OWNERS | オーナー制度プラットフォーム OWNERS(オーナーズ)

年末のご馳走に大和肉鶏を。健康的に育てられた奈良の地鶏

株式会社雅 chick farm
location_icon 奈良県奈良市
登録価格
6,000 円 〜 (税・送料込み)
募集締切
11月25日
年末に向けて奈良から大和肉鶏をお届け

年末に向けて奈良から大和肉鶏をお届け

はじめまして、「大和肉鶏」を育てる「雅 chick farm」の中家雅人(なかいえまさと)です。

今回は、奈良の食を紹介する「奈良食べる通信」の協力を得て、OWNERSで大和肉鶏のオーナープランを作ることになりました。クリスマスや年末の集まりに、奈良県が認定するブランド地鶏である、大和肉鶏を使った料理を作ってみてはいかがでしょうか。

ここからは、雅 chick farmをよく知る「奈良食べる通信」に紹介してもらいます。

パーティーを盛り上げる、希少な大和肉鶏

パーティーを盛り上げる、希少な大和肉鶏

こんにちは、奈良の生産者と消費者を繋げるメディア「奈良食べる通信」です。

今回は、年末年始に向けて、奈良の大和肉鶏をご紹介します。
大和肉鶏は、肥育期間の長さや生産数の少なさから、高額で取り引きされる高級肉鶏。モモ、ムネ、ササミの部位に分けてお届けします。クリスマスらしいご馳走にも、年末に人が集まる日の料理にも、ぴったりの食材です。

120日以上かけて飼育される奈良の地鶏

120日以上かけて飼育される奈良の地鶏

大和肉鶏は、奈良県のブランド地鶏です。一般的に目にするブロイラーが出荷まで60日前後なのに対し、120日以上かけて飼育されます。また、換気設備を備えた密閉型の鶏舎で平飼いされ、飼育密度は1坪に対して25~30羽とストレスのない環境にすることなど、ブランド地鶏であるためにさまざまなことが定められています。

中家さんの大和肉鶏は、ほかの生産者と品種は同じなのに、品質が高いと言われています。一体どのように育っているのか知るために、ある日の作業に同行しました。

30代で新規就農。農場ごと引き継ぐ

30代で新規就農。農場ごと引き継ぐ

中家雅人さんは、大和郡山市出身。専門学校を卒業して会社に勤めるなかで、「自ら何かをやりたい」という思いが募ります。

そのなかでこの道を選んだのは、東日本大震災がきっかけ。「震災時、いろいろなものが不足していた状況を見て、食べ物が一番大事だと思った」と話します。そうして養鶏の道へと踏み出したのが、33歳のときでした。

最初に2カ所で研修を受けたあと、さらに「物集女養鶏場」で研修し、引き継ぐことを前提にもう1年延長。2015年1月に、オーナーの引退により農場ごと引き継ぎます。

農業と違い、畜産は新規が難しい分野です。初期投資が大きく個人資金では始められないことが、大きな理由です。血縁者でない人が継ぐというのも、事例がありませんでした。

弟の智(さとし)さんも、雅人さんが始めて4ヶ月してから参加します。

毎日の作業は淡々と、丁寧に

毎日の作業は淡々と、丁寧に

「鶏を絞めるのは、正直、最初は嫌でしたよ。自分が育てた鶏を殺すわけですから。でも、自分が育てたからこそ、最後まで面倒みなければ、という思いもあります」。

こう話す中家さんの作業は、淡々と、そして丁寧に行われます。

作業が始まるのは、毎朝4時30分。
鶏舎から出した鶏は、まず首に刃を入れて、毛をむしり、切り分けて骨と内蔵を取り除きます。このとき、智さんとの役割は決まっているので、言葉を交わさずともスムーズに作業が進んでいきます。

照度と飼料による、ストレスがない工夫

照度と飼料による、ストレスがない工夫

さばきを終えると、鶏舎の見回りへ。暗い部屋で育てるので、照度の調整は重要な仕事です。和肉鶏には軍鶏の血が入っているため闘争心が強く、明るい場所だとケンカしてしまうのだそう。

飼料は大和肉鶏専用のものがありますが、何を足すかは生産者に委ねられています。中家さんが選んだのは、乳酸菌と糸状菌、そして枯草菌。これを加えることで鶏が飼料をよく食べるようになり、整腸作用もあるので健康に育つようになったそうです。また、整腸作用のおかげで、鶏舎も清潔に保たれます。

健康だから美味しい

健康だから美味しい

最低でも1日3回は見回って、鶏の様子を確認しています。鶏は寒さに弱いですが、風邪で薬を投与するなどは避けたいので、余計なものを与えなくてすむように健康に育つのが一番だと考えています。

鶏のストレスを軽減することが、健康に育てることへの土台になっているのです。中家さんの大和肉鶏の品質が評価されるのは、「健康だから美味しい」という理由なのでしょう。

