OWNERS | オーナー制度プラットフォーム OWNERS(オーナーズ)

年末年始に!老舗りんご園からの縁起物・紅白りんご

釈迦のりんご園
location_icon 青森県平川市広船広沢
登録価格
3,600 円 〜 (税・送料込み)
募集締切
11月20日
毎回好評をいただいている「釈迦のりんご園」から年末年始特別プランが初登場

毎回好評をいただいている「釈迦のりんご園」から年末年始特別プランが初登場

こんにちは、「釈迦のりんご園」四代目の工藤峰之(くどう・たかゆき)です。「ひと口食べただけでおいしさが分かるりんごを作りたい」という思いで、りんご作りに取り組んでいます。そんな私たちが今回用意したのは、年末年始にぴったりの縁起物「紅白りんご」。通常のサンふじとは一線を画す「葉とらずサンふじ」と食べ応えとジューシーな甘味が堪らない「王林」のセットです。集まった家族や親せきの皆さんと、ぜひ食べ比べを楽しんでください。

※ページ上部の画像はイメージです。

農林水産大臣賞が続出、りんご作りの秘境・青森県広船地区

農林水産大臣賞が続出、りんご作りの秘境・青森県広船地区

「釈迦のりんご園」があるのは、青森県平川市の中心部、広船地区。知る人ぞ知るりんごの産地です。標高150mの場所にある広船地区はりんご作りにぴったりの場所。冷涼な空気と昼夜の寒暖差、水はけがよい斜面で太陽の光をたっぷり浴びることができるため、収穫直前まで栄養を蓄えたりんごが生まれます。さらに先人たちの知恵と苦労を継承することで、上質なりんご作りが実現しました。青森県のりんご品評会の地域部門のなかでも、最高賞である「農林水産大臣賞」を過去数十回にわたって受賞しています。

120年尽きることがない探求心で「日本一のりんご園」に

120年尽きることがない探求心で「日本一のりんご園」に

釈迦のりんご園が開園したのは1899年。当時は小さな農園でしたが、来年開園120年を迎え、東京ドーム並みの広さになりました。およそ120年、私たちの技術や品質への探求心は尽きることはありません。結果りんご品評会の個人の部では、日本で唯一、祖父の代から三代続けて最高賞の「全県第一等席」を受賞。これはりんご農家であれば誰もが憧れる最大の栄誉。りんご王国青森で開催され一流の生産者が集まる大会での一番は、私たちが「日本一のりんご農家」である証なのです。

縁起物の「紅白りんご」を三世代で食べ比べ

縁起物の「紅白りんご」を三世代で食べ比べ

今回用意したのは、赤い「葉とらずサンふじ」、白い「王林」の2品種をお届けする紅白りんごプランです。家族や親せきが集まる年末年始、縁起カラーの紅白りんごを囲んで三世代で食べ比べれば、にぎやかなお正月が迎えられそうです。お届けは、青森のねぶたがデザインされたインパクトあるオリジナルボックスで。また冷蔵庫で2週間持つので、すぐに食べなくても大丈夫。熨斗の準備もできるので、御年賀にもおすすめです。

酸味と甘みのバランスが最高潮「葉とらずサンふじ」

酸味と甘みのバランスが最高潮「葉とらずサンふじ」

「葉とらずサンふじ」は近年人気が出ている「葉取らず栽培」のりんごです。りんごにとって「葉」は命。その葉を出荷直前まで残すことで、光合成により甘さと蜜が増幅し、そのおいしさが最高潮に達するのです。りんごの皮に残った葉の影は、おいしさの目印。「葉とらずサンふじ」は、切る前から豊かな香りを放つほど熟成し、切れば詰まった蜜に最初の感動の声が。食べればジューシーな甘味、ほのかな酸味が口いっぱいに広がります。リピーター続出の逸品です。

「見た目」ではなく「味重視」で、本当においしいりんごを届けたい

「見た目」ではなく「味重視」で、本当においしいりんごを届けたい

食べた方からは高い評価をいただいている「葉とらずサンふじ」。しかし、皮に葉の影が付いてしまうことから、色がまだらで贈答には向かず、市場では規格外扱いになることもあります。そのため、この栽培方法を行う生産者は非常に少ないのです。しかし、OWNERSでは、事前に申し込んでいただけるからこそ、生産者としても安心して葉とらずりんごが栽培できます。私たちが手間と時間をかけた「葉とらずサンふじ」は一度食べたら病みつきになること間違いなし。この価値あるおいしさを楽しんでください!

りんごの王さまという思いを込めて名付けられた「王林」ですが、「軟らかい」「後味が気になる」など評判がよくないことも。でも本物の味は違います。パリッパリッの歯ごたえある食感、豊かな香りと強い甘味、そこにわずかな酸味が加わり絶妙なバランスでたまらない味です。スーパーなどで手に入りやすいものは、一番味が乗る手前で収穫、常温保存で一週間後、ようやく店頭に並ぶということもあり味が変わってしまうことも。本来の味を引き出し、収穫時期に徹底的にこだわった、本物の「王林」の味をぜひ確かめてください。

ひと口食べて違いが分かる感動のりんごを

ひと口食べて違いが分かる感動のりんごを

釈迦の生き方に感銘を受けたことから名付けられた「釈迦のりんご園」。原点を忘れることなく、りんご作りを通じて、後世まで語り継がれるような人間になり、自然と一体化したりんごを作りたいと考えています。「ひと口食べて違いが分かる、感動のりんごを作りたい」。その思いとリンゴにかける愛情は誰にも負けません。“日本一のりんご馬鹿”が作るりんごをぜひご賞味ください。

コース一覧

紅白りんご3kg(9~10個)コース

3,600 円
(消費税・送料込み)
このコースに申し込む

コース内容

商品:紅白りんご3kg(ふじ・王林 約9~10個)

時期:
①12/15~23着、②12/24~30着より順次お届け

※お届け日時は指定可能です。出荷時期になりましたら、ご指定方法をメールにてご案内致します。
※沖縄及び一部離島は配送対象外地域となります。あらかじめご了承ください。

紅白りんご5kg(16~18個)コース

5,400 円
(消費税・送料込み)
このコースに申し込む

コース内容

商品:紅白りんご5kg(ふじ・王林 約16~18個)

時期:
①12/15~23着、②12/24~30着より順次お届け

※お届け日時は指定可能です。出荷時期になりましたら、ご指定方法をメールにてご案内致します。
※沖縄及び一部離島は配送対象外地域となります。あらかじめご了承ください。

全コース共通事項
▼ オーナー契約期間
2019年5月20日 まで

生育状況によってお届け個数が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

特定商取引に関する表記

\このあたりで作ってます!/

申し込む
募集締切
11月20日
3,600円〜
(税・送料込)
釈迦のりんご園

年末年始に!老舗りんご園からの縁起物・紅白りんご

毎回好評をいただいている「釈迦のりんご園」から年末年始特別プランが初登場

毎回好評をいただいている「釈迦のりんご園」から年末年始特別プランが初登場

こんにちは、「釈迦のりんご園」四代目の工藤峰之(くどう・たかゆき)です。「ひと口食べただけでおいしさが分かるりんごを作りたい」という思いで、りんご作りに取り組んでいます。そんな私たちが今回用意したのは、年末年始にぴったりの縁起物「紅白りんご」。通常のサンふじとは一線を画す「葉とらずサンふじ」と食べ応えとジューシーな甘味が堪らない「王林」のセットです。集まった家族や親せきの皆さんと、ぜひ食べ比べを楽しんでください。

※ページ上部の画像はイメージです。

農林水産大臣賞が続出、りんご作りの秘境・青森県広船地区

農林水産大臣賞が続出、りんご作りの秘境・青森県広船地区

「釈迦のりんご園」があるのは、青森県平川市の中心部、広船地区。知る人ぞ知るりんごの産地です。標高150mの場所にある広船地区はりんご作りにぴったりの場所。冷涼な空気と昼夜の寒暖差、水はけがよい斜面で太陽の光をたっぷり浴びることができるため、収穫直前まで栄養を蓄えたりんごが生まれます。さらに先人たちの知恵と苦労を継承することで、上質なりんご作りが実現しました。青森県のりんご品評会の地域部門のなかでも、最高賞である「農林水産大臣賞」を過去数十回にわたって受賞しています。

120年尽きることがない探求心で「日本一のりんご園」に

120年尽きることがない探求心で「日本一のりんご園」に

釈迦のりんご園が開園したのは1899年。当時は小さな農園でしたが、来年開園120年を迎え、東京ドーム並みの広さになりました。およそ120年、私たちの技術や品質への探求心は尽きることはありません。結果りんご品評会の個人の部では、日本で唯一、祖父の代から三代続けて最高賞の「全県第一等席」を受賞。これはりんご農家であれば誰もが憧れる最大の栄誉。りんご王国青森で開催され一流の生産者が集まる大会での一番は、私たちが「日本一のりんご農家」である証なのです。

縁起物の「紅白りんご」を三世代で食べ比べ

縁起物の「紅白りんご」を三世代で食べ比べ

今回用意したのは、赤い「葉とらずサンふじ」、白い「王林」の2品種をお届けする紅白りんごプランです。家族や親せきが集まる年末年始、縁起カラーの紅白りんごを囲んで三世代で食べ比べれば、にぎやかなお正月が迎えられそうです。お届けは、青森のねぶたがデザインされたインパクトあるオリジナルボックスで。また冷蔵庫で2週間持つので、すぐに食べなくても大丈夫。熨斗の準備もできるので、御年賀にもおすすめです。

酸味と甘みのバランスが最高潮「葉とらずサンふじ」

酸味と甘みのバランスが最高潮「葉とらずサンふじ」

「葉とらずサンふじ」は近年人気が出ている「葉取らず栽培」のりんごです。りんごにとって「葉」は命。その葉を出荷直前まで残すことで、光合成により甘さと蜜が増幅し、そのおいしさが最高潮に達するのです。りんごの皮に残った葉の影は、おいしさの目印。「葉とらずサンふじ」は、切る前から豊かな香りを放つほど熟成し、切れば詰まった蜜に最初の感動の声が。食べればジューシーな甘味、ほのかな酸味が口いっぱいに広がります。リピーター続出の逸品です。

「見た目」ではなく「味重視」で、本当においしいりんごを届けたい

「見た目」ではなく「味重視」で、本当においしいりんごを届けたい

食べた方からは高い評価をいただいている「葉とらずサンふじ」。しかし、皮に葉の影が付いてしまうことから、色がまだらで贈答には向かず、市場では規格外扱いになることもあります。そのため、この栽培方法を行う生産者は非常に少ないのです。しかし、OWNERSでは、事前に申し込んでいただけるからこそ、生産者としても安心して葉とらずりんごが栽培できます。私たちが手間と時間をかけた「葉とらずサンふじ」は一度食べたら病みつきになること間違いなし。この価値あるおいしさを楽しんでください!

りんごの王さまという思いを込めて名付けられた「王林」ですが、「軟らかい」「後味が気になる」など評判がよくないことも。でも本物の味は違います。パリッパリッの歯ごたえある食感、豊かな香りと強い甘味、そこにわずかな酸味が加わり絶妙なバランスでたまらない味です。スーパーなどで手に入りやすいものは、一番味が乗る手前で収穫、常温保存で一週間後、ようやく店頭に並ぶということもあり味が変わってしまうことも。本来の味を引き出し、収穫時期に徹底的にこだわった、本物の「王林」の味をぜひ確かめてください。

ひと口食べて違いが分かる感動のりんごを

ひと口食べて違いが分かる感動のりんごを

釈迦の生き方に感銘を受けたことから名付けられた「釈迦のりんご園」。原点を忘れることなく、りんご作りを通じて、後世まで語り継がれるような人間になり、自然と一体化したりんごを作りたいと考えています。「ひと口食べて違いが分かる、感動のりんごを作りたい」。その思いとリンゴにかける愛情は誰にも負けません。“日本一のりんご馬鹿”が作るりんごをぜひご賞味ください。

\このプランをシェア/
みんなのごちそうさま
みんなの応援
  • 子供がりんご大好きなのでめっちゃ楽しみに待ってます!^^

  • サンつがる、トキともにとても美味しかったです。シャキッとした食感は、スーパーで売っているりんごと全然違います。芯がどれも綺麗で、収穫したばかりなのだと実感しました。トキのような美味しいりんごが輸出用なんてもったいないです。今後も釈迦のりんご園さんのりんごを楽しみにしたいと思います。

  • よろしくお願いします。

  • 蜜入りりんごが大好きです。 でも、なかなか気に入る物がなく、美味しいりんごを探していました。 今回は、とても期待しています。

  • 知り合いが夏に工藤さんのりんごに申し込んで、とってもおいしかった!!と言っていたので、たまらず私も購入しました笑 年末に家族みんなでおいしいりんごが食べられるのを楽しみにしております~!

おはようございます。シナノゴールドの収穫が終わり、王林の収穫に入りました! 葉とらずふじですが、着 ...
0
トキの収穫! 台風ですが・・・直撃を免れないようなコースですね。。。 南風は一番最悪です。 農 ...
1
朝市場関係者とお話をすると今年はカラマツ(受粉できなかった実)が多く変形果も多いそうです。 りんご ...
0
\このあたりで作ってます!/