OWNERS | オーナー制度プラットフォーム OWNERS(オーナーズ)

奇跡のレインボーレッド®キウイ。キウイ王国愛媛発・ジューシーでとろける極甘フルーツ

輝らり果樹園
location_icon 愛媛県西条市丹原町高松
登録価格
4,000 円〜 (税込・送料込み)
募集締切
11月05日
味も見た目も想像を超える次世代キウイフルーツ

味も見た目も想像を超える次世代キウイフルーツ

糖度と栄養価が高く、トロリと口のなかで溶ける次世代キウイフルーツ、「レインボーレッド®キウイ」(以下、レインボー)。グリーンキウイが苦手なひとにこそ、ぜひ味わってほしい逸品です。

キウイ特有の酸味や繊維質のかたさもなく、マンゴー、桃、杏など7つの果物の味さえ連想できることから「レインボー」と命名されたそのおいしさは、生産するわたしたちもびっくりするほど。

産地が少ない稀少なレインボー。想いをこめてつくった珠玉の8個を、完熟でお届けいたします。

夫婦そろって果樹栽培の元指導員です

夫婦そろって果樹栽培の元指導員です

あらためまして、愛媛県東部の西条市丹原地区で果樹園を営む「輝(き)らり果樹園」の金光祐二と史と申します。2012年、果樹園をはじめてから、果樹や果物と対話をしながら果物にとっての最高の味を追い求めてきました。

就農する前は、夫婦そろって果樹栽培の指導員をしていました。現場で指導しながら、週末は実際に自分で果物をつくりはじめました。愛情をかけた分だけ返ってくる果樹栽培にどっぷりとはまったのが夫の祐二です(虫の発生が五感で分かるほど、果樹づくりのために生まれてきたようなひとです)。

全国ナンバーワンのキウイ産地・愛媛発

全国ナンバーワンのキウイ産地・愛媛発

柑橘王国で知られる愛媛県ですが、じつはキウイ生産量でも全国ナンバーワン!(※)
中でもここ丹原(たんばら)は、昔から果実栽培がさかんで、瀬戸内海の温暖な気候に加え、県内でもやや冬の寒さがつよく、おいしいキウイづくりに適しているんです。四国随一の秀峰石鎚山が、果樹園を自然災害から守ってくれたり、豊かな水を育んでくれたり。そんな風土に恵まれています。

レインボーのおいしさに衝撃を受けた!

レインボーのおいしさに衝撃を受けた!

レインボーとのであいは、就農する前。丹原の農家さんのものを食べて、夫婦で衝撃を覚えました。これがキウイ!? とろける感じと飛び抜けた甘みと。果汁がジュワっと口のなかに広がって。農地も機械もないけれど、借りた土地を耕して、レインボーの苗を植えたのがはじまりです。

1つの果実においしさを凝縮させる

1つの果実においしさを凝縮させる

わたしたちのレインボーの畑は、山の斜面にあります。葉がこすれる音、鳥のさえずり、虫の羽音だけが耳に届き、きれいに光がさします。そんな環境の中で、3月、出てきた芽を選別。4月、さらにツボミを選別して摘蕾(てきらい)し、次に受粉。実がなったらさらに選別。こうやって選別を繰り返して、数をしぼり、集中して育てることでおいしさを最大限に引き出します。

山の湧き水、太陽、土のエナジーを取りこむ

山の湧き水、太陽、土のエナジーを取りこむ

太陽、土、水と自然の力を最大限に借り、余計なことは極力しません。近くの山の清らかな湧き水を、ホースで1本1本かけていきます。除草剤は使わず、刈った草を土に混ぜ、土壌の有機質を高める草生栽培も取り入れています。果実本来のおいしさを引き出すために、わたしたちができることを尽くします。

レインボー、地域全滅の危機を乗り越える

レインボー、地域全滅の危機を乗り越える

じつは、果樹園をはじめた翌年、キウイの樹がかいよう病にかかり、丹原地区のレインボーがほとんど伐採されてしまいました(別品種のキウイ30アール分は全伐採に…)。わたしたちのレインボーは平地でなく、山の中にあったため、奇跡的に病気にかからなかったのです。

露地栽培で十分なキウイですが、この苦い経験からハウス栽培に切り替えました。雨からの感染を予防するのと同時に、キウイは根っこを表層で広げるため、水のストレスにかなり弱く、ハウスにすることで水をコントロール可能に。

それでも、いつダメになるか分からない怖さはつねに抱えています。だからこそ、丹原のレインボーを守りたい、おいしいものを作りたいという想いが強いのかもしれません。

おいしさケタちがい!完熟で届ける使命

おいしさケタちがい!完熟で届ける使命

このように、わが子のように育てた果実を10月ごろ、収穫。5℃で冷蔵し、お届け前に常温に戻して追熟させてから完熟の状態でお届けいたします。

本当のキウイのおいしさを知ってもらうために、生産者としてベストな状態で届けるのも大事な役割。オーナーの皆さまにはお届けの日付を指定していただき、一番おいしい状態で召し上がっていただきたいです!

キウイは、ビタミンCやE、カリウム、ミネラル、食物繊維と、栄養価も高く、美容効果も期待できる「スーパーフルーツ」。まずはそのまま味わうのが一番!真ん中から切って、スプーンでクリッと食べてください(皮ギリギリまで食べてくださいね)。アレンジするなら、生ハムを添えるだけでうつくしい前菜に。見た目も美しく写真映えもしますよ。

果物をとおして丹原の景色がみえるギフトに

果物をとおして丹原の景色がみえるギフトに

丹原の地域と自然のすばらしさ、わたしたちの想いを果物に乗せてお届けするのがわたしたちの使命。すこしでもその風景を思い浮かべていただきたいから、ささやかながら、キウイの成長日記を添えてお届けする予定です。

「輝らり果樹園」のレインボーレッド®キウイを味わって、キラリと輝くお客様の笑顔を浮かべながら、果物たちの声に耳を澄ませる日々です。そんなわたしたちとこの丹原と、つながってみませんか?家族一同、新たな出会いを心待ちにしています。



(※)農林水産省 作物統計 「平成29年産キウイフルーツの結果樹面積、収穫量及び出荷量」より

コース一覧

「輝らり果樹園のレインボーレッドキウイ」コース

4,000 円 (消費税・送料込み)
このコースでオーナーになる

コース内容

商品:レインボーレッドキウイ8個
時期:11月下旬~12月上旬

※日時指定可能です。完熟した最もおいしいタイミングで発送いたしますので、是非受け取りの日時をご指定ください。日時指定の方法は発送開始前にご連絡いたします。

その他プランの説明
▼ オーナー契約期間
2019年5月5日 まで


特定商取引に関する表記

\このあたりで作ってます!/

オーナーになる
募集締切
11月05日
4,000円〜
(税・送料込)
輝らり果樹園

奇跡のレインボーレッド®キウイ。キウイ王国愛媛発・ジューシーでとろける極甘フルーツ

味も見た目も想像を超える次世代キウイフルーツ

味も見た目も想像を超える次世代キウイフルーツ

糖度と栄養価が高く、トロリと口のなかで溶ける次世代キウイフルーツ、「レインボーレッド®キウイ」(以下、レインボー)。グリーンキウイが苦手なひとにこそ、ぜひ味わってほしい逸品です。

キウイ特有の酸味や繊維質のかたさもなく、マンゴー、桃、杏など7つの果物の味さえ連想できることから「レインボー」と命名されたそのおいしさは、生産するわたしたちもびっくりするほど。

産地が少ない稀少なレインボー。想いをこめてつくった珠玉の8個を、完熟でお届けいたします。

夫婦そろって果樹栽培の元指導員です

夫婦そろって果樹栽培の元指導員です

あらためまして、愛媛県東部の西条市丹原地区で果樹園を営む「輝(き)らり果樹園」の金光祐二と史と申します。2012年、果樹園をはじめてから、果樹や果物と対話をしながら果物にとっての最高の味を追い求めてきました。

就農する前は、夫婦そろって果樹栽培の指導員をしていました。現場で指導しながら、週末は実際に自分で果物をつくりはじめました。愛情をかけた分だけ返ってくる果樹栽培にどっぷりとはまったのが夫の祐二です(虫の発生が五感で分かるほど、果樹づくりのために生まれてきたようなひとです)。

全国ナンバーワンのキウイ産地・愛媛発

全国ナンバーワンのキウイ産地・愛媛発

柑橘王国で知られる愛媛県ですが、じつはキウイ生産量でも全国ナンバーワン!(※)
中でもここ丹原(たんばら)は、昔から果実栽培がさかんで、瀬戸内海の温暖な気候に加え、県内でもやや冬の寒さがつよく、おいしいキウイづくりに適しているんです。四国随一の秀峰石鎚山が、果樹園を自然災害から守ってくれたり、豊かな水を育んでくれたり。そんな風土に恵まれています。

レインボーのおいしさに衝撃を受けた!

レインボーのおいしさに衝撃を受けた!

レインボーとのであいは、就農する前。丹原の農家さんのものを食べて、夫婦で衝撃を覚えました。これがキウイ!? とろける感じと飛び抜けた甘みと。果汁がジュワっと口のなかに広がって。農地も機械もないけれど、借りた土地を耕して、レインボーの苗を植えたのがはじまりです。

1つの果実においしさを凝縮させる

1つの果実においしさを凝縮させる

わたしたちのレインボーの畑は、山の斜面にあります。葉がこすれる音、鳥のさえずり、虫の羽音だけが耳に届き、きれいに光がさします。そんな環境の中で、3月、出てきた芽を選別。4月、さらにツボミを選別して摘蕾(てきらい)し、次に受粉。実がなったらさらに選別。こうやって選別を繰り返して、数をしぼり、集中して育てることでおいしさを最大限に引き出します。

山の湧き水、太陽、土のエナジーを取りこむ

山の湧き水、太陽、土のエナジーを取りこむ

太陽、土、水と自然の力を最大限に借り、余計なことは極力しません。近くの山の清らかな湧き水を、ホースで1本1本かけていきます。除草剤は使わず、刈った草を土に混ぜ、土壌の有機質を高める草生栽培も取り入れています。果実本来のおいしさを引き出すために、わたしたちができることを尽くします。

レインボー、地域全滅の危機を乗り越える

レインボー、地域全滅の危機を乗り越える

じつは、果樹園をはじめた翌年、キウイの樹がかいよう病にかかり、丹原地区のレインボーがほとんど伐採されてしまいました(別品種のキウイ30アール分は全伐採に…)。わたしたちのレインボーは平地でなく、山の中にあったため、奇跡的に病気にかからなかったのです。

露地栽培で十分なキウイですが、この苦い経験からハウス栽培に切り替えました。雨からの感染を予防するのと同時に、キウイは根っこを表層で広げるため、水のストレスにかなり弱く、ハウスにすることで水をコントロール可能に。

それでも、いつダメになるか分からない怖さはつねに抱えています。だからこそ、丹原のレインボーを守りたい、おいしいものを作りたいという想いが強いのかもしれません。

おいしさケタちがい!完熟で届ける使命

おいしさケタちがい!完熟で届ける使命

このように、わが子のように育てた果実を10月ごろ、収穫。5℃で冷蔵し、お届け前に常温に戻して追熟させてから完熟の状態でお届けいたします。

本当のキウイのおいしさを知ってもらうために、生産者としてベストな状態で届けるのも大事な役割。オーナーの皆さまにはお届けの日付を指定していただき、一番おいしい状態で召し上がっていただきたいです!

キウイは、ビタミンCやE、カリウム、ミネラル、食物繊維と、栄養価も高く、美容効果も期待できる「スーパーフルーツ」。まずはそのまま味わうのが一番!真ん中から切って、スプーンでクリッと食べてください(皮ギリギリまで食べてくださいね)。アレンジするなら、生ハムを添えるだけでうつくしい前菜に。見た目も美しく写真映えもしますよ。

果物をとおして丹原の景色がみえるギフトに

果物をとおして丹原の景色がみえるギフトに

丹原の地域と自然のすばらしさ、わたしたちの想いを果物に乗せてお届けするのがわたしたちの使命。すこしでもその風景を思い浮かべていただきたいから、ささやかながら、キウイの成長日記を添えてお届けする予定です。

「輝らり果樹園」のレインボーレッド®キウイを味わって、キラリと輝くお客様の笑顔を浮かべながら、果物たちの声に耳を澄ませる日々です。そんなわたしたちとこの丹原と、つながってみませんか?家族一同、新たな出会いを心待ちにしています。



(※)農林水産省 作物統計 「平成29年産キウイフルーツの結果樹面積、収穫量及び出荷量」より

みんなのごちそうさま
みんなの応援
  • 楽しみにまちます!

  • 初めて出会うキウイなので、どのような味がするのかわくわくしてます! 楽しみに待っています^ ^

  • こんな綺麗な色のキウイを初めて見ました! 楽しみにしています♪

  • キウイ大好きですが、この色のキウイは初です!楽しみです〜。

  • キウイフルーツ大好きです!楽しみに待ってます!!

  • おいしそうなキウイ、楽しみに待っています。

オーナーの皆さん、おはようございます。 台風21号の被害が各地で出ていますが、皆さんのところは被害 ...
0
オーナーの皆さん、こんにちは! 今日は月1回行っているレインボーの身体測定のご紹介です。 4 ...
0
オーナーの皆様、こんにちは! 今年の猛暑はもういい加減どうにかならないのかと、空に向かって叫びたく ...
0
\このあたりで作ってます!/