モモ、ムネ、ササミをセットに

モモ、ムネ、ササミをセットに

今回は、雅 chick farmの大和肉鶏を、モモ、ムネ、ササミをセットにして1羽分、または半羽分をお届けします。

県内のシェフからも、「脂の甘み、旨味、コクを感じられ、あとから肉の旨味がついてくる。肉自体は繊細だが、全体として個性は強い」と評価されている味。ぜひオーナーになって、ご自宅でも召し上がってみてください。

中家さんのおすすめは、最初にまず大和肉鶏を少量、フライパンやグリルで焼いて、塩で味を加えて味見してみること。スーパーで売られているものとの味の違いを感じてもらえるのでは、と話します。

新鮮なので少しレアで食べるのも格別の味

新鮮なので少しレアで食べるのも格別の味

焼きすぎると硬くなってしまいます。新鮮な鶏肉なので、少々レアなのがよいそうです。

日頃から美味しい食べ方を模索している中家さんによると、低温調理器具をもっていれば、52度設定で2時間ほど加熱してから、フライパン、または直火や炭火で皮目をゆっくり焼いて裏返し、鶏肉の火の通りを調整しながら仕上げると、皮はパリパリ、肉はジューシーで柔らかいが弾力も持ち合わせた仕上がりになります。

ほかにも、白味噌や塩こうじに1~2日程度漬け込んでから焼いたり、オーブンなどで骨付きモモ肉のローストチキンにしたり、ムネ肉を食べやすい大きさに切って、天ぷらにして食べるのも美味しいそうです。

ぜひ、丁寧に健康的に育てられた、雅 chick farmの大和肉鶏のオーナーになってみませんか。

ぜひ、丁寧に健康的に育てられた、雅 chick farmの大和肉鶏のオーナーになってみませんか。

最後に、中家さんから皆さんにメッセージです。

生き物が生きるためには、生き物を食します。食す物は全て、元々は生きていた植物、動物です。そしてその食した物が分解され栄養となり身体を作ります。

「健全なる精神は健全なる身体に宿る」です。

ぜひ、食べた物で身体が出来ているということを意識して、良いものを身体に取り入れてほしいと思います。

コース一覧

「大和肉鶏1羽」コース

11,000 円
(消費税・送料込み)
このコースに申し込む

コース内容

商品:大和肉鶏1羽セット
・骨付きモモ肉
・ムネ肉
・ササミ
・手羽元
・手羽先
 計1.6kg~1.8kg

時期:12月上旬より順次お届け

※お届け日時は指定可能です。出荷時期になりましたら、ご指定方法をメールにてご案内致します。

「大和肉鶏半羽」コース

6,000 円
(消費税・送料込み)
このコースに申し込む

コース内容

商品:大和肉鶏半羽セット
・骨付きモモ肉
・ムネ肉
・ササミ
・手羽元
・手羽先
 計800g~1kg

時期:12月上旬より順次お届け

※お届け日時は指定可能です。出荷時期になりましたら、ご指定方法をメールにてご案内致します。

全コース共通事項
▼ オーナー契約期間
2019年5月25日 まで

真空パックで冷凍配送いたします

特定商取引に関する表記

\このあたりで作ってます!/

申し込む
募集締切
11月25日
6,000円〜
(税・送料込)
株式会社雅 chick farm

年末のご馳走に大和肉鶏を。健康的に育てられた奈良の地鶏

年末に向けて奈良から大和肉鶏をお届け

年末に向けて奈良から大和肉鶏をお届け

はじめまして、「大和肉鶏」を育てる「雅 chick farm」の中家雅人(なかいえまさと)です。

今回は、奈良の食を紹介する「奈良食べる通信」の協力を得て、OWNERSで大和肉鶏のオーナープランを作ることになりました。クリスマスや年末の集まりに、奈良県が認定するブランド地鶏である、大和肉鶏を使った料理を作ってみてはいかがでしょうか。

ここからは、雅 chick farmをよく知る「奈良食べる通信」に紹介してもらいます。

パーティーを盛り上げる、希少な大和肉鶏

パーティーを盛り上げる、希少な大和肉鶏

こんにちは、奈良の生産者と消費者を繋げるメディア「奈良食べる通信」です。

今回は、年末年始に向けて、奈良の大和肉鶏をご紹介します。
大和肉鶏は、肥育期間の長さや生産数の少なさから、高額で取り引きされる高級肉鶏。モモ、ムネ、ササミの部位に分けてお届けします。クリスマスらしいご馳走にも、年末に人が集まる日の料理にも、ぴったりの食材です。

120日以上かけて飼育される奈良の地鶏

120日以上かけて飼育される奈良の地鶏

大和肉鶏は、奈良県のブランド地鶏です。一般的に目にするブロイラーが出荷まで60日前後なのに対し、120日以上かけて飼育されます。また、換気設備を備えた密閉型の鶏舎で平飼いされ、飼育密度は1坪に対して25~30羽とストレスのない環境にすることなど、ブランド地鶏であるためにさまざまなことが定められています。

中家さんの大和肉鶏は、ほかの生産者と品種は同じなのに、品質が高いと言われています。一体どのように育っているのか知るために、ある日の作業に同行しました。

30代で新規就農。農場ごと引き継ぐ

30代で新規就農。農場ごと引き継ぐ

中家雅人さんは、大和郡山市出身。専門学校を卒業して会社に勤めるなかで、「自ら何かをやりたい」という思いが募ります。

そのなかでこの道を選んだのは、東日本大震災がきっかけ。「震災時、いろいろなものが不足していた状況を見て、食べ物が一番大事だと思った」と話します。そうして養鶏の道へと踏み出したのが、33歳のときでした。

最初に2カ所で研修を受けたあと、さらに「物集女養鶏場」で研修し、引き継ぐことを前提にもう1年延長。2015年1月に、オーナーの引退により農場ごと引き継ぎます。

農業と違い、畜産は新規が難しい分野です。初期投資が大きく個人資金では始められないことが、大きな理由です。血縁者でない人が継ぐというのも、事例がありませんでした。

弟の智(さとし)さんも、雅人さんが始めて4ヶ月してから参加します。

毎日の作業は淡々と、丁寧に

毎日の作業は淡々と、丁寧に

「鶏を絞めるのは、正直、最初は嫌でしたよ。自分が育てた鶏を殺すわけですから。でも、自分が育てたからこそ、最後まで面倒みなければ、という思いもあります」。

こう話す中家さんの作業は、淡々と、そして丁寧に行われます。

作業が始まるのは、毎朝4時30分。
鶏舎から出した鶏は、まず首に刃を入れて、毛をむしり、切り分けて骨と内蔵を取り除きます。このとき、智さんとの役割は決まっているので、言葉を交わさずともスムーズに作業が進んでいきます。

照度と飼料による、ストレスがない工夫

照度と飼料による、ストレスがない工夫

さばきを終えると、鶏舎の見回りへ。暗い部屋で育てるので、照度の調整は重要な仕事です。和肉鶏には軍鶏の血が入っているため闘争心が強く、明るい場所だとケンカしてしまうのだそう。

飼料は大和肉鶏専用のものがありますが、何を足すかは生産者に委ねられています。中家さんが選んだのは、乳酸菌と糸状菌、そして枯草菌。これを加えることで鶏が飼料をよく食べるようになり、整腸作用もあるので健康に育つようになったそうです。また、整腸作用のおかげで、鶏舎も清潔に保たれます。

健康だから美味しい

健康だから美味しい

最低でも1日3回は見回って、鶏の様子を確認しています。鶏は寒さに弱いですが、風邪で薬を投与するなどは避けたいので、余計なものを与えなくてすむように健康に育つのが一番だと考えています。

鶏のストレスを軽減することが、健康に育てることへの土台になっているのです。中家さんの大和肉鶏の品質が評価されるのは、「健康だから美味しい」という理由なのでしょう。

モモ、ムネ、ササミをセットに

モモ、ムネ、ササミをセットに

今回は、雅 chick farmの大和肉鶏を、モモ、ムネ、ササミをセットにして1羽分、または半羽分をお届けします。

県内のシェフからも、「脂の甘み、旨味、コクを感じられ、あとから肉の旨味がついてくる。肉自体は繊細だが、全体として個性は強い」と評価されている味。ぜひオーナーになって、ご自宅でも召し上がってみてください。

中家さんのおすすめは、最初にまず大和肉鶏を少量、フライパンやグリルで焼いて、塩で味を加えて味見してみること。スーパーで売られているものとの味の違いを感じてもらえるのでは、と話します。

新鮮なので少しレアで食べるのも格別の味

新鮮なので少しレアで食べるのも格別の味

焼きすぎると硬くなってしまいます。新鮮な鶏肉なので、少々レアなのがよいそうです。

日頃から美味しい食べ方を模索している中家さんによると、低温調理器具をもっていれば、52度設定で2時間ほど加熱してから、フライパン、または直火や炭火で皮目をゆっくり焼いて裏返し、鶏肉の火の通りを調整しながら仕上げると、皮はパリパリ、肉はジューシーで柔らかいが弾力も持ち合わせた仕上がりになります。

ほかにも、白味噌や塩こうじに1~2日程度漬け込んでから焼いたり、オーブンなどで骨付きモモ肉のローストチキンにしたり、ムネ肉を食べやすい大きさに切って、天ぷらにして食べるのも美味しいそうです。

ぜひ、丁寧に健康的に育てられた、雅 chick farmの大和肉鶏のオーナーになってみませんか。

ぜひ、丁寧に健康的に育てられた、雅 chick farmの大和肉鶏のオーナーになってみませんか。

最後に、中家さんから皆さんにメッセージです。

生き物が生きるためには、生き物を食します。食す物は全て、元々は生きていた植物、動物です。そしてその食した物が分解され栄養となり身体を作ります。

「健全なる精神は健全なる身体に宿る」です。

ぜひ、食べた物で身体が出来ているということを意識して、良いものを身体に取り入れてほしいと思います。

\このプランをシェア/
みんなのごちそうさま
みんなの応援
  • クリスマスが楽しみです。 これから寒くなりますが、頑張ってください。

  • 楽しみに待ってます!

  • 食べ方を考えながら、楽しみに待っています。

\このあたりで作ってます!/