がいたのでは。でも、私たち仲しい茸園がおすすめするしいたけの旬は実は春。冬は寒さで成長が遅くなる分、ゆっくり育った春しいたけは一年で一番肉厚でぷりぷりの歯ごたえになるのです。さらにかかった時間分、濃厚な味が楽しめます。そんなおいしい春しいたけですが、旬がない菌床しいたけではその醍醐味を楽しむことができません。今回は、露地で原木栽培をしている仲しい茸園だからこそお届けできる旬の「春しいたけ」の魅力とそのワケを紹介します。

旬が感じられるのは、露地の原木栽培を採用しているから

旬が感じられるのは、露地の原木栽培を採用しているから

私たち「仲しい茸園」は、兵庫県と大阪府の境にある兵庫県猪名川町でしいたけの原木栽培に取り組んでいます。原木栽培そのものはハウスを使うことで通年栽培が可能ですが、露地(森の中)の原木栽培は秋から春にかけてしか収穫できません。食材本来が持つ旬を楽しむことはもちろん、ハウス栽培に比べ力強い食感で木の香りが感じられるしいたけは肉厚で芳醇。木の皮を突き破り成長するため、歯ごたえある軸までもが非常においしいのです。

ゆっくり時間をかけるからこそ春しいたけはおいしさが詰まっています

ゆっくり時間をかけるからこそ春しいたけはおいしさが詰まっています

原木栽培では、クヌギやコナラなどの木を1mほどに切った原木に菌種を植え付けます。 それを1年半ほど培養することで榾木(ほたぎ)とし、その榾木から椎茸が生えてくる、という手法です。菌床栽培と比べ、菌床を作るのにかかる時間はなんと3倍。また露地栽培は、気温10度以下の状態で、温度の変化による刺激を与えることで、秋から春先にかけてしいたけが成長していきます。春しいたけは自然に任せて特にゆっくり育てるので、冬は1カ月以上かけ、ようやく収穫できるのです。

貴重な春しいたけ「春子」を特別体験付きでお届け!

貴重な春しいたけ「春子」を特別体験付きでお届け!

仲しい茸園のしいたけは高級レストランで使われたり、こだわりが強い八百屋さんで販売したりしています。でも春しいたけ「春子」は、なかなか手に入らないものです。それは旬の季節が2~3月と非常に短く、数も限られているため。そんな貴重な「春子」を味わいたいなら、今がチャンスです。今回お届けするのは、笠が6cm以上の大きなものだけを選別。収穫したその日に発送します。まずは箱を開けた瞬間、あふれ出る森の香りをお楽しみください。さらにOWNERSのオーナー特典として、しいたけ狩り体験もご用意しています。

シンプルに焼くだけで美味!春食材と組み合わせるのもおすすめ

シンプルに焼くだけで美味!春食材と組み合わせるのもおすすめ

自然の恵みが詰まった「春子」は、まずはシンプルにグリルやソテーで味わってください。鮮度のよいしいたけは、焼くととてもおいしく食べられます。まずは軸を下にして、その後ひっくり返して焼いたら、塩と柚子を振って召し上がれ。しいたけの生臭さはなく、うま味と歯ごたえを存分に堪能できます。また、せっかくなら春食材と組み合わせるのもおすすめ。同じく春に旬を迎える山菜やアサリ、ホタルイカなどと一緒に炊き込みごはんやアヒージョ、オープンサンドなどを作れば、食卓に華やかな春が訪れます。

里山と共存する農業で生まれたしいたけ

里山と共存する農業で生まれたしいたけ

かつてこの地域では、炭を生産する林業が盛んでしたが、プロパンガスが普及することで採算が合わなくなりました。そこで、これまで炭に使われてきた原木に菌を植えてしいたけを栽培するようになり一つの産地として成長したのです。中でも最初にしいたけの栽培を取り入れたのが、仲しい茸園です。そんな私たちが目指すのは、里山と共存する農業。例えば榾木に利用される原木は、地元兵庫猪名川町や近郊産地のもののみを利用しています。これは地元の林業に携わる方と共存し、山を健全な状態で維持し、里山の景観を守っていくためです。

里山の恵みを無駄にすることなく詰まった「春子」を堪能あれ!

里山の恵みを無駄にすることなく詰まった「春子」を堪能あれ!

役目を終えた原木は、冬のハウスを温める薪として使用することで、自然の恵みを無駄なく活用しています。さらに私たちが栽培するしいたけは、猪名川町の全小学校・中学校の給食にも採用されています。そんな長年にわたる地元への貢献が認められ、2017年5月には日本特用林産振興会から椎茸分野における特用林産功労賞受賞者として表彰されました。

私たちがお届けするのは、猪名川町の里山の恵みがぎゅっと詰まったしいたけです。わずかな時期しか食べることができない春しいたけ「春子」をぜひ、この機会に味わってください!

コース詳細

「春の肉厚原木しいたけ450g」コース

3,500 円
(消費税・送料込み)
コース内容

商品:春の原木しいたけ / 450g(12~13個)

時期:2月下旬より順次お届け

※お届け日時は指定できません。発送時期は事前に手づくり日誌にてご案内いたします。

オーナー特典

現地での収穫体験をしていただけます。
期間は2019年3月下旬から11月初旬まで。
ご希望の方はお申込みの際に備考欄に「特典希望」とご記載ください。

その他プランの説明
▼ オーナー契約期間
2019年7月31日 まで


特定商取引に関する表記

\このあたりで作ってます!/

兵庫県川辺郡猪名川町
こちらのプランの募集は終了しました
募集締切
02月14日
3,500円〜
(税・送料込)
仲しい茸園

貴重な旬を味わう「春しいたけ」秋より芳醇で肉厚!

ココがおすすめ!3つのPOINT

ココがおすすめ!3つのPOINT

★秋しいたけよりも肉厚で歯ごたえあり!
★露地栽培の原木しいたけだからこそ楽しめる旬の春しいたけ
★鮮度を大切に、収穫した当日に発送。森の香りを感じてください

--------------------------------------
こんなあなたにおすすめ!
--------------------------------------
#しいたけに目がない
#春にもしいたけの旬があるって知らなかった!
#肉厚ぷりっぷりのしいたけを食べたい!
#春の訪れを感じさせる旬の食材を食べたい!

--------------------------------------
お届け予定日 
--------------------------------------
2019年2月下旬より順次

★お届け日時は指定できません。

--------------------------------------
お届け商品
--------------------------------------
春の原木しいたけ / 450g(12~13個)

春しいたけは一年で一番肉厚&ぷりぷり歯ごたえ!

春しいたけは一年で一番肉厚&ぷりぷり歯ごたえ!

こんにちは、兵庫県のしいたけ農家「仲しい茸園(なかしいたけえん)」の仲 守(なか まもる)です。突然ですが、しいたけの旬と聞いてイメージする季節はいつでしょうか。「キノコといえば秋」と思った人がいたのでは。でも、私たち仲しい茸園がおすすめするしいたけの旬は実は春。冬は寒さで成長が遅くなる分、ゆっくり育った春しいたけは一年で一番肉厚でぷりぷりの歯ごたえになるのです。さらにかかった時間分、濃厚な味が楽しめます。そんなおいしい春しいたけですが、旬がない菌床しいたけではその醍醐味を楽しむことができません。今回は、露地で原木栽培をしている仲しい茸園だからこそお届けできる旬の「春しいたけ」の魅力とそのワケを紹介します。

旬が感じられるのは、露地の原木栽培を採用しているから

旬が感じられるのは、露地の原木栽培を採用しているから

私たち「仲しい茸園」は、兵庫県と大阪府の境にある兵庫県猪名川町でしいたけの原木栽培に取り組んでいます。原木栽培そのものはハウスを使うことで通年栽培が可能ですが、露地(森の中)の原木栽培は秋から春にかけてしか収穫できません。食材本来が持つ旬を楽しむことはもちろん、ハウス栽培に比べ力強い食感で木の香りが感じられるしいたけは肉厚で芳醇。木の皮を突き破り成長するため、歯ごたえある軸までもが非常においしいのです。

ゆっくり時間をかけるからこそ春しいたけはおいしさが詰まっています

ゆっくり時間をかけるからこそ春しいたけはおいしさが詰まっています

原木栽培では、クヌギやコナラなどの木を1mほどに切った原木に菌種を植え付けます。 それを1年半ほど培養することで榾木(ほたぎ)とし、その榾木から椎茸が生えてくる、という手法です。菌床栽培と比べ、菌床を作るのにかかる時間はなんと3倍。また露地栽培は、気温10度以下の状態で、温度の変化による刺激を与えることで、秋から春先にかけてしいたけが成長していきます。春しいたけは自然に任せて特にゆっくり育てるので、冬は1カ月以上かけ、ようやく収穫できるのです。

貴重な春しいたけ「春子」を特別体験付きでお届け!

貴重な春しいたけ「春子」を特別体験付きでお届け!

仲しい茸園のしいたけは高級レストランで使われたり、こだわりが強い八百屋さんで販売したりしています。でも春しいたけ「春子」は、なかなか手に入らないものです。それは旬の季節が2~3月と非常に短く、数も限られているため。そんな貴重な「春子」を味わいたいなら、今がチャンスです。今回お届けするのは、笠が6cm以上の大きなものだけを選別。収穫したその日に発送します。まずは箱を開けた瞬間、あふれ出る森の香りをお楽しみください。さらにOWNERSのオーナー特典として、しいたけ狩り体験もご用意しています。

シンプルに焼くだけで美味!春食材と組み合わせるのもおすすめ

シンプルに焼くだけで美味!春食材と組み合わせるのもおすすめ

自然の恵みが詰まった「春子」は、まずはシンプルにグリルやソテーで味わってください。鮮度のよいしいたけは、焼くととてもおいしく食べられます。まずは軸を下にして、その後ひっくり返して焼いたら、塩と柚子を振って召し上がれ。しいたけの生臭さはなく、うま味と歯ごたえを存分に堪能できます。また、せっかくなら春食材と組み合わせるのもおすすめ。同じく春に旬を迎える山菜やアサリ、ホタルイカなどと一緒に炊き込みごはんやアヒージョ、オープンサンドなどを作れば、食卓に華やかな春が訪れます。

里山と共存する農業で生まれたしいたけ

里山と共存する農業で生まれたしいたけ

かつてこの地域では、炭を生産する林業が盛んでしたが、プロパンガスが普及することで採算が合わなくなりました。そこで、これまで炭に使われてきた原木に菌を植えてしいたけを栽培するようになり一つの産地として成長したのです。中でも最初にしいたけの栽培を取り入れたのが、仲しい茸園です。そんな私たちが目指すのは、里山と共存する農業。例えば榾木に利用される原木は、地元兵庫猪名川町や近郊産地のもののみを利用しています。これは地元の林業に携わる方と共存し、山を健全な状態で維持し、里山の景観を守っていくためです。

里山の恵みを無駄にすることなく詰まった「春子」を堪能あれ!

里山の恵みを無駄にすることなく詰まった「春子」を堪能あれ!

役目を終えた原木は、冬のハウスを温める薪として使用することで、自然の恵みを無駄なく活用しています。さらに私たちが栽培するしいたけは、猪名川町の全小学校・中学校の給食にも採用されています。そんな長年にわたる地元への貢献が認められ、2017年5月には日本特用林産振興会から椎茸分野における特用林産功労賞受賞者として表彰されました。

私たちがお届けするのは、猪名川町の里山の恵みがぎゅっと詰まったしいたけです。わずかな時期しか食べることができない春しいたけ「春子」をぜひ、この機会に味わってください!

\このプランをシェア/
みんなのごちそうさま
みんなの応援
  • 春のしいたけが美味しいとは知りませんでした!しいたけ大好きなので、とても楽しみです😃

  • いつも期待を裏切らない激うましいたけ、楽しみにしてます ^^

  • キノコが大好きなのでワクワクしながらお待ちしています。生産してくださってありがとうございます!

2018年のプランの発送すべて終了致しました。 ありがとうございました! 「みんなの応援みんなの ...
2
オーナーの皆様 今年もたくさんの方にオーナーになっていただき、ご支援本当にありがとうございます。1 ...
2
オーナーの皆様 こんにちは!急に寒くなりましたが、体調を崩されていませんか? 仲しい茸園では、冬 ...
0
\このあたりで作ってます!/
兵庫県川辺郡猪名川町