OWNERS | オーナー制度プラットフォーム OWNERS(オーナーズ)

今年の新米をつきたて直送!皇室ゆかりの「まんげつもち」

丹波たぶち農場
location_icon 兵庫県篠山市
登録価格
4,200 円 〜 (税・送料込み)
募集締切
12月26日
新年の特別な食卓は、一番おいしい”つきたて”を食べませんか?

新年の特別な食卓は、一番おいしい”つきたて”を食べませんか?

こんにちは、兵庫県の「丹波たぶち農場」の田渕泰久(たぶちやすひさ)です。今回は新年の食卓にぴったりの、新米つきたてのお餅を産地直送でお届け。古米のものや古い餅に比べて水分量がうんと多いので、食べたときのもっちり感が全然違います。私のお餅を食べたらきっと、他のお餅は食べられなくなるはず。今回は「丸餅」と「切り餅」の2種類を、使いやすい個包装でご用意しましたのでお好みのものを選んでくださいね。

皇室ゆかりの高級品種「まんげつもち」100%使用

皇室ゆかりの高級品種「まんげつもち」100%使用

私たちが作るのは「まんげつもち」というもち米でついたお餅。「まんげつもち」は天皇陛下が皇居内でお手植えされることでも有名で、もち米のなかでも高級品種とされます。お餅にするとしっかりとお米の甘みを感じられるのはもちろんのこと、つきあがりがつるんと美しいことから、味・見た目ともに評価が厳しい京都の老舗和菓子屋などでも長く愛用されています。

スーパーでは手に入らない、”新米つきたて”ならではの甘みと粘り

スーパーでは手に入らない、”新米つきたて”ならではの甘みと粘り

このお餅が持つ最大の特長は「甘み」と「歯ごたえ」。食べたひとくちめから、お米の甘みを口の中全体でしっかりと感じていただけると思います。スーパーで手軽に手に入る安いパック餅などは、「もち米の粉」を使っているそうで、温めるとどろ〜っとした食感になることが多いですが、私たちのお餅はいつまでも歯ごたえ抜群。お餅本来の食べごたえを感じます。少しお行儀が悪いかもしれないですが、温めたお餅をくわえて伸ばしてみてください。「ぎゅいーん!」と、切れずに力強く伸びていく「まんげつもち」の粘りを体感していただけるでしょう。

実は、関西有数の米どころ。「丹波の黒豆」の発祥地・丹波篠山

実は、関西有数の米どころ。「丹波の黒豆」の発祥地・丹波篠山

私たちの農場がある丹波篠山(たんばささやま)は、言わずと知れた黒豆の高級品種「丹波黒」発祥の地。四方を山に囲まれた盆地であることに加え、水をよく保つ粘土質の豊かな土壌を持つので、実は関西では有名な米どころ。大阪や神戸のお米屋さんがこぞって直接買い付けにくる、知る人ぞ知る上質なお米の産地なのです。土地の特性上、1日の間で朝晩の気温差が大きく、秋ごろからはあたり一面に霧がかかります。毎日の寒暖差にさらされ、ストレスがかかった稲穂が、また来年確実に子孫を残すためにたくさんの栄養を蓄えることで、甘くおいしいお米ができるのです。

決して収量は多くない。それでも皆が喜んでくれるから。

決して収量は多くない。それでも皆が喜んでくれるから。

盆地で秋が比較的早くやってくる丹波篠山のお米は刈り取り時期が早い地域なのですが、その中でも「まんげつもち」は寒さが本格的になった秋の最後、10月頃にやっと収穫することができる晩生種です。晩生であることに加えて、栽培面積あたりの収量が多い品種とはいえません。ですから生産している農家も限られていて、市場では手に入りづらいもち米です。しかし、私たちは味・品質に納得のいく「まんげつもち」にこだわって作付けをしています。

作り始めたきっかけは、子どもたちの「おいしい」の声。

作り始めたきっかけは、子どもたちの「おいしい」の声。

もともと当農場では、もち米を販売目的ではなく、地域のお祭りやイベントのために細々と作っていました。イベント当日は地域の駐車場を借りて、持参した臼と杵でお餅をつくパフォーマンスをすることも。ところが、このお餅を食べた方の評判がとても高い。特にお子さんが「おいしい!」といって喜んでくれるので、これは皆さんに食べていただきたいと思い、次第に「まんげつもち」の生産を拡大するようになりました。

 「おいしい」「安全」は当たり前。都会の人が「身近」に感じる農業を

「おいしい」「安全」は当たり前。都会の人が「身近」に感じる農業を

丹波たぶち農場では、いちご狩りや田植えといった農業体験にも力を入れています。いち農家として、安全でおいしい農産物を生産していればいいという考えもあるかもしれませんが、それだけではつまらないし、夢がないですよね。せっかく京都や大阪、兵庫といった都市部から車で1時間程度で来ることができる土地ですから、普段は土や畑に触れる機会がないみなさんにも農業を体験していただきたいと思っています。こんなところで作っているんだ、と知るだけで、毎日の食卓に出てくる野菜にちょっと愛着が湧くでしょう?スーパーで買ったいちごが食べられないお子さんも、当農場で収穫体験をしたいちごなら食べられた…なんてお声をいただくこともあり、農産物を出荷する以外の活動も私たちの活力にもなっているのです。

ずっと未来の世代まで引き継げるよう、土を活かす土づくり

ずっと未来の世代まで引き継げるよう、土を活かす土づくり

さらに、丹波たぶち農場ではこの15年、有機肥料の活用に挑戦しています。化学肥料を使えば確実で手軽に美味しいものができるのはわかっていますが、ずっとずっとあとの世代にもこの地域や農場を引き継いでいきたい。そう思ったときに、環境にやさしい農業に取り組もうとおもったことがきっかけです。
この取り組みをはじめたばかりの頃は色々なところに出向き、最新の技術も勉強しましたが、行き着いたのは「もともと地域にあるチカラを活かす」ということ。どんなにスゴイ菌だって、ここ丹波篠山の土壌や農産物との相性が悪ければ意味がないと思うんです。ですから私たちは、近隣の畜産農家さんの協力を得て、自家製の堆肥をいちからつくり、活用しています。土づくりは奥が深く、劇的に変化が見えるものではないのですが、このところ土がやさしく、やわらかくなってきたように思います。

うちはこう食べる!丹波たぶち農場、おすすめの食べ方

うちはこう食べる!丹波たぶち農場、おすすめの食べ方

①お雑煮
このお餅は、お正月の定番である「お雑煮」で食べていただくのがおすすめです。しっかりとしたお餅は煮ても溶けづらく、いつまでも美しいお餅の形と食感を保ってくれます。出汁仕立て、味噌仕立て、ぜんざいなど、地域によって味も具材も異なるお雑煮ですが、どれにでもぴったりくるお餅です。

②大根おろし+醤油
個人的に私が好きなのは、「大根おろし」に絡めた食べ方。年齢のせいもあるかも知れませんが…濃い味付けのごちそうが続いてしまうお正月の中で、さっぱりと食べられるこの食べ方はオススメです。

お正月に喜ばれる、個包装の大容量でご用意しました!

お正月に喜ばれる、個包装の大容量でご用意しました!

丹波たぶち農場のお餅は、無菌状態でひとつひとつ個包装。梱包・包装は信頼のおける工場にお願いしており、品質は大手メーカーのものに比べても遜色ありません。今回は、お正月に買い足ししなくてもよいように、たっぷり40個入りの大容量でお届け。未開封状態であれば半年以上は保存が可能ですから、お正月を過ぎてもおいしく食べていただけます。食べきれるか不安、という方も安心してご注文いただけます。

「丹波の黒豆」も一緒に。みんなでお正月を祝ってください

「丹波の黒豆」も一緒に。みんなでお正月を祝ってください

おばあちゃんからお母さんへと伝わる「ウチのお雑煮」。しめ縄や門松といった正月飾りや、手作りのおせちはなかなか大変だけれど、お雑煮はきちんと味を受け継いでいるという方も多いようです。ぜひ今年はこのお餅に、ゆっくりとった出汁を合わせて、ちょっと手の込んだお雑煮にぜひ挑戦していただければ、お餅を作った私たちも嬉しいです。

今回、丹波篠山地域の名産品「丹波黒(黒豆)」とのセットプランもご用意しました。(詳しくは、丹波の黒豆プランをご覧ください。)来年は、丹波たぶち農場のお餅と黒豆で、おいしいお正月を過ごしてみませんか?

コース一覧

切餅2kgコース

4,200 円
(消費税・送料込み)
このコースに申し込む

コース内容

商品:
・平成29年度篠山産まんげつもち「切餅」 1kg×2袋(1袋約20個入・個包装)

時期:12月中旬より順次お届け

※お届け日時は指定できません。発送時期は事前に手づくり日誌にてご案内いたします。

備考

東北九州の一部地域の方、北海道沖縄および離島にお住まいの方はお届けに2日以上かかります。
コンビニ決済をご選択の方は、12月26日(水)中にお支払いを完了頂けない場合は、年内のお届けできない可能性がございます。予め、ご了承ください。

丸餅2kgコース

4,200 円
(消費税・送料込み)
このコースに申し込む

コース内容

商品:
・平成29年度篠山産まんげつもち「丸餅」 1kg×2袋(1袋約20個入・個包装)

時期:12月中旬より順次お届け

※お届け日時は指定できません。発送時期は事前に手づくり日誌にてご案内いたします。

備考

東北九州の一部地域の方、北海道沖縄および離島にお住まいの方はお届けに2日以上かかります。
コンビニ決済をご選択の方は、12月26日(水)中にお支払いを完了頂けない場合は、年内のお届けできない可能性がございます。予め、ご了承ください。

全コース共通事項
▼ オーナー契約期間
2019年6月26日 まで


特定商取引に関する表記

\このあたりで作ってます!/

申し込む
募集締切
12月26日
4,200円〜
(税・送料込)
丹波たぶち農場

今年の新米をつきたて直送!皇室ゆかりの「まんげつもち」

新年の特別な食卓は、一番おいしい”つきたて”を食べませんか?

新年の特別な食卓は、一番おいしい”つきたて”を食べませんか?

こんにちは、兵庫県の「丹波たぶち農場」の田渕泰久(たぶちやすひさ)です。今回は新年の食卓にぴったりの、新米つきたてのお餅を産地直送でお届け。古米のものや古い餅に比べて水分量がうんと多いので、食べたときのもっちり感が全然違います。私のお餅を食べたらきっと、他のお餅は食べられなくなるはず。今回は「丸餅」と「切り餅」の2種類を、使いやすい個包装でご用意しましたのでお好みのものを選んでくださいね。

皇室ゆかりの高級品種「まんげつもち」100%使用

皇室ゆかりの高級品種「まんげつもち」100%使用

私たちが作るのは「まんげつもち」というもち米でついたお餅。「まんげつもち」は天皇陛下が皇居内でお手植えされることでも有名で、もち米のなかでも高級品種とされます。お餅にするとしっかりとお米の甘みを感じられるのはもちろんのこと、つきあがりがつるんと美しいことから、味・見た目ともに評価が厳しい京都の老舗和菓子屋などでも長く愛用されています。

スーパーでは手に入らない、”新米つきたて”ならではの甘みと粘り

スーパーでは手に入らない、”新米つきたて”ならではの甘みと粘り

このお餅が持つ最大の特長は「甘み」と「歯ごたえ」。食べたひとくちめから、お米の甘みを口の中全体でしっかりと感じていただけると思います。スーパーで手軽に手に入る安いパック餅などは、「もち米の粉」を使っているそうで、温めるとどろ〜っとした食感になることが多いですが、私たちのお餅はいつまでも歯ごたえ抜群。お餅本来の食べごたえを感じます。少しお行儀が悪いかもしれないですが、温めたお餅をくわえて伸ばしてみてください。「ぎゅいーん!」と、切れずに力強く伸びていく「まんげつもち」の粘りを体感していただけるでしょう。

実は、関西有数の米どころ。「丹波の黒豆」の発祥地・丹波篠山

実は、関西有数の米どころ。「丹波の黒豆」の発祥地・丹波篠山

私たちの農場がある丹波篠山(たんばささやま)は、言わずと知れた黒豆の高級品種「丹波黒」発祥の地。四方を山に囲まれた盆地であることに加え、水をよく保つ粘土質の豊かな土壌を持つので、実は関西では有名な米どころ。大阪や神戸のお米屋さんがこぞって直接買い付けにくる、知る人ぞ知る上質なお米の産地なのです。土地の特性上、1日の間で朝晩の気温差が大きく、秋ごろからはあたり一面に霧がかかります。毎日の寒暖差にさらされ、ストレスがかかった稲穂が、また来年確実に子孫を残すためにたくさんの栄養を蓄えることで、甘くおいしいお米ができるのです。

決して収量は多くない。それでも皆が喜んでくれるから。

決して収量は多くない。それでも皆が喜んでくれるから。

盆地で秋が比較的早くやってくる丹波篠山のお米は刈り取り時期が早い地域なのですが、その中でも「まんげつもち」は寒さが本格的になった秋の最後、10月頃にやっと収穫することができる晩生種です。晩生であることに加えて、栽培面積あたりの収量が多い品種とはいえません。ですから生産している農家も限られていて、市場では手に入りづらいもち米です。しかし、私たちは味・品質に納得のいく「まんげつもち」にこだわって作付けをしています。

作り始めたきっかけは、子どもたちの「おいしい」の声。

作り始めたきっかけは、子どもたちの「おいしい」の声。

もともと当農場では、もち米を販売目的ではなく、地域のお祭りやイベントのために細々と作っていました。イベント当日は地域の駐車場を借りて、持参した臼と杵でお餅をつくパフォーマンスをすることも。ところが、このお餅を食べた方の評判がとても高い。特にお子さんが「おいしい!」といって喜んでくれるので、これは皆さんに食べていただきたいと思い、次第に「まんげつもち」の生産を拡大するようになりました。

 「おいしい」「安全」は当たり前。都会の人が「身近」に感じる農業を

「おいしい」「安全」は当たり前。都会の人が「身近」に感じる農業を

丹波たぶち農場では、いちご狩りや田植えといった農業体験にも力を入れています。いち農家として、安全でおいしい農産物を生産していればいいという考えもあるかもしれませんが、それだけではつまらないし、夢がないですよね。せっかく京都や大阪、兵庫といった都市部から車で1時間程度で来ることができる土地ですから、普段は土や畑に触れる機会がないみなさんにも農業を体験していただきたいと思っています。こんなところで作っているんだ、と知るだけで、毎日の食卓に出てくる野菜にちょっと愛着が湧くでしょう?スーパーで買ったいちごが食べられないお子さんも、当農場で収穫体験をしたいちごなら食べられた…なんてお声をいただくこともあり、農産物を出荷する以外の活動も私たちの活力にもなっているのです。

ずっと未来の世代まで引き継げるよう、土を活かす土づくり

ずっと未来の世代まで引き継げるよう、土を活かす土づくり

さらに、丹波たぶち農場ではこの15年、有機肥料の活用に挑戦しています。化学肥料を使えば確実で手軽に美味しいものができるのはわかっていますが、ずっとずっとあとの世代にもこの地域や農場を引き継いでいきたい。そう思ったときに、環境にやさしい農業に取り組もうとおもったことがきっかけです。
この取り組みをはじめたばかりの頃は色々なところに出向き、最新の技術も勉強しましたが、行き着いたのは「もともと地域にあるチカラを活かす」ということ。どんなにスゴイ菌だって、ここ丹波篠山の土壌や農産物との相性が悪ければ意味がないと思うんです。ですから私たちは、近隣の畜産農家さんの協力を得て、自家製の堆肥をいちからつくり、活用しています。土づくりは奥が深く、劇的に変化が見えるものではないのですが、このところ土がやさしく、やわらかくなってきたように思います。

うちはこう食べる!丹波たぶち農場、おすすめの食べ方

うちはこう食べる!丹波たぶち農場、おすすめの食べ方

①お雑煮
このお餅は、お正月の定番である「お雑煮」で食べていただくのがおすすめです。しっかりとしたお餅は煮ても溶けづらく、いつまでも美しいお餅の形と食感を保ってくれます。出汁仕立て、味噌仕立て、ぜんざいなど、地域によって味も具材も異なるお雑煮ですが、どれにでもぴったりくるお餅です。

②大根おろし+醤油
個人的に私が好きなのは、「大根おろし」に絡めた食べ方。年齢のせいもあるかも知れませんが…濃い味付けのごちそうが続いてしまうお正月の中で、さっぱりと食べられるこの食べ方はオススメです。

お正月に喜ばれる、個包装の大容量でご用意しました!

お正月に喜ばれる、個包装の大容量でご用意しました!

丹波たぶち農場のお餅は、無菌状態でひとつひとつ個包装。梱包・包装は信頼のおける工場にお願いしており、品質は大手メーカーのものに比べても遜色ありません。今回は、お正月に買い足ししなくてもよいように、たっぷり40個入りの大容量でお届け。未開封状態であれば半年以上は保存が可能ですから、お正月を過ぎてもおいしく食べていただけます。食べきれるか不安、という方も安心してご注文いただけます。

「丹波の黒豆」も一緒に。みんなでお正月を祝ってください

「丹波の黒豆」も一緒に。みんなでお正月を祝ってください

おばあちゃんからお母さんへと伝わる「ウチのお雑煮」。しめ縄や門松といった正月飾りや、手作りのおせちはなかなか大変だけれど、お雑煮はきちんと味を受け継いでいるという方も多いようです。ぜひ今年はこのお餅に、ゆっくりとった出汁を合わせて、ちょっと手の込んだお雑煮にぜひ挑戦していただければ、お餅を作った私たちも嬉しいです。

今回、丹波篠山地域の名産品「丹波黒(黒豆)」とのセットプランもご用意しました。(詳しくは、丹波の黒豆プランをご覧ください。)来年は、丹波たぶち農場のお餅と黒豆で、おいしいお正月を過ごしてみませんか?

\このプランをシェア/
みんなのごちそうさま
みんなの応援
  • 届くのを楽しみに待っています

  • お正月においしいお餅で食っちゃ寝したいです。楽しみに待ってます。

みなさんこんにちは。 今年は一か月以上の日照りや度重なる台風と、自然災害にかなり悩みながらの作 ...
0
こんにちは 11月に入ってもう半ばですね。いかがお過ごしですか? 丹波たぶち農場では 黒大豆の枝 ...
0
\このあたりで作ってます!